人間という生き物は醜い(特に外見) 東洋的審美眼の真骨頂


▼ページ最下部
001 2019/05/20(月) 10:37:28 ID:jdOeueAT3E
近ごろ、各地の博物館や刀剣店などを巡って各種の名刀を目にしてるんだが、
人の命を奪う道具である刀がかくも美しいのはなぜかという疑問を
考え抜くに至って勘付いたのが、「人間が醜い生き物だから」ということだ。

心ではない。心は美しい場合も醜い場合もあるが、外見のほうは一貫して醜い。

一般に、美男とか美女とか言われてる人間がいるのは、ただ単に性的魅力が強いから
なだけであって、普遍的な審美眼に基づくならそれらも単なる薄毛のサルに過ぎない。

にもかかわらず、性的魅力と普遍的な美しさを倒錯して心焦がした時に初めて、
人は心までもが醜くなる。愛欲を持つこと自体は人の常だが、それが
審美眼を損ねるような事態にまで陥ることこそが致命的に問題となるのであり、
それこそを防ぎ止めるために昔の日本人も刀という、人の命を断ち切る道具の
美術工芸的な洗練に執拗に取り組んでいたのではないかと思われるのである。

返信する

※省略されてます すべて表示...
165 2019/09/16(月) 10:23:34 ID:vUh3EZnFpg
[YouTubeで再生]
刀が居合のような先手必勝のための剣技ばかりに用いられるのなら、本造りの
日本刀に必ずある鎬(相手の斬撃を受け流すための刀身側面の盛り上がり)もいらない。
>>1画や>>117-118画のような平造りの刀のほうが切れ味もより稼げて好都合になる。

でも大半の日本刀は鎬造りだし、特に2尺以上の大刀で平造りなんてのはほとんどない。
居合術の始祖の一人である田宮重正も普通に鎬造りの刀を肥前忠吉に特注しているし、
刀を扱う以上は鎬を削り合うような激戦をも想定するのが当然の嗜みとなっている。

日本刀の強度を見くびる者が、刀を刀で受けるのは不可能に等しいなどという妄言を
垂れ流していることもあるが、実際はこの動画の通り。刀が傷付くことを甘受し、
なおかつ鎬で受けることをよく修練さえしておけばまったく可能なことである。

もちろん薙刀や槍を受け流すこともあるし、深い矢傷が鎬付近にある古刀などもある。
最上の切れ味と、鎬造りによる防御力の確保で攻防一体を体現している日本刀の体配は、
不意を襲われるようなシチュエーションではなく、彼我がすでに武器を構えて激戦に
臨むシチュエーションでこそ最大級の能力を発揮するようになっている。

武の素人同然な現代の剣道家ならともかく、実際の殺し合いにも興じていた
かつての武士までもがどうして、刀を護身にしか使えない等ということがあったろうか?
武家時代700年がずっと、宝の持ち腐れの時代だったというのか?

返信する

166 2019/09/16(月) 11:01:37 ID:vUh3EZnFpg
>>160やその提示先ページの筆者などが陥っている心理現象に、
「故人バイアス」とでも呼ぶべき現象がある。

故人というのは、すでに死んでいるから故人である。
その当たり前な大前提を見失って、存命だった頃の事績をなにもかも御伽噺か
何かのように感じて、本気の参考対象にすることを一切合切破棄してしまう。

昔の武将や武士の事績にも伝説的なものが多く、
中には妖怪を斬っただとかの到底信じられないものもあるが、
重い真剣での二刀流や、6?を超える大槍を自由自在に使いこなしたとかの、
必ずしも不可能とまでは言えないような伝説もあるのに、
遠い昔の故人の話だからとて、その全てを空想か何かのように片付ける。

「舜も人、我れも人なり」という孟子の諭しの言葉などを鑑みるに、
故人バイアスに相当するような現象は太古の昔からあったようで、
小人はこのせいで先人たちの知恵を軽んじ、同じ過ちを何度でも繰り返す。

そういう者たち自身だけが、古の偉人たちなどには到底及ばない凡愚で
あり続けるのであり、現代人といえども伝説的な功を成せる可能性はいくらでもある。
心の底から本気で、先人たちの知恵や事績に真摯に学ぼうとするのならば。

返信する

167 2019/09/16(月) 11:41:56 ID:vUh3EZnFpg
>>160
だいたい、槍や薙刀も日本のものは日本刀の製法で作られているのだから日本刀の一種だし、
ただ間合いや持ち手の技能によって使い分けられていただけのことだ。

弓矢鉄砲や投石で殺されてたのは雑兵だから、そりゃ数の上では一番多いに決まってるわ。
戦場でのランクが上なほど陣取り上からも飛び道具での攻撃が困難となり、
槍→薙刀→刀と間合いが詰まって行く。実際に大坂の陣で柳生宗矩が
秀忠の本陣に切り込んできた武者七人を瞬く間に切り捨てた逸話などもある。

東軍流ってのはとっくの昔に失伝している流派だし、本人もそれを認めてるのに
宗家を名乗ってるような輩なんだな。一種のコスプレ侍だ。

返信する

168 2019/09/16(月) 13:03:30 ID:vUh3EZnFpg
[YouTubeで再生]
古流の居合術には敵からの攻撃を刀で受ける技法もあるが、現代の居合道の制定形には一つもない。
剣道形には一応あるが、極端に近い間合いに踏み込んでからの受け流しであるため実用性がない。

剣道形は1912年、居合道形は1958年に初めて制定されたものであり、
古流ではない上に、古流の形に倣ったものですらない。
特定の流派への贔屓になることを避けるため、あえてどこの流派にも似ない形にしたものだから、
実戦性などはないに等しいと、制定に携わった剣術家たち自身が証言している。

現代の剣道形や居合道形に似ないどころか、逆に近いようなことをやるのが古流の主流。
一撃必殺だけが取り柄のタイ捨流などを除いて、鎬による受け流しからのカウンターのほうが主体。

新陰流の合し打ちや一刀流の切落などの奥義もそうだし、剣の理合を応用した大東流や合気道の
組み伏せ術もそうである。柔術なら相手の捕縛に移れるが、剣なら相手への殺傷攻撃となる。

攻防一体の武器としてこそ最強なのが日本刀であり、現代の剣道や居合道ではそこが疎かに
されているものだから真価を汲み取れず、実用性に関しては妄想ぐらいしかできなかったりする。
古流をちょっと教わっただけでもすぐ分かることを分かろうとしないのも、一種の故人バイアスだろう。

返信する

169 2019/09/16(月) 13:34:08 ID:vUh3EZnFpg
刀の防御力の検証については、
>>165の動画のように実際に打ち合わせてみるのが難しいようなら、
体験程度にでも刀を研いでみるとよくわかる。

俺も錆びだらけのクズ刀を研がせてもらったことがあるが、思いのほか研げない。
美術研ぎの綺麗な刀を見ると、まるでガラス細工か何かのようで、いかにも
傷つきやすいような印象を受けかねないが、そんな想像よりもはるかに硬い。

刃鉄だけでなく地鉄もかなり硬く、錆びを落としきるのにもかなりの力を要する。
だから研師もほぼ全員が男性だし、年季者ともなると力の込めすぎで背中が丸まってたりもする。

それほどにも硬いから、他の刃物での斬撃を受け流したりすることも可能である。
受け方が悪いと大きな傷が入るが、うまければほとんど傷もいかない。

日本刀が日本刀たる特徴は、切れ味以上にこの防御力の高さにあるとすらいえる。
それほどにも体配の隅々にわたるまで精魂を込めて作られているものだからこそ、
刃紋の美しさを追求するような機縁までもが生じたのでもある。

返信する

170 2019/09/16(月) 14:42:47 ID:DE5wPKVB2Q
>>163
故人バイアスで、過去の偉人たちの事績をみんな御伽噺扱いで切り捨て、
自分自身が真摯な生き方の参考にするようなことも見限ってしまう。
だからこそおまえみたいな劣等感と嫉妬心の塊にもなってしまう。

特に、今の日本人は戦後70年以上ろくな偉人に恵まれていない特殊事情のせいで、
故人の事績から目を背けたのでは決してろくな人間になれることがない。

船坂弘氏や小野田寛郎氏のようにも、なれる素質があった所でなれない。
東大出ようが、自衛隊の精鋭になろうが、有名アスリートになろうが、
その天井は犬小屋のように低く、身をかがめたままでしかいることができないから。

ただ何者をも恐れることなく悠然と持論を述べているだけの俺にすら
嫉妬心を抱いてしまうほどのイジケ加減も、確かにそれこそが原因だ。
歴史的に見ても世界的に見ても、明らかにそちらのほうが異常な精神状態である。

返信する

171 2019/09/16(月) 22:17:52 ID:UwlGKNzfsI
>>163です
>>だからこそおまえみたいな劣等感と嫉妬心の塊にもなってしまう。
言い切ってますね、何故そうなのか具体的に説明願いたい
申し訳ないが私の劣等感と嫉妬心が何か分からない
偉人、偉人ねぇ…お前と言うフィルターにかからなけば
偉人と呼べる日本人は多々いたと思うよ?それこそ何だ
犬小屋の天井云々の人達の中に立派な人がいなきゃ今の
この国は成り立たないだろう、何物も恐れないご立派な
人間のはずが間違い指摘されて子供みたいな捨て台詞で
逃げ出したのは何故かも合わせて教えて頂きたい

返信する

172 2019/09/16(月) 22:35:08 ID:UwlGKNzfsI
あ、最後の一言はこのスレの話ですね
http://bbs56.meiwasuisan.com/discussion/1567850375/#pagebot...

返信する

175 2019/09/16(月) 23:38:22 ID:vUh3EZnFpg
犬小屋の存亡というのは、あくまで飼い主の胸先三寸であって、
鎖に繋がれている犬自身がどうこうできることではないわな。

犬小屋の保守者ではなく、あくまで利用者の首魁にすぎない。
そりゃあ無責任で我田引水な振る舞いの代表ともなるわけである。

返信する

176 2019/09/17(火) 00:13:57 ID:3f6zBPy5i.
まず>>172がページ下になっている事を謝罪したい
>>175モノの例えの話であって犬を労働者、飼い主を
経営者だとして労働者を馬鹿にしているというのなら
世間知らずも甚だしいですね
>>171には触れられませんか、まあ…そうでしょうね
嫉妬だの何だの>>1の気に触れたから否定したいだけの
感情的なモノでしかなさそうですし、武芸だとか大層な
人間の様で小さな感情に支配されがちな小物でしたね

返信する

177 2019/09/17(火) 11:53:59 ID:l44HJe6M12
この文脈だと飼い主がアメリカ、犬小屋が今の日本で、
犬が日本人だと分かりそうなもんだがなあ。


今の日本の企業経営者の労働者への目に余るような横暴も、
仁義に篤い戦前世代が軒並み死に絶えたことによる故人バイアスを原因としている。

だいたい、日本ほど下々の労働者への手厚い保護を昔から心がけて来た国は他にない。

日本で初めて奴隷使役や人身売買が禁止されたのは今から776年前の寛元元年(1243年)、
アメリカの奴隷解放宣言より619年も前のことである。この人権尊重意識の高さから、
全世界共通の奴隷装束である耳ピアスが日本では廃れ、隣の中国ですら通用的だった
女や僧侶の耳環装束までもがなくなった。すでに奴隷制が廃止されて久しい室町後期の
日本に奴隷売買を持ち込んだ咎で、秀吉や家康もキリシタンを禁教にして排除したし、
その後も江戸時代の間中、人身売買が永続的に規制され続けていたからこそ、裏で
口利き(今の人材派遣に相当)をやっていた越後屋のような商人が、お代官さまに賄賂を
渡してお目こぼしを頂くことが許されざるべき犯罪行為と見なされていたのでもある。

今やそのような、武家時代には常識的だった人権意識も絶えて、牛馬のごとき
扱いを被っては貧窮や過労死にあえぐ労働者が一定数に上るようになってしまった。
これも刀の美しさを解し尊べるほどの美意識を持つ武士や、その魂の継承者が絶えたため。
人間の顔面か裸体の性的魅力ぐらいにしか目がいかない下衆ばかりとなってしまったためだ。

返信する

178 2019/09/17(火) 12:17:32 ID:l44HJe6M12
「おしん」のような貧農の人身売買が常套化してしまったのも、実は明治以降のこと。
東京への一極集中化によって地方の農村がジリ貧となり、なおかつ庄屋の横暴に
歯止めをかける役割を果たしていた武士がいなくなって寄生地主の権限が増大し、
小作農が江戸時代をもはるかに上回るような貧窮に苛まれ始めたことによる。
(おしんの舞台になった山形も元来は幕府直轄で富裕に恵まれていた土地である)

全ての武家が帯刀を廃し、髻を切ってザンギリ頭となった時点ですでに、
最上級の美意識に基づく人間社会の統治にも綻びが生じ始めていた。
それでもまだ武家時代を知る者や、彼らやその文化を尊重できる意識があったのが
「昔取った杵柄」として多少は存続していたのが、ほぼ完全に絶えて今に至る。

すでに当時を知る者も、当時を知る者を知る者すらも死ぬかボケ果てている昨今、
確かに当時のままで現存しているといえるのは刀そのものであったり、古武術や
伝統芸能の形であったり。ただそれらを重んずるだけでなく、それらを血肉と共に実用
していた人々が確かにいたという実感を持てることが、より心がけられるべきだといえる。

返信する

179 2019/09/17(火) 12:53:04 ID:l44HJe6M12
元北条家重宝「鬼丸国綱」
特に恒時の弟、時頼の愛刀だったことで有名。

元来、武士という身分自体が奴隷並みかそれ以上に命を捨ててかかることを
頻繁に強いられるものであることから、奴隷への慈しみも湧いたのだろう。

世界的には、軍隊の兵士というのも奴隷身分が配属されることが昔は多かった。
特にその奴隷兵を、督戦隊が背後から射かけることで進軍を強要するという、
非道極まる戦法によって領土を拡大していったのが、かのモンゴル帝国なのだが、
戦はあくまで武士の領分だからとて、老兵まで借り出して防衛に臨んだ鎌倉武士たちの、
最高峰の利刀による斬り付け攻撃にあえなく敗れ、大陸への撤退を余儀なくされた。

まさに、元寇における蒙古の撃退こそは、奴隷廃止の奴隷酷使に対する勝利でもあった。
現代でも日本刀の最高峰と称される正宗ほかの鎌倉後期の刀と、それを自由自在に
扱えるだけの戦闘スキルを武家としての責任感によって温めて来た鎌倉武士が、
今の日本のブラック経営にも似るような人材使い捨ての暴虐を叩き潰した事績。

その美意識こそは確かに、畜生道同然の品性の下劣さよりも強いものである。
強いものであり、なおかつより普遍的な美しさをも帯びている。
知り得た者から不退転となるのが当然な領域となっている。

返信する

180 2019/09/17(火) 12:56:17 ID:Z7aGE/8JjY
>>177
文脈から分かりそうなモノ?分かりませんよ
で、また武士だのおしんだの話題そらしですよ

返信する

181 2019/09/17(火) 13:15:01 ID:l44HJe6M12
大日本帝国も、鎌倉武士の元寇撃退を先祖たちの英雄譚としてよく持て囃していたが、
そんな自分たちがやっていたことはといえば、完全に蒙古軍寄りの所業ばかりである。

鎌倉武士の専守防衛的な姿勢からは程遠い、止めどなき領土拡大路線。
貧農あたりから奴隷の徴発同然に兵士を駆り出してきては使い潰す人材軽視。
鎌倉時代の刀の足の裏にも及ばないような、粗悪なスプリング鋼製の軍刀を持たせてのバンザイ突撃。
現行犯の逃亡兵の即時射殺なんかも当然のこととして行われていた。

大和魂がアメリカに敗れたのではなく、蒙古魂が破れたのも同然のこと。
あんなものを日本人の伝統的な美意識の亜流とでも思い込むことすら、勘違いの極みとなってしまう。

返信する

182 2019/09/17(火) 13:37:05 ID:l44HJe6M12
本物の武士道、本物の大和魂は、鬼丸国綱や正宗のような
美術的価値でも最高峰にあたるような名刀に象徴されるものである一方、
大日本帝国や旧日本軍の実質蒙古も同然なブラック経営魂は、
ろくに刃紋もないようなスプリング軍刀が象徴であっても十分な程度のものでしかない。

だから、両者の区別を徹底するためにも、刀の美しさを軽んずるようなことがあってはならない。
本物の美意識は本物の美しさを求め、贋物の美意識は贋物の美しさに終始するものなのだから、
表向きの見た目だけの美しさを愛でるようなことは忌み避けられるべきだとしても、それを
根本的な本質からの美しさにまで派生させるような真似を決してすべきではないのだ。

返信する

183 2019/09/17(火) 18:43:56 ID:Z7aGE/8JjY
>>182の心って美しいんですか?
根本的な本質から下衆な雰囲気感じますけど

返信する

184 2019/09/17(火) 20:38:11 ID:l44HJe6M12
せいぜい下から二番目の愚童持斎心に過ぎないのだから、
さして美しい心のはずもないわなあ。

「持斎」ってのは、死者をみな神仏とみなす日本的価値観からすれば、
「死者への尊重意識を十分に抱ける」という意味にも解せるわな。
今まさに俺の言ってることそのまんまだ。

返信する

185 2019/09/17(火) 22:13:01 ID:sGLtn0taHw
>>183
見下し卑下している類でも他界された方々への尊重意識があると…
下品なモノいいからはその様には感じられませんが本人が言うなら
愚童持斎心とやらなんでしょうね
その前に私が劣等感と嫉妬心云々は何処へ行ったのやらさも大層な
思想や志を持っている様で少しでも気に触れると下品に喚き散らし
さらに追い込まれると逃げ出す…常にそんな人生を歩んでそうです

返信する

186 2019/09/17(火) 22:47:09 ID:l44HJe6M12
真面目に付き合うほどの相手か?

返信する

187 2019/09/18(水) 09:41:34 ID:iR7DFqj30I
人は自分の心を映す鏡。
真面目な人間の前には真面目な人間が、
不真面目な人間の前には不真面目な人間が現れる。

俺も、真面目な論議を投げかけて来た相手に真面目に答えることはあるが、
誰が相手でもそうってことはないし、戯論を楽しむぐらいの余裕もあるが。

どうにもふざけられる余裕のない心持ちの人間のほうが、
心中を不真面目さに囚われているということもあるらしい。

返信する

188 2019/09/18(水) 10:54:17 ID:iR7DFqj30I
なぜ欧米人は、芸者(娼婦)だの忍者(盗聴者)だのという、
卑賤な上に一般的でもなんでもないようなものばかりを
昔から日本文化の代表として持て囃し続けているのか?

自分たち自身が、日本に逗留するとなればそんな人種ばかりを
好き好んで寄せ付けるような不真面目さの持ち主ばかりだから。

高貴な身分や清浄な心の持ち主ほど遠ざかるし、遠ざける。
類は友を呼び、敵に警戒心を抱かせて。

真面目に日本文化を学ぼうとするような欧米人もいるにはいるが、
あくまで少数派だから、本国では日本といえばゲイシャにニンジャ。

いくら表向きの修辞で真面目ぶろうとも、頭隠して尻隠さず。
そういう人種が残念ながら、近ごろは日本でも多いことよ。

返信する

189 2019/09/18(水) 12:09:22 ID:CLHVH846s.
>>186
暇潰しのサンドバッグ程度に遊んでんじゃない?

返信する

190 2019/09/18(水) 12:51:36 ID:iR7DFqj30I
たとえばこの「浦安鉄筋家族」とかいう、
極限までふざけきった内容のギャグ漫画を読んだとして、

A.完全に没入しきって面白がる者
B.真面目ぶってるから全然楽しめない者
C.心の余裕程度には面白がれる者

一番表面的に真面目っぽく見えるのはBだが、実はAと同レベル。
真面目な所は真面目に、不真面目でいい所は不真面目に
あしらえるCこそが本当の意味での真面目な大人。

刀の時代拵の装飾とかでも、かなり洒落てふざけたものもある。
もちろん登城時に用いるような正式のものではあるまいが、
宴席の余興などとしては役に立っていたろうな。

返信する

191 2019/09/18(水) 18:37:22 ID:6SCY/XZr3I
>>186
正直真面目に相手してるとは思ってませんよ…

>>189
そこまで失礼にも思ってません、>>163への返答に
イラっとしたのは確かですし、未だあの短い文章と
画像だけで私が嫉妬心と劣等感を抱いているなんて
分かりもしない事を吹いているは何故?と思います

返信する

192 2019/09/19(木) 19:18:28 ID:pjAufyGiLc
いま真面目かどうかじゃなくて、根本的に真面目な人間かどうかだ。

別に不真面目なら不真面目でもえいんや。
ただ、高尚な学問や、刀や能の美しさなどについて語り合う相手にはならないだけでな。
漫画か近ごろの音楽あたりならいいとして。

返信する

193 2019/09/20(金) 08:30:58 ID:EVUOl6x64U
>>192
お前ガキの頃から周りに嫌われて孤立してたろ?
今友達とか恋人とか後輩とかどんくらいいる?

返信する

194 2019/09/20(金) 13:08:25 ID:t2uBo7DWo6
友人や先輩後輩ぐらいは居たこともあるが、
端的にいってつまらんのよなあ。

ふざけたこと話してはしゃぎ合ってもつまらんし、
真面目な話をしようとして茶化されてもつまらん。

特別DQNな相手だったわけでもないけど、
俺がしたいほど真面目な話や計画に付き合える人間は一人もおらんかった。

そういう経験があるから今でもSNS一つやらず、
こうしてただ一人、誰が聞いていようがいまいが構わん体裁で
タラタラと自論を垂れ流し続けておるわな。

つまらん奴だと思われても、お互い様なんだから別に構わん。
今さら孤独感を抱かされるほど世の中に期待してもいないし。

返信する

195 2019/09/20(金) 14:05:27 ID:t2uBo7DWo6
この世には、面白おかしく勉強ができる人間もいれば、嫌々しかできない人間もいる。

大半の人間は後者であり、一生懸命勉強していい大学を出たような人間といえども、
あくまで進学を社会的地位を得るための手段としていただけだから、
社会に出てからは本格的な勉強なんか一切しなくなるような連中が大半である。

実際俺も、勉強のための勉強を好んでいるような自分の性向のほうが、LGBT以上に
仲間を見つけ難い変態の部類なのだろうと自覚しているから、誰に押し付けようともしない。

勉強に次ぐ勉強、修行に次ぐ修行の果てに超人的な能力が獲得されたり、
難病を克服できたりといった見返りもあってこそ臨んでいることだが、それもまた常人の
想像を絶するような困難の果てにのみ得られるものだから、人を釣るエサなどにはできない。

そのため一生孤独でいるか、距離感を保った上での人付き合い程度はするか、
億が一程度には自分と志しを同じゅうする者と出会えるか、
どうなるにしても、そればかりを気にしていても埒のあかないことである。

返信する

196 2019/09/20(金) 19:17:19 ID:t2uBo7DWo6
四書五経なんか読んでも何がいいのかさっぱりわかりゃあせん、
刀の刃紋や能の演舞も見てて何が面白いのかわからん。

そんな、真面目を楽しめず不真面目を楽しむ人間のほうが圧倒的大多数だし、
武家時代の日本といえども百姓間などでは過半数ではなかったろうか。

ただ、高尚なものを楽しめる真面目な人間のほうが、
不真面目なものは楽しめないのかといえば、そういうわけではない。

近年の漫画や音楽や映画などもそれなりに楽しめるし、
むしろより上位互換の普遍的な楽しみを知っている分だけ、
俗文化を楽しむことにも余裕が生まれる。

たとえば音楽なら、クラシックやジャズはいいけどロックはダメだとか、
メタルはいいけどパンクはダメだとか、洋楽はいいけど邦楽はダメだとか
いったような中二病じみたこだわりを捨てて、音楽全般を楽しめる。

近頃の日本人は、大人になるとこだわりを持って音楽を聴くことに疲れて、
音楽趣味を一切合切捨ててしまうなんていう人間も多いが、
より高尚な伎楽文化なども知ればこそ、そのような極端に走ってしまうことがない。

モーツァルトもコルトレーンもビートルズも米津玄師も、
大衆ウケが第一な俗文化であることには変わりないのだから、
無駄な分け隔て意識などを持つ必要はない。その余裕こそは、
本当に高尚な文化の楽しみも知る者だけが抱けるものである。

返信する

197 2019/09/20(金) 19:22:55 ID:EVUOl6x64U
人は自分を写す鏡か…お前も良い事言う時もあるな

返信する

198 2019/09/21(土) 06:35:15 ID:rR4EAPQopg
高尚がどうのって言うけど、そういうのって無職かそれに近い奴のポジショントークでしかない。
世の中の大半が無職か半無職でいられるようになったら、”高尚な人間”も増えてくるだろうが、慌ただしい生活を半ば強いられている人にそれを求めるのは間違い。

そもそも>>1が、月に15時間以上残業しながら生活していたら、今のようにはなってないし、そこへ来て結婚やら子育てをしたら、絶対今みたいにはいかない。

返信する

199 2019/09/21(土) 08:07:14 ID:pYkV3s0euI
だったら、日々を慌ただしく仕事に追われていて趣味も持てないような社会人のほうが、
高尚な趣味のある無職者よりも不真面目な人種であるということになるから、
そんな連中のほうが無職を不真面目な人種として蔑む資格もないといえる。

自分が無職者になってしまうことへの恐怖から、すでに機械による自動化や在宅勤務化が可能で
あるような仕事も、あえて自分が通勤で続けてやろうとしたりするのも、不真面目さゆえの所業である。

家族を養うような最低限の責務のためというのなら、なぜ今の日本人は
江戸時代の倍以上の労働時間でいて、なおかつ江戸時代ほどにも人口動態面から
世の中を健全に営むことができていないのか。身に余るような富裕さのための債務に追われて、
ろくに趣味も持てないほどの忙殺に見舞われていることの方がむしろ主体であるからだろう。

返信する

200 2019/09/21(土) 08:23:44 ID:pYkV3s0euI
なおかつ、儒学や刀や能の勉強がなぜ「高尚な趣味」であり得るのかといえば、
そこで培われた知識こそが善政などの優れた仕事の糧になるからである。

せいぜい自分一人か自分の家族を養うためでしかなく、なおかつそのためには
世の中での我田引水による危害すら厭わない仕事もこの世には数多くあるが、
そんな仕事よりも、世の中にとって有益な仕事をすべきなのはもちろんのこと、
有益な仕事をするための勉強をしているほうがまだはるかにマシである。

「今の日本は故人バイアスのせいで不埒な振る舞いをする人間が増えた」
ともここや他スレで述べていたが、故人バイアスなんていう小市民らしい心象に
陥ってしまって脱却することができないのも、いにしえの叡智を尊ぶ真面目な勉強を
ろくにして来ていないからである。そんな人間は一切働くなというのも無理があるが、
少なくとも人の上に立ったり、世の中を大きく動かすような仕事をすべきではないといえる。

返信する

201 2019/09/21(土) 09:02:47 ID:pYkV3s0euI
難解な数学でも趣味教養にできるぐらいの余裕があって初めて、
江戸時代の日本並みに世の中も安定する。

働く以上は目隠しをされた牛馬も同然というのでは、
目の前に断崖絶壁があろうともただ突進し続けるしかない。

少なくとも、世の中の手綱を取るような立場の人間までもが
そのようであることだけは避けなければならない。故に、
とにかく闇雲によく働く人間ほど偉いなどという思い込みも許されない。

返信する

202 2019/09/21(土) 13:38:06 ID:rR4EAPQopg
まーた、話を逸らしたよ。
生産性のない人間は、宗教やら芸術やら文化に自己の拠り所を求める。で、笠地蔵はものの見事に役満。

世の中に不満があるのは分かるけども、ニートの身分で偉そうにするのはよくない。
「難病治した / ◯◯がうまい(自称)」なんてのは、せいぜい「高校の部活で、県大会ベスト16でした」程度の自己アピールにしかならんのだから、今の労働のあり方がおかしいと感じるのなら、自給自足なり自分が潔しと思う働き方をすりゃいいんだよ。


どう言い訳したって、乞食と無職の方が安逸だ。

返信する

203 2019/09/21(土) 14:33:33 ID:pYkV3s0euI
いやいや、自称ニートだからこそ尊大な態度を取る。
いざ働き始めたりした日にゃ決してこんな態度ではいられない。
余裕を持って生きることの偉大さと、金儲けに身をやつしていることの卑しさを差別するために。

自分が家族を養うようなことにまでなるようならば、
自分の代わりに独身や無職同然の生活を一生貫いてくれる坊さんへの崇敬を欠かさないようにもする。
世のため人のため、自分の仕事があくまで社会の平和のためになることを守るためにな。

返信する

204 2019/09/21(土) 14:47:05 ID:pYkV3s0euI
「病気治した/◯◯がうまい」も、大した自慢にならない程度のものもあれば、
ノーベル賞や金メダリストを超える程度のものもある。

別に俺の能力が、後者に相当するようなものだとここで認められるとも思ってはいない。
俺にその能力がないからではなく、ここにそれを審査できる能力の持ち主がいないから。

これからも能力を認められる機会がないが故に、有象無象の民間療法士や曲芸師の中に
埋もれるようなことも当然想定してはいる。ただそれが、人類史上に未曾有級の能力を
得たと確かに自覚している者の自信に、かすり傷ひとつ付けられるようなこともない。

自信がないから、他人に認められることを欲する。
自分がそうだからといって、誰でもそうだと思ってたら大間違い。

返信する

205 2019/09/21(土) 16:56:00 ID:pYkV3s0euI
だいたい、問答無用に安逸を卑しんで苦渋を尊ぶのは、
奴隷でなければ奴隷の主人の発想である。

北条恒時が奴隷制を禁止し、秀吉や徳川もキリシタンの奴隷売買を排除した、
この日本における伝統的な価値観などでは決してない。

日本の伝統でない上に、世界的にも過去の遺物にすべきとされている
反倫理的な発想である。制度としての奴隷制を否定するのならば、
奴隷的価値観もまた非とされてしかるべきなのが当然のこと。

現実問題、働いて生計を立てなければならないとか、家族を養わねばならない
ぐらいのことは大昔からの日本社会を含むこの世のことわりではあるが、
だからといって働くことを無制限に讃え、働かないことを無条件に蔑むような
価値観の蛇足なんぞを誰も必要としてはいないし、あるだけ害なものでしかない。

働かない人間が増えすぎるのが困るようなら、江戸時代の日本などとも同じように
不労罪を定めればいいだけなのだし、そのほうが倫理的にも良好であるのだから。

返信する

206 2019/09/21(土) 17:08:44 ID:rR4EAPQopg
いやいや、ヨガや断食とかやって全能感に目覚めるのはよくある事よ。オウム事件の幹部だって、それで傾倒したわけだし。

ただね、あんたは

「リア充憎し、外見で人を愛好する軽薄な奴らめ」 ※と言いつつ、エロ動画でオ●ニー →→ 「(親のスネを齧ってでも)日本刀を称えるのが正しい道だ」と言って、謎のマウンティングを取り始める

って事しかやってないじゃん。
(親のカネや資本家をアテにせずとも)人間らしく生計を立て、多少貧しくとも豊かに暮らす方法を実践・伝授するならまだしも、延々と自己満してるだけ。


僧侶だ仏教だと言ってるが、仏陀は無所有と貧しくて困っている人を助けよと説いたのに、あんたは困ってる人を助ける気もなく、却ってカネの掛かる趣味を楽しんでいるだけ。
麻原みたく、都合の良いように権威ある昔の人の言葉を、切り貼りしているに過ぎない。

反省はしてるんだろうけどさ、そもそも出発点が非モテの僻みって時点で、「まだ極めてはないんだな。精神的な未熟さがあるんだな」ってのは、アホにだって分かる。

返信する

207 2019/09/21(土) 17:34:15 ID:pYkV3s0euI
だいたい、自分自身がまず第一の救済対象であった。

松坂大輔や斎藤佑樹のほか、数多のプロ野球投手が選手生命を終わらせて来た原因であり、
なおかつ現代の医学では治癒が不能とされている肩の故障。

ノーベル賞級の医学者が何百人と集まって、
何百億という予算を投入されようとも治せない病を、自力で治した。

そこでは確かに、技術的にはヨガや古武道などの先人たちの知恵が役に立ったが、
心理面では、いま上に俺が書いたようなものの考え方や、その実践こそが原動力となった。

安逸を尊び、苦渋を卑しみ、肩をそびやかしへつらい笑うような金儲けを極力遠ざける。
そこでの本格的なヨガや古武道の技術的実践によって、不治の病までもが治された。

俺自身がその被験者なのだから、むしろ救済された者としてこそ決して考えを譲ることがない。
確かな結果を挙げている道なのだから、口先だけの空論などに譲るわけがない。

返信する

208 2019/09/21(土) 18:41:58 ID:pYkV3s0euI
心の底から安逸を尊べるのでなければ務まらない、日に15時間以上の休息の繰り返し。
苦渋を卑しめるのでなければ務まらない、最難関のヨガ技巧中における危険行為の回避。
それらがあって初めて可能となった、超ノーベル賞級の難病の治癒。

単なる主観的な主張ではなく、客観的な効能(MRI検査による医師の診断)を伴う真実への見識。
それがたまたま今の俺の考え方や言行規範でもあったものだから、実現されたことである。

俺が考えを改めるぐらいはわけもないが、それにより俺は普遍的な叡智からかけ離れ、
難病を治癒する能力を失うのみならず、また病状を悪化させてしまう危険すらある。
自分のためにもならず、他人のためにもならない。そんな俺に何を期待されても困るだけだ。

返信する

209 2019/09/21(土) 19:08:49 ID:WCPB5ukHgU
あと俺は、別にそんなに高価な刀を“買っている”わけでもない。

日本刀にまつわることとして俺が個人的に精を入れてるのは、
極力真剣の扱い方に準拠した木刀の素振りとかのほうだ。

そのために色々な種類の木刀を試してみて、近頃は画像の右端や左2みたいな
江戸時代製の木刀を、リサイクル屋で1000円ちょいで買って振るとかもしてみてる。
そしたらこういう木刀のほうが、右2みたいな現代の木刀よりも見た目は真剣から程遠いのに、
古流の剣術にはより向いていて、なおかつ初めから真剣を振ったりした場合に付きがちな
悪い手癖を矯正してくれる効果があることがわかった。

真剣を正しく振る剣術技巧は肩を壊さないどころか、壊れた肩を矯正までしてくれる一方、
不正な剣振りは肩を壊す原因になってしまう。俺が刀の偉大さを改めて見直したのも
これこそが真因だし、だからこそ「真剣」の価値を重んずるのでもある。
竹刀振り止まりの剣術ごっこではあっという間にその道を外れてしまうものだから。

返信する

210 2019/09/21(土) 19:39:38 ID:WCPB5ukHgU
信じてくれるかどうかはわからんが、
俺には始めから「外見コンプレックス」なんていうものはない。

別に美男子などであるわけではないが、
「男は外見じゃない」と大昔から思い続けていて、
男のクセして外見を売るような連中を鼻つまみ者扱いにし続けて来た。

そこからちょっとだけ軌道修正して、
「名刀が似合うような男が格好いいのはアリかな」
とも思い始めた。要は、外見否定から外見許容(一部限定)への変節だ。

骨盤歪みが少なくて、ヒョロガリにもキモデブにも振り切れない男前。
刀が似合う男ってのはそういう人種だから、今の世界には皆無にも等しい。

そういう相手にコンプレックスを抱かされるような時代に生まれなかった
ことを喜ばしく思うよりは、志しの育てにくさを戒めるべきであろうな。

返信する

211 2019/09/21(土) 19:52:54 ID:9tuhZ.c59E
>>210
これが日本刀の似合う男?

返信する

212 2019/09/21(土) 19:58:31 ID:WkytWrhZ6U
>>208>>1なの?和服着て荒屋住んでると思ってたけど洋室で洋服着るんだ?
>>207は違う人間の写真並べて何を表現したいの?

返信する

213 2019/09/21(土) 20:12:21 ID:pYkV3s0euI
本当は和服を着て暮らしたいんだけどなあ。
今の日本は江戸時代よりも10度は平均気温が高いから、
当時の規格に沿った和服は暑すぎて常用できたもんじゃない。

それでもちゃんと和服を着ましょう、日本家屋に住みましょうとなれば、
それこそ日本刀趣味どころではない費用がかさむことになるわな。

カネは大事やぜ。
金満で我を見失うことがないようにするためにこそなあ。

返信する

214 2019/09/21(土) 20:36:48 ID:WkytWrhZ6U
>>213は金持ちアピール?なんかイチイチ上質な物欲しがるね

返信する

215 2019/09/21(土) 20:40:58 ID:pYkV3s0euI
化繊の安物の和服なんか着ても大して見栄えしない上に、
それでもまだ安い洋服より維持費がかかるからな。

返信する

216 2019/09/21(土) 20:49:53 ID:V1ocOdmvdE
見栄えw和服なら作務衣とか甚兵衛とか浴衣でも良いのでは?
むしろ冬のが寒そうとか以前に面倒臭いんだろ?ジャージ楽だもんな。

返信する

217 2019/09/21(土) 21:07:08 ID:pYkV3s0euI
その辺で安いのはだいたい made in china だぞ。
>208の下はダサいけど一応 made in japan。
パジャマも純綿で日本製で安いのを好んで着てる。
金をかけねば格好いい日本製ってのはあり得ないな。
武道着ですら近頃の安いのは中国製だし。

返信する

218 2019/09/21(土) 21:14:42 ID:WkytWrhZ6U
>>217ふーん、ああ言えばこう言うで主義主張に一貫性ないね
お母さんが高い服買ってくれないの?

返信する

219 2019/09/21(土) 21:23:43 ID:pYkV3s0euI
>>206の「金のかかる趣味」うんたらに反論しただけだぞ。
CoCo壱番用の装束ぐらいは一応用意してる。

「孔子せんせえも普段着はわりと貧相でした」
(ろんご)

返信する

220 2019/09/21(土) 21:42:44 ID:9tuhZ.c59E
あ〜ぁ…痛い所疲れておどけ始めたよ

返信する

221 2019/09/21(土) 21:57:00 ID:pYkV3s0euI
ちょっと程度を下げてやりすぎたかえ?

和服を安く着る試みはもう何度も試みたんじゃ。
そのたびに最低限のでも贅沢趣味になる現状に返り討ちに遭ってきた。

贅沢が許されるんなら今後一生でも着てやるわえ。
今は貧乏な世の中だから、なかなか難しいことだろうがのう。

返信する

223 2019/09/21(土) 22:58:23 ID:WkytWrhZ6U
>>221程度に上げるも下げるもないしもともその程度なんでしょ
不平不満に変えようとも努力もしない、新橋でクダ巻いてるリーマンみたいだよね
やっぱお母さんが買ってくれないんだ?和服なんて言うほど高くないし働いて買おうよ

返信する

224 2019/09/21(土) 23:10:02 ID:pYkV3s0euI
帯の太さを見ればわかるように、男物の着物は
刀を差すことで初めて女と釣り合うように作られている。

廃刀令によって強制的に、男物の着物は
芥川や太宰のような文弱の書生にお決まりの装束となってしまったものよ。
反文弱の三島も好んで着ようとはしなかっただろう?

返信する

225 2019/09/21(土) 23:40:01 ID:S.gGnz64NM

敢えて人様を傷つけるつもりは毛頭ないけども、、、、、触れられたくない話をされた時に、「肩が〜、ヨガが〜」とか言って、延々と話を逸らす癖はやめた方がいいよ。


・非モテのルサンチマン
・外見に執着するのは愚かと言いつつ、ガッツリ外見で選んでオ●ニーしてる
・親の財産に養われながら、高尚ぶってるだけ(人に言えないような、空白だらけの経歴。フリーター並みの市場価値)
・釈迦の説いた重要な戒め(無所有と慈善など)を無視しながら、権威ある言葉を都合よく切り貼りしてるだけ


このうちのどれか、或いはいくつかに触れられたくないんだろうけど、そうやって自分の感情に見て見ぬフリをしたり、矮小化する働きを「否認」って言うんだよ。

んでもって否認が働いてる人間は、あんたに限らず、その反動で偉そうに振る舞うもの。言っても無駄だろうけど、お節介までに一応言っとく。

返信する

226 2019/09/21(土) 23:58:25 ID:pYkV3s0euI
たとえば、今までに人を殺した経験が一度もないのに、
「おまえ人を殺しただろう?」と詰め寄られれば、そりゃあ否認するわな。

返信する

228 2019/09/22(日) 00:23:44 ID:9xryBTiogY
そう言えば一時期橋本環奈にぞっこんだったよなw
設定盛りすぎなんだよwこのスレだって刀の良さと
侍の精神的拠り所程度にしときゃ分かり易いべ?
服にしたって今時洒落や伝統とフォーマル位しか
着る機会ないし洋服のが機能的って程度の話。

返信する

229 2019/09/22(日) 10:26:39 ID:Kg8YsqYT5o
機能性に関して言えば、
最高度の身体能力にも追従してくれる度合いでは
 和服(袴や股下) ≒ ジャージ > スーツやジーンズ
だし、擦過などに耐える度合いでも
 和服 > ジーンズ > ジャージ >スーツ
である。

>>208のジャージ下も、もう穴が開いてしまった。
格闘技用の被服はなぜ和服風のものが世界中に広まっているのかも考えてみればいい。
もちろん俺も武道練習時などには道着を着ている。

返信する

230 2019/09/22(日) 10:52:11 ID:Kg8YsqYT5o
柔術系の受け身や絞め技は、裸でなけりゃあどうしたって
和服並みにゆったりとした被服でないと務まらない。

着てみりゃわかるが、柔道着の股下も実はかなり幅広にできてる。
(戦前の日本軍のズボンもこれに近い構造をしていた)
ジャージ含むトレーニングウェア並みの運動追従機能と、
容易には破けない耐久性の両立を図れば自然と、
人間の被服は和服風に行き着くようになっている。

軽作業の商売が主な仕事である現代人にとって、
和服は機能的でないのではなく、機能過剰なのである。
いついかなる時も居合腰での戦いに臨める用意が必要な武士にとっては、
袴での生活が機能上からも不可欠だったわけだが。

返信する

231 2019/09/22(日) 11:13:25 ID:Kg8YsqYT5o
あと、和服は女物のほうが帯が太いぶんだけ保温性が高い。

筋肉量が多くて暑がりな男と、少なくて寒がりな女の同居に考慮している点でも、
礼装ほど女の露出度ばかりが高くなる洋服よりよっぽど機能的である。

女の帯を太く作る風習も、「戈を止めると書いて武」という日本刀の精神性も、
どちらも四書五経中の「春秋左氏伝」の記述を参考にしているものである。
(被服をゆったりとした型取りにするのは「易経」繋辞伝の推奨)

ちゃんと思想哲学的な裏付けがある上に、普遍的な合理性も伴っている。
それが今の世の中に合わないということは、世の中ほうが
普遍性や合理性を失ってしまっているということでもある。

返信する

232 2019/09/22(日) 12:50:58 ID:VTG0.9TKyQ
普遍的な合理性ね、見栄えも含め洋服が台頭してるのは事実
しかしお前は経済>哲学で洋服を着る…ダサすぎるわ。

返信する

233 2019/09/22(日) 12:58:25 ID:Kg8YsqYT5o
女にこんな格好させて見て楽しむ代わりに、
寒さに耐えさせられるが故の思い上がりを募らさせたり、
冷房温度をやたらと上げられたり。

日本の女がヒョロガリの男を好むのも、
自分が厚着して男に体感温度を合わせるのの逆だわな。

なんにしても、薄着の女を持て囃してるような男が文句を言えたことではない。

返信する

234 2019/09/22(日) 13:34:33 ID:Kg8YsqYT5o
現代が舞台の和服キャラってのは、漫画の中ですら噛ませ役が主なんよな。

石川五右衛門あたりとなにが違うかといえば、やはり刀を差していない点。
男の和装はあくまで刀が主体であって、被服は副体に過ぎん。

極端な場合、横綱みたいなまわし一丁に大太刀一振りでもかまわんわけである。
なぜかまわんのかは、男のみぞ知ると言ったところか。

返信する

235 2019/09/22(日) 13:38:19 ID:VTG0.9TKyQ
>>233
極端な例で話を逸らすんじゃねえよクソバカ野郎w
声高に叫ぶ和服が最上級ってのは違うって事。
で、偉そうに読む気にもならねえ駄文で武装した
お前が着ているのは洋服で見た目も心も醜い事。

返信する

236 2019/09/22(日) 14:04:22 ID:Kg8YsqYT5o
これも、立派な「和装」である。

なんにしても、今の俺の身体能力では、
ストレッチ性のないスーツやジーンズはあっという間に破けてしまうから、
いざという時には嫌でも和服か武道着を着るしかないわな。
軍用のカーゴパンツでも破いてしまったことがあるし。

あとまあ、格好良く見せようともしてない相手の
見た目をいくらけなしても、「蛙の面に小便」ってやつだ。

返信する

237 2019/09/22(日) 14:30:57 ID:Kg8YsqYT5o
近頃よく俺の話し相手になってくる奴、一体誰なのかも何人がかりなのかも知らんが、
俺の意見にも賛同できない、文章も駄文で読む気になれないで、
よく相手をし続けるだけの情熱を保っていられたもんだな。
俺の考えを変えさせられる見込みも全くないのに。

俺のほうは、考えの整理がてらの話が捗って助けになってるぐらいだが。
ほんとありがとうな。^ ^

返信する

238 2019/09/22(日) 14:39:34 ID:VTG0.9TKyQ
>>236
ミルスペックのカーゴ!?サイズ合ってたか?
和服より優れた物がある事を知らないのか…。
いざと言う時は好きな格好しろよw
自分を格好良く見せたい願望半端ないと思うw
文章、嫌な事からのスルー、とにかく同じ物を
自分に合わせるなら上質な物をって表面上そう
言ってても深層から滲み出てるからな。
格好良い事言ってても普段は洋室で洋服だろ?

返信する

239 2019/09/22(日) 19:17:58 ID:Kg8YsqYT5o
格好良くなりたいという思いはまああるけれども、
その先にいるのがこの人(國井善弥氏)とかなんで、
たぶん「いかにして格好良くなるか」という話自体が噛み合わないと思う。

見た目がそんな美男子や男前でなくとも、
米軍の銃剣術教官を難なくねじ伏せるほどの武威によって、
自然と大の男が感服させられるだけの格好良さを帯びている。

>>154の武蔵像だって美男とかなわけではないし、おまけにハゲだが、
そんなことはどうでも良くなるぐらいに荒武者としてのオーラが出ている。

断じて女にモテることなどを目的とした部類の格好良さではないが、
だからこそ俺のような男までもが心から認められる格好良さにもなっている。

返信する

240 2019/09/22(日) 19:41:29 ID:Kg8YsqYT5o
そういう、男が惚れる系の格好良さすらもかなぐり捨てる部類の
聖人然とした人間像もまたあって、これは個人的にはなりたいとまでは思えないが、
よく崇敬していかねばならない人種ではあるのだろうなとは思う。

この人を初めて見たときは、臨済宗の高僧だった玄峰老師とかを思い出したもんだが、
なぜこの人は本職の坊さんではないかというに、今の金満まみれの仏門などに
収まっていられる志しの持ち主ではないからなのだろうなと察したものだ。

ただ、この人自身も奥さんに逃げられてるし、>>239に書いたような格好良さを追求する
男たち以上にも妻帯などが向かない人種である。その辺はちゃんと、本格の出家僧
としての社会的立場等を整備してやるのでなければ擁護してやれもしない所である。

仮に、この人がショーンコネリーみたいにダンディな爺さんだったとしても似合わないし、
そうだったとすればここまで挺身的な慈善活動に邁進したりもしなかっただろう。
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ、色気などなければこそなれる聖賢もまたあるのである。

返信する

241 2019/09/22(日) 20:26:04 ID:VTG0.9TKyQ
>>237
それは何よりだなw人生の何の糧にもならんのにな。

返信する

242 2019/09/22(日) 21:26:52 ID:Kg8YsqYT5o
糧にならんのはどっちやねん

返信する

243 2019/09/23(月) 00:14:33 ID:F8Om54FAzE
答えられない事はスルーするのに気に入らないと噛み付く幼児みたい

返信する

244 2019/09/23(月) 00:58:16 ID:BMk3XGUkLo
>>239
國井善弥氏は存在自体がかっこいい。

>>213
10度はちょっと大げさでは?最も温暖だった縄文早期でも、そこまで高くなかったような。

>>165
興味深い映像有難うございます。

>>160
平安時代から室町時代にかけて、最も多く人を殺傷した武器は弓矢。次が槍。
室町末期から漸次鉄砲が主役の座に着く。その間、戦場における刀の役割は
専ら首切りだったのは事実。但し、江戸時代の末期、いわゆる幕末には、
日本刀が戦闘の主力だった。もちろん、野戦では鉄砲にかなわないものの、
室内戦や敵味方入り乱れての乱闘では刀が大活躍した。
明治になっても、西南戦争では薩摩兵の示現流が鎮台兵を脅かし、逆に政府
軍の士族による抜刀隊がよく薩摩兵を苦しめた。さらに、日清戦争に於いて
さえも抜刀兵が相応の働きをしている。

返信する

245 2019/09/23(月) 12:21:06 ID:cpTqiVyXc6
「大量殺戮」が可能な武器や兵器ほど、普遍的に優れているのか?

狙撃銃よりも機関銃のほうが、戦車よりも自走砲のほうが、戦闘機よりも爆撃機のほうが
より大きな火力で大人数の弱者を痛めつけられるから、あらゆる面で優れているというのか?

兵法書「六韜」の虎韜(虎の巻)には、
「都市攻略の際には、敵方の責任者を明確化してその処罰を布令せよ」とある。
その心は、戦争犠牲者の無益な増加を極力防いで、都市をなるべく無傷に近い状態で占領するためである。

日本刀こそは、「敵将の首を取って戦を終わらせる」というその最大級の用途により、
どんなに強力な兵器以上にも虎韜の秘伝を遂行することに特化された武器である。

敵地の占領を穏便に執り行うことは、軍事以上に軍政上での重要な意味合いを帯びている。
刀はまさに、軍政のための道具としてこそ最上級の効用を発揮するものである。

もちろん護身用の武具としても格好だし、剣術の修練が至上の戦術感覚を養うものでもある。
個人的には、難病を治療するための必須アイテムになりもした。
この世に利益をもたらす武具としてこそ、未だに日本刀を超えるものはないともいえる。

返信する

246 2019/09/23(月) 17:37:31 ID:l.sl1P/2hY

病気が再発するかも知れないからと言うが、病気になる前からプー太郎じゃないの?

今の経済や仕事のあり方に問題点があるのは誰もが知ってるが、かと言ってあんたみたいに何も生産しなかったら、共同体が破綻するわな。

ヒトに何かを売りつけたり、後ろめたい事をせずとも、ヴィジョンと能力さえあれば、小さくとも自分でビジネスをする事はできるんだから、文句言って無職でいるよりは、何か自分で始めればいいんだよ。


(生計に関して)あんたは自分の手を労することも汚すこともせず、ただ親に寄生するという最も楽な道を選んでおきながら、坊さんごっこや侍ごっこをして、偉そうに御託を垂れる卑怯者でしかない。
もしカネを稼ぐのが汚い事だと言うなら、その汚いカネで買った食べ物を食べてるあんたの体も汚いだろうに。

君は外見云々の話ばかりするが、外見云々以前に、そんな男と付き合いたがる女がいるとでも思ったのかい?
もしあんたが娘を持つ父親だったなら、そんな男は言語道断に違いない。

返信する

247 2019/09/23(月) 17:44:44 ID:l.sl1P/2hY
>>228
恋愛経験が無い男ほど、高望みの度合いが激しいんだから、「援交かよ」と思われるほど年の離れた女が好きなスケベオヤジだったとしても、何ら不思議はない。

所得の低い人たちほど、宝くじやギャンブルで一発逆転を狙いたがるのと同じ。

返信する

248 2019/09/23(月) 18:44:20 ID:cpTqiVyXc6
このスレ自体が、人の外見を論題の一つにしているから、
それに合わせて外見の話もしているだけでな。
基本的には、容貌に関する話なんかそんなにして来なかったし、
それに合わせて、ここでも批判的に取り扱っている。
美麗な容姿で異性にモテたいとかいう願望などが始めから
どこにもないのだから、それを大前提にしたような
物言いからしてお門違いもいいとこ。

ハシカン云々も、絶対に自分とは一生縁がない相手だからこその戯れだったな。
女にモテるための努力など何もしてないし、する気もない所からの戯言。
キモオタが二次元のアニメキャラにブヒ付いたりするのともなんら変わりの
ないことだったと俺自身が認める。それにより、異性づきあいなどに
さして真剣になる気がない意思を示したまでのことである。

返信する

249 2019/09/23(月) 19:02:32 ID:cpTqiVyXc6
いくら不労安逸の清浄さを謳う俺の物言いの揚げ足を取ったところで、
俺自身がその清浄さの果報によって難病を治せたことには変わりない。

無職期間を挟むこともなく、若いうちから医者や医学者や療法士などになって
働いていたりしたのでは絶対に治せなかった病が、長期無職の功徳によってこそ治された。

それは、俺自身の身を以ての確信と、医者からの診断もあることのため揺るがしようがない。
そしてこれこそが、他者への善根の回向の糧ともなる経験でもあったのだから、
あえて無職であり続けて来たことを含む全ての経歴を少しだって非難される筋合いはない。

俺の人生にとっては、まさにこれこそが最善の選択であり、故に最善の結果を得た。

すでに善因善果という結果が伴っていることに対して非難を加え、
ああすればいいだのこうしろだのと上から目線の指図だけする、
ここじゃなくて自分ちの便器の底にでも向かって語りかてたほうが分相応ではあるまいか。

返信する

250 2019/09/23(月) 19:23:22 ID:ZfHhdWO/dg
簡単にまとめると>>1の言ってる事は全て正しいって事?
矛盾や間違いもその時々に意図的に行っているんだね

返信する

251 2019/09/23(月) 19:36:48 ID:XBi8PN61WY
>>250
その通り!
未だ欧米が崩壊してないのは笠地蔵のおかげ!
近い将来侍傘地蔵を頂点とした軍事帝国が勃興!
江戸時代の様な豊かな日本が蘇る!
現代医学を超越した健康社会!
誰もが働く必要のない日本!
残念ながら笠地蔵の思想を理解できない我々は処刑対象なんだけどな!

返信する

252 2019/09/23(月) 19:37:21 ID:cpTqiVyXc6
人間誰にでも間違いはある。
言い間違いや、言葉の綾や読解力不足による誤解。

そういう瑣末な過誤は仕方のないこととして、
総合的に見てもやはり一貫性がないかどうか。

あるんだなあ、これが。
俺自身もその全容を把握しきれない域に至るまで。

返信する

254 2019/09/24(火) 12:08:46 ID:AwBDKOv1T.
誰しもが無職にまでなれずとも、苦渋を尊んで安逸を卑しむような顛倒ぐらいは捨てて、
(宴席で「俺が若い頃はサビ残ぐらい当たり前だった」云々と自慢するような不埒さなど)
なるべくなら奴隷にならず、なれるものなら無職になりたいぐらいの志しの高さでいられるように。

無職になったからといって全く何もできなくなるのではない。
むしろそこでこそ享受できるより真面目で高尚な勉強や修行があり、
それによって医者にも治せないような難病が治せたり、
大学教授やアスリート以上の能力が得られるようなこともある。

単なる無職では、体裁が悪いのも確かなこと。
今は俺だけでなく尾畠春夫さんなども、仏門の腐敗具合を警戒して出家などは避けているが、
出家者ともなれば肉食妻帯商売を本当に禁忌とする本物の仏門を建て直して、
そこを「尊ばれるべき無職(住職)」の居場所として整備して行くべきでもあろう。

こういったことも、今までに何度も何度も述べて来たことだ。
にもかかわらず「この世の全員が無職に!」だの「逆らう者は処刑!」だのと、
事実無根の決めつけを何度も何度も一つ覚えで吠え立て続けるのは、
痴呆でなければ確信犯のアンチぐらいのものだろう。
そういう連中は匿名ネット全域においてスルーが基本とされているがな。

返信する

255 2019/09/24(火) 14:15:02 ID:AwBDKOv1T.
佐藤寒山も傑作と認める二代兼元。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s68773961...

東博で見た兼元もこれに似た、刃縁のよく締まった刃紋だったと記憶している。
国宝重文級の名刀が数多ひしめく展示室の中では、反りの低さや身幅の広さが
ひときわ武骨さを醸し出していて、お世辞にも美麗な部類ではなかったが、
室町期の実用刀の最高峰という点では兼定や祐定をも上回っているといえる。

当時、香取神道流や鹿島新当流(塚原卜伝の創始)などの最古層の剣術流派が
ポツポツと現れ始めた頃で、兼元の刀もこれに合わせて刃長や茎を長めに
採っている点がこれ以前の片手打用の刀とは異なる。祐定の茎が短すぎるために
諸手刀法で柄が折れたなどというのは有名な実話で、少なくともこれ以前には
打刀を今の剣術のように両手で駆使する技法は主流ではなかったようである。

規格としては、剣術稽古に準拠した形状が主流となった江戸期以降の新刀のはしりである。
古流といえども、現代に伝承されている剣術に用いるのであれば、兼元以降の刀のほうが相応しい。

ただし、反りの低い刀を両手で振るのと、高い刀を片手で振るのとでは、
前者のほうがずっと刃筋を通すのが難しく、三島に後代兼元での介錯を頼まれた
森田必勝も何度も斬りつけに失敗し、刀をS字状に曲げてしまったという。

刃筋を通す鍛錬をちゃんとこなしていない素人なら、これまた扱う資格がない。
現代人が刀の正しい扱いによってその真価を計り知るのは極めて遠く険しい道となっている。

返信する

256 2019/09/24(火) 14:34:24 ID:AwBDKOv1T.
兼元が創始した「三本杉」という刃紋自体、どうにもただ美しいとは言い難い代物である。
一見しただけなら備前刀の重花丁子だとか、大阪新刀の濤乱刃とかのほうが美しい上に
派手だし、まず美しさを計る上では規則性が強すぎるように思える。

しかし、これこそを武骨さの極みとして愛好した武将も数多いし、
俺もその気持ちが分からなくはない。他の乱れ刃やのたれ刃はおろか、
直刃以上にも「刃紋の美しさを愛でる」という行為への惑溺を拒絶させんとする紋様。

刀は構造上、刃紋ができるように作ったほうが強さと切れ味を両立させられるのだから、
刃紋をなくすなんてことは考えるべきでもないが、かといって刃紋の美しさばかりに囚われて
武備を疎かにするのでは本末転倒となるから、刃紋そのものに耽美への戒めを込めたのではないかと。

そんな兼元を最上位工とする美濃伝の刀が、全体的に美術的評価が低くて
現代では二束三文で売り買いされてることが多いのも由々しき事態だといえるし、
欲しがる側からすれば買い時だともいえる。これこそを最も欲しがったりするのも偏屈に過ぎるだろうが。

返信する

257 2019/09/24(火) 15:17:35 ID:AwBDKOv1T.
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m35799132...
刀剣史上、おそらく最も同名刀工の多い備前祐定。

中には数百万円を超えるような高級品もある一方、二束三文のクズ刀もある。
そのクズ刀も別に贋物とかいうわけではなく、下位工の祐定の真作だったりする。

なぜそんなことになっているのかというと、室町期に備前長船派が
数打ちも認める量産体制に入って、名代を安売りし始めたからである。

匂出来の刀の美しさでは最高峰の誉れを受ける流派だったにもかかわらず、
その美しさに陰りを見せ、機能面でも低位に甘んずるようなナマクラを量産した。
剣技の嗜みのない素人向けで、茎から寸足らずな片手打ちの刀も特に多い。

美しさばかりにこだわっていた流派が、増産に転じ始めた途端に手抜きを始めたのと比べれば、
最上位でも三本杉の兼元などが代表である美濃刀は、増産にかけても高CPを維持し続け、
信長秀吉家康らの天下取りの多大なる助けになった点が確かに優れているといえる。

三本杉刃紋の規則性による模倣のしやすさも、高CPな刀の量産にとっての助けになったろう。
美しさにこだわり過ぎることの弊害をうまくいなした日本刀までもが実在するのは特筆すべきことである。

返信する

258 2019/09/24(火) 15:36:15 ID:ga4FKw9uBg
美濃伝の刀の、見た目の美しさを蔑ろにしてまでのCPの確保という姿勢は、
良くも悪しくもトヨタなどの日本の量産化工業にも受け継がれている。

山城、大和、備前、相模、美濃という刀剣五ヶ伝の中では、自他共に認める最低位である
美濃伝の工産姿勢だけがかろうじて近代工業にも通用し、シェア面からの覇者ともなっている。

仮に備前伝や大和伝の、より高邁な職人姿勢を現代に適用しようなどとすれば、
あっという間に体制が瓦解して、戦国期のような粗製乱造状態に陥ってしまうだろう。
(大和も後代には土産物用の数打ちが専門の不毛地帯になっていた)

日本刀の作刀姿勢とも全くの無関係なのではなく、作刀姿勢としては最も低位な
あり方ばかりに倣っているのが現代の日本工業であり、量よりも質を尊ぶのであれば
新機軸による発展などがまだまだいくらでも見込めるのである。ただそれはもう、
酒の席で過労を自慢するような団塊的卑俗さでも務まることにだけはならないであろう。

返信する

259 2019/09/24(火) 18:28:38 ID:7tvUbRYGyc
自動車産業分かってないねS660からセンチュリーまで調べてみてな

返信する

260 2019/09/24(火) 19:08:05 ID:AwBDKOv1T.
その辺とかレクサスとかが、美濃刀でいうところの兼元や兼定みたいな
上位工の作品に相当するわけで、低ランクの日本車はもっと下位の刀工の作品に相当する。
下位であっても美濃伝ならそれなりの品質を保っている一方、量産型祐定などはさにあらず。
そちらに相当するのは故障しまくりのアメ車とか、排ガス垂れ流しまくりのVW車とか。

値段の高さや最高速度だけなら、フェラーリとかランボルギーニとかロールスロイスとか
上には上がいろいろとあるが、金持ちの購買意欲をくすぐるような奇抜さに長けるだけで、
故障のしにくさとか乗りやすさとか最低限の品質で日本車を凌駕しているわけではないので、
最盛期の備前刀や相州物のような高級さを帯びているなどとは言いがたい。

品質や機能性も含むあらゆる面で日本車を上回り、最高級でもあるような車、
現時点においては実在しないし、作れるとしても日本人だけだろう。
「車」という工業製品にそこまでする価値があるとも知れないが。

返信する

261 2019/09/24(火) 19:28:48 ID:7tvUbRYGyc
>>品質や機能性も含むあらゆる面で日本車を上回り、最高級でもあるような車、
現時点においては実在しないし、作れるとしても日本人だけだろう。

外車乗った事ないのかな?
高級車クラスと言うとメルセデスのE以上としてもGSやLSと比較してごらん
品質を壊れにくさとするならそこは哲学の違いだよね、ブッシュ類の交換とか
長持ちした方が良いか寿命はあるけどパフォーマンスを重視するのか
あと1000万オーバーの車はなるほどって思う所あるよ

返信する

262 2019/09/24(火) 19:44:28 ID:AwBDKOv1T.
備前伝は美麗な刃紋の増産が叶わず、相州伝は焼き入れ温度を極限まで高める
作刀技法の難しさを普及させられず、刀の量産という面では一定の挫折を見た。
代わりに美濃伝や肥後の同田貫などが、質と量の両立という点では先んじた。

それほどにも工産業態のバリエーションが豊富であり、
世相の転換にも柔軟に応じられること自体が日本刀文化の奥深さの恩恵でもある。

欧米にだって最高級品を妥協なく作り込む工匠文化や、大量生産の文明はあるが、
両者をできる限り両立させて行くという発想がなかったものだから、
一時は日本製品の輸出攻勢に圧され、円高攻勢で日本自体を抑圧し返して後は、
日本式の量産体制が移管された中国やアジア諸国の攻勢に圧されている。
(黄色い猿などから何も学ぶことはないとする差別意識もまた仇となり)

信用ある会社が作った車なら、10万キロ走ろうともまず壊れないという保証。
その起源を辿ってみれば、実はある種の日本刀にあったりもするのである。
日本刀が取り立てて美しかったりするのは、さらにその先の領域にあること。

返信する

263 2019/09/24(火) 20:01:47 ID:AwBDKOv1T.
>>261
相州伝の正宗に準ずるような刀は、焼き入れ温度が高いから鍛え割れを起こしやすい。
だから沸出来の刃紋の美しさと引き換えに多少の鍛え傷があったりするのが、
ある程度は黙認されるべきとかいったような風潮が、刀剣界でもあるんだってさ。

でも鍛え傷があるような刀を恥ずかしげもなく売りに出すのは、刀匠としてのプライドが許さない、
特に原料になる鉄の品質が安定し始めた江戸期以降には以ての外、ということで、
相州伝は正宗という究極の始祖を持つにも関わらず、衰滅せざるを得なかったんだ。

故障しやすいのに高額で売り出されてる外車とかも、これに似たようなもの。
たとえ金持ちが節税目的で買ったところで、やたらと壊れやすかったりするようなら、
常用するのはサブの日本車とかになってしまう(日本の医者とかはよくこういう乗り方をしている)。

多少切れ味がいいとか、乗り心地がいいとかの機能面での優位性があったとしても、
総合的にプラマイゼロ以下であるようでは、最後は見栄っ張りのやせ我慢のための形骸となる。
正宗や貞宗並みの伝説的遺産が尊ばれようとも、現行品の人気は必然として衰えるのである。

返信する

264 2019/09/24(火) 20:08:06 ID:7tvUbRYGyc
VW GM シトロエン プジョー良い大衆車作る所もあるよ
特にフランスの車は他に無い哲学を感じられて楽しいのに
あと国内生産のカブ以外最近の国産車も結構ガタピシだよ

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:311 KB 有効レス数:356 削除レス数:6





思想・哲学掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

スレッドタイトル:人間という生き物は醜い(特に外見)

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)