人間という生き物は醜い(特に外見) 東洋的審美眼の真骨頂


▼ページ最下部
001 2019/05/20(月) 10:37:28 ID:jdOeueAT3E
近ごろ、各地の博物館や刀剣店などを巡って各種の名刀を目にしてるんだが、
人の命を奪う道具である刀がかくも美しいのはなぜかという疑問を
考え抜くに至って勘付いたのが、「人間が醜い生き物だから」ということだ。

心ではない。心は美しい場合も醜い場合もあるが、外見のほうは一貫して醜い。

一般に、美男とか美女とか言われてる人間がいるのは、ただ単に性的魅力が強いから
なだけであって、普遍的な審美眼に基づくならそれらも単なる薄毛のサルに過ぎない。

にもかかわらず、性的魅力と普遍的な美しさを倒錯して心焦がした時に初めて、
人は心までもが醜くなる。愛欲を持つこと自体は人の常だが、それが
審美眼を損ねるような事態にまで陥ることこそが致命的に問題となるのであり、
それこそを防ぎ止めるために昔の日本人も刀という、人の命を断ち切る道具の
美術工芸的な洗練に執拗に取り組んでいたのではないかと思われるのである。

返信する

002 2019/05/20(月) 11:01:15 ID:R69uG/555c
はぁ…………

返信する

003 2019/05/20(月) 11:23:21 ID:jdOeueAT3E
日本刀の中でも、特に名刀とまで呼ばれているものの美しさを見るにつけ思うのが、
「これを美しさとするのなら、人の見た目の美しさなどものの数にも入らないな」ということだ。

別に、それで異性への愛欲が断たれたりするわけではないが、
ただ、特別に美男美女扱いされているような人間(特に白人)の見た目などを
普遍的な美しさだなどと勘違いして、畏怖するような思いだけは完全に絶える。

顔立ちにしろ身体つきにしろ、日本人は昔からあまり美しいとまではいえないような人間が多いが、
それもこのような、人の美しさなどに囚われない諦観が根付いていたからなのだろうな、と。

美男美女なんてただの色男色女に過ぎないという見立ては、今ではすり減って久しいものだが、
色ボケに世の中が振り回されるような羽目に陥ることがないようにするためにも、
今一度先人たちの遺産に目を向けるべきだと言えるだろう。

返信する

004 2019/05/20(月) 11:48:06 ID:4Is1ch4jbY
自分の見た目が醜いからって刀を引き合いに出して思考転換するのか。
その考えこそが最も醜いわ。
弱者と言うのはとことん弱者なのね。

返信する

005 2019/05/20(月) 11:51:26 ID:jdOeueAT3E
刀の美しさによって審美眼を育んだからといって、
別に刀以外の何もかもが醜く見えてくるわけではない。

花鳥風月、山川草木のような自然の美しさはやはり普遍的なものだし、
そこにぶつかることなく調和できている人の営みもまた、醜いとまでは言えない。

体の線が出ない着物や大きな笠といった純和風の装束なども、
人体の醜さをうまく隠してそのような美しさに溶け込む配慮があるのだと知れる。

してみれば、そこからの逆算によって、実は美しいわけではないと
バレてしまうものが、美男美女の他にも複数出てくる。

物量投入によって見るものを威圧する大都市のインフラなども、デザイニングに
よっては美しさまでもが謳われるが、決して普遍的な美しさには当たらない。

諸々の工業製品も、全てがワンオフである日本刀と比べれば作りのアラが目立つ。

ことさらに体のラインを強調して性的な魅力をアピールする洋装の美しさなども、
人体の美しさ自体が虚構に過ぎないことに連動してハリボテ扱いとなる。

決して現代人の多くがたやすく賛同できるような美意識ではないだろうが、
少なくとも昔の日本人にとってはごく常識的な感覚だったようである。

返信する

006 2019/05/20(月) 12:13:02 ID:jdOeueAT3E
上記のような日本的、東洋的審美眼が別に性欲を減退させるものでないのは、
江戸期の日本における性風俗文化の隆盛などからも知れたことである。

性欲を完全に断ち切るというのなら、万事万物の見た目の美醜に囚われない
「色即是空」の境地にまで至ることが必要なわけだが、それと比べれば、
審美眼の巧拙を論じている今の話は、だいぶ程度が低いものにあたる。

高尚な審美眼もあれば、低俗な審美眼もあり、美女の色気にたぶらかされる
程度の段階の人間には、美々しく飾り立てた遊女があてがわれもしていた。

ただ、それは程度の低い領域の美醜なのだから、哲学的、宗教的な領域とは
全く別物の俗物としての身の程がわきまえられていた。そうですらあれば
美女を愛でたりするのも全く問題はないのであり、むしろ神聖不可侵なもの
として敬遠したりすることがなくなる分、より営みが旺盛ともなり得るのである。

返信する

007 2019/05/20(月) 12:51:32 ID:jdOeueAT3E
本当は、直刃(刃紋がまっすぐ)の刀の美しさも例示したいんだが、
直刃の美しさを画像で示すのはほぼ不可能に等しいので、
已む無く乱れ刃や彫刻の美しさの例示を優先している。

俺もまだまだ勉強中だが、最上級に良い刀と悪い刀の見分けぐらいはだいぶ付いて来た。
良い刀は刃金と地金の焼き分けが上手くて、刃金は白く地金は青黒い。
悪い刀は全体的に白く、焼き入れすぎのせいで実戦では折れかねない。
つまり良い刀は実際に丈夫である一方、悪い刀は弱い。

焼き入れがうまくて地金と刃金のメリハリが立っているから、刃紋の美しさも映える。
美しい刀はそれ即ち強い刀であり、あらゆる美しさの中でも機能美の極致にあるといえる。

東洋的美意識は機能美とこそ不可分なものであり、一般人には落書きかゴミにしか
見えないような現代アートに大金をつぎ込む西洋的美意識などとは根本的に相反している。

刀もいいいものは数百万円〜数千万円、
中には億を超えるものもあるが(画像の山鳥毛一文字など)、
原価だけでも数十万円はかかっているし、それを名刀に仕上げる工匠の手間賃を考えれば
決してふっかけているなどということはない。浮き足立たないまともな経済感覚を育んで、
金満への無闇な幻想を抱かないことにも、刀の勉強は一役買うことができる。

返信する

008 2019/05/20(月) 13:18:56 ID:SvE9hNLl.k
 久しぶりにというか明和で初めて興味ある意見を見たような見なかったようワニな
それほどまでに美しい刀創り出す精神性は
善悪別にしても相当高い位置に志をおいておらねば創れないワニね
美しさというものは形”ではないと言う境地に辿りついたのワニね

返信する

009 2019/05/20(月) 13:40:26 ID:jdOeueAT3E
人間の見た目の美しさの寿命なんて、どんなに頑張っても数十年がいいとこだが、
刀の美しさは数百年でも、千年以上でも持つ。
(画像は平安時代中期に作られた童子切安綱)

悪い刀ならサビが深く根を張って早々とダメになる場合もあるが、
良い刀は鉄の清浄度が高くて酸素含有量が低いから錆びにくい上に、錆が根を張らない。
故に研ぎ直しも最小限で済み、千年以上の後にも元の体配を保ち続ける。

もちろん、何万年何十万年とまでなればさすがに劣化を来たすだろうし、
最終的には地球ごと肥大化した太陽に飲み込まれて消え去るしかないのだから、
完全に永久的な美しさなどというものはなく、色即是空のみが真に永久普遍たる。

ただ、せいぜい数十年しか持たない人間の見た目の美しさなどと比べれば、
刀の美しさのほうが遥かに普遍的だし、自身が寿命百年やそこらの人間にとっては十分に半永久的である。
そういった安定度の高い美しさを、仮初めの美醜なぞの上に置いて考えられるようになるのは、
仏の悟りとまでは行かない範囲での、一種の大人びた達観となるには違いない。

返信する

010 2019/05/20(月) 13:43:57 ID:J/eBwU0cp6
>>8
いや、最終的には形が全てを顕すので形が最も重要となる。
一周回って本質に到達するのよ。
形と言うのは情報の最終形。
どんなに御託を並べても形に表せないのであれば口だけって事。

んで>>1は刀には思い入れがあるのは分かるが、対比としての“俗物”の勉強が不足している。
一方の情報だけ肥大して、もう一方の情報が少ない状況で結論を出そうとするとこうな。
議論や主張にも美しさがあって、>>1は刀の美しさを説いてるのにその理屈が美しくない事に気づいていない。
美しいものを語るときその理屈は醜悪なものになる法則があるが、それを出来るだけ醜くならないように勉強して情報を集めるのだが、>>1はそれが十分ではないので醜悪な論理を並べ立てる恥さらしになる。
刀の美しさを語ってるが、それは別のものを投影してる事に自分で気づいていないから醜くなる。
ま、簡単に言うと
バカほど物事を複雑化しようとする典型が>>1です。

返信する

011 2019/05/20(月) 14:11:40 ID:jdOeueAT3E
実際、刀の美しさをどんなに言葉で語っても、語るに落ちる。
それどころか、こうして画像で示しても十分に教えられたとは言えない。
博物館のガラスケース越しに遠目で見てもまだ十分だとは言い難く、
実際に手に取って、適切な照明の下で穴が開くように凝視してからやっと分かる所まである。

良い刀を見てから街に出ると、かつては地上に降りた満天の星空のように見えた
東京都心の街並みなども、途端につまらないものに思えてくる。
実際、刀の材料になっている玉鋼ほど上質な鋼材で作られた建物や車などどこにもなく、
工業品質としての観点から見てもガラクタの山にしか見えなくなるのだ。

人間についても同じことだ。
表参道か代官山あたりに群れ集っているような美男美女が性的に魅力的ではあろうとも、
それが神々の集いか何かのようにまで扱われているような風潮には興ざめする。
実のところ実物がそこまで大したものではないという自覚が本人たちにもあるからこそ、
今ではインスタグラムなどの画面上での美醜ばかりに囚われてもいるのだろうし。

返信する

012 2019/05/20(月) 14:30:33 ID:J/eBwU0cp6
例えば>>9なんかは時間が可変することも知らない単なる勉強不足。
ある主体の1万年と
ある主体の1分は同じだったりする事を知らない。
知らない事自体が美しくない。
美しくない理論でいくら刀の美しさを語っても白けるだけだし、
そんな底の浅い理屈で刀を語ってる事がまさにインスタで美醜に囚われてる精神ロジックと何も変わらない事に気付いていない。
気づいていないからさらに醜い。

返信する

013 2019/05/20(月) 14:50:02 ID:jdOeueAT3E
1分も1年も1万年も相対的な長さに過ぎないという達観は、
たとえば密教の降三世明王の秘法などによって得られる一種の仏の悟りであり、
頭で理解する程度のことはできても、会得までするのは極めて困難。

そこまで行かない、未熟で相対的な範囲における美醜の巧拙であり、
刀の美醜に囚われることも、インスタ映えの美醜に囚われることも方向性としては変わりない。
両者が違うのは、インスタ女が嫌うだろう実物のスッピンの毛穴の凝視に相当するような
肌地の凝視によってこそ、名刀のほうはより美しさが知れることぐらいかな。

返信する

014 2019/05/20(月) 15:18:12 ID:jdOeueAT3E
>>8
普遍的な美しさが全く形を伴わないなんてことはないが、
世間一般が考えているような美しさと比べれば、かなり微妙不可思議なものだ。

上研ぎでピカピカに磨き上げられた刀が輝いていて美しいことぐらいは
誰にでもわかるが、ランクの低い刀でも研ぎたてならそれぐらいの
美しさはあるから、素人が騙される原因にもなりやすい。

刃紋もただ派手な乱れ刃やのたれ刃であればいいというものではなく、
よく見ると定規で描かれたような不自然なものだったりする場合もある。
直刃の良し悪しを見分けるのはもっと難しくて、俺もまだよく分からない所が多い。

要するに、難しい。立ち入れば立ち入るほど奥深さが見えてくる伏魔殿。
だからといって現代アートのような虚構なのではなく、
>>7に書いた通り、難解な美しさには難解な美しさなりの機能性が備わってもいる。

形はあれども、決して安易ではない。
まるで人の本性の美醜を見分けるのと同じように、刀の美醜を見分けるのも難しい。

返信する

015 2019/05/20(月) 15:30:54 ID:J/eBwU0cp6
>>13
無知がさらに恥の上塗り。
相対性理論や量子物理学の初歩も知らんのに美しさだの何だの語るなよ。
時間が可変するものであるのは物理の領域。
何が密教だよ。
仏教を語らせても中途半端。
仏教でも法華経以前はシンプルなものをわざと難解にして導いた似非の教え。
そんなものに悟りなんかない事は原作者である釈尊自ら説いている。

何を語らせても中途半端で醜い奴だな。

返信する

016 2019/05/20(月) 15:52:23 ID:jdOeueAT3E
頭の理解と心理的な体得を分けて考えるのは、ちょっと君には難しいかねえ。

返信する

017 2019/05/20(月) 16:27:43 ID:/6scLd2/bo
良く喋るキちガイだな…
こいつ笠地蔵でしょ?なんで戻ってきたんだろ
過疎が進み荒らしだらけになった明和にとどめを刺しに来たのかな

返信する

018 2019/05/20(月) 16:28:19 ID:J/eBwU0cp6
>>16
難しいのではなくてお前がバカだからそう考えるだけ。
バカほど物事を難解に考えたがる典型。
そのくせ相対性理論も量子物理学も仏教も勉強する気は無いのでさらにバカが加速する。

返信する

019 2019/05/20(月) 17:11:00 ID:jdOeueAT3E
いや〜やっぱり分からんようじゃのう。

読み書きできたりできなかったりの昔のお百姓さんや、
11年前の俺にでも分かる程度のことが、分からんもんには分からん。

別に誰にも分からんのではない。
おまえが特筆して分からん側の人間なだけじゃ。

より分からん方向に突っ走る劣情が滾ってるようだから、今はもうやめとけ。

返信する

020 2019/05/20(月) 17:32:18 ID:jdOeueAT3E
今の刀剣の愛好家たちが、誰も彼も卓越した審美眼を備えているわけではなく、
刀剣商の間でも「あそこは駄目だ」系の陰口がよく行き交ってるような
始末なので、下手にその道に入ったりするのは決してお勧めしない。

ろくな審美眼もないのに刀剣に入れ込んでいる人間の特徴として、
刀そのものの純粋な美しさを愛好する欲求と、
他の欲求が抱き合わせになってしまっているというのがある。

変態的な愛好家は性欲と倒錯しているようだし、
金満的な愛好家は粗雑な財欲と混同しているようである。
珍宝を好む系の好事家が単なる物珍しさで愛好している場合もある。

そういう連中が刀を見ながらニチャニチャしてる姿を見て、
俺も下手に刀を買ったりするのはやめておこうとして来てるが、
やはり美しいものは美しい。今までにここに書いてきたような特性を
承った上で、刀により審美眼を磨くことは、ものの良し悪しや人の心の
美醜を推し量る上で有用になるため、刀を買わない内からでもお勧めする。

返信する

021 2019/05/20(月) 19:12:26 ID:jdOeueAT3E
意外にも、刀への審美眼を曇らせる最大級の障壁になりがちなのが、
攻撃性の過剰さである。

日本国内では最強度の蛮人の集いであり、刀がへし折れるほどの打ち据えばかりを
特訓する示現流を修めていた薩摩人なども、昔から良い刀を愛好する習慣などはなく、
明治期には廃刀と城郭破却の率先者となった。その薩摩人こそをリーダー格として編成された
日本軍も、粗悪な軍刀を帯びて敵に突撃する好戦主義によってある程度は勝ち、遂には敗亡した。

刀もまた攻撃のための武器には違いないが、護身用も兼ねるのを本分としているし、
戦地では大昔から槍薙刀や弓矢に次ぐ扱いをされていた近接戦闘用具である。そのため
ある程度以上に攻撃性の強い(我が身を滅ぼすことも厭わないほどの)人間にまであまり
好まれることはなく、銃砲ミサイル核爆弾その他、より強力な武器や兵器の陰に隠れることとなる。

そして、刀の美しさというもの自体が極めて繊細な美しさであり、攻撃意欲に身を焦がしてばかりの
粗忽者には理解できないものであるために、必要に駆られた所で「適当なものでいい」となる。

今でもヤフオクあたりに出品されているような大量のクズ刀が、そのようなヤクザ者の
放棄品だったりするのが多いわけで、刀の現存数自体はかなり多いものの、
実は本当に美しい刀を好んでいた人間など昔からそんなにいなかったことが分かる。
(刀を美術品として保護し始めたのは戦後のことで、元は実用品でもあったのだし)

返信する

022 2019/05/20(月) 19:45:31 ID:jdOeueAT3E
俺自身、あまり「美しさ」というものに頓着して来たほうではない。
自分がそんなに美男ではないというのもあるが、
とにかく地を這ってでも生き延びて先祖に報いるという泥臭さこそを
本分にして来たものだから、美しさなど縁の遠いものだと思い込んで来た。

しかし、先祖代々伝わる殿中差しの小さ刀のほか、古今の名刀の美しさ
などにも触れて、案外美しいものなんて身近にあることに気づいた。

刀だけじゃない、刀の美しさと比較して美しいと思えるもの、
安易な外面ではなく、内面や内面からの美しさを持つものとなれば、
別にフランスやイタリアに行かずともそこら中に散見される。

合気道の開祖のように「万有愛護」とまでは行かずとも、
美しさ故に愛せるものは案外多い。武道や仏道の達者にまでなれなくとも、
そこから始められる庸徳の道もまたあるようである。

返信する

023 2019/05/20(月) 19:46:25 ID:SvE9hNLl.k
 ワニさんもそこまで刀を深く考えた事はないが
婆13年介護し一昨年無事目の前で召して魅せた大好きだった婆まのあたりにして
是非日本刀一振り欲しいと思ってたワニよ、もし自分が老いたり
要介護なったりなにかあって生きていけなくなったとき、己の腹引き裂いても
惜しくはない程美しい刀があればワニが

返信する

024 2019/05/20(月) 20:10:40 ID:4Is1ch4jbY
な、結局リア充僻みなだけだろw
オタク気質な奴がインスタとかで楽しそうなの僻んでるだけでも惨めなのに
さらに刀がどうとか言い出して余計に自分を惨めにしてるだけw
刀が美しいのは良いとして、それをもってして人間の醜さを論う必要はねーだろうにw
つまり最初からリア充の批判をしたい事が目的ww
そして、得てしてこういう話のポイントは普段から自分のコンプレックスである部分を強調する心理が働くので、>>1は自分の見た目の醜さを普段から気にしてるって事がモロバレw
それを他人に転嫁して、さらに対比として刀を持ち出す事でカモフラージュするというチキンっぷりw
いくら読んでもスレ主の文章からは刀に対する愛情も感じられなければリスペクトも感じられない。
最初からリア充の連中への敵意だけはビシバシ感じるがww

返信する

025 2019/05/20(月) 20:36:53 ID:jdOeueAT3E
ワニさんのその、次世代に極力迷惑をかけまいとする志しは大変美しいものだと思うし、
その志しに見合った美しさの刀を手に入れてもらいたいなとも思うけど。

現代人はそんな美意識なんてろくに理解もできないし、
実際切腹を見ればキチ◯イ沙汰として鼻つまみ者扱いにするようなザマなので、
現状の世の中では美談として扱われることがないのは覚悟してほしいけども。

それでも構わないというのなら、お勧めするのは古刀大磨り上げの脇差かな。
普通の刀は長すぎるし、新刀以降の脇差はハンマー効果を狙って先端部分を
太めに作ってあるのが多いから、自分の腹に突き立てるのは難儀っぽいので、
切っ先が細くて軽めの脇差でいいものを探せば良いよ。

なるべくなら、その刀がワニさんの腹に突き立てられたりすることなく、
賢人の佩刀としてあらたな歴史的価値を帯びてくれることを願うけどね。

返信する

026 2019/05/20(月) 20:37:34 ID:C/vcNNRMYk
[YouTubeで再生]
刀に頼ると鉄ヌンチャクでお前はこうなる
はめられたんだよ!お前は!

返信する

027 2019/05/20(月) 20:59:13 ID:/6scLd2/bo
>>24
否定派のクソ動画を見て「大変な美学を持って作られているのを感じる。 」なんて言ってるような奴ですよ、コイツは。
こんなの相手してどうすんですか。

返信する

028 2019/05/20(月) 21:23:17 ID:jdOeueAT3E
俺が否定派の動画に肯定的なのは、
自分が動画の撮影や編集をしたこともあるからだとは思うけどな。

お、おまえ、ニートを見下す社会人のクセしてその程度の経験もないのか?!

返信する

029 2019/05/20(月) 21:41:35 ID:wE2sd6c8Jk
日本刀に限らず美しい物が身近にあるのは確か
でも古い物や国内の物だけに囚われるのは残念
西洋画、近代建築、車、バイク、工業製品とか
日本刀に負けず劣らず美しい物もあるのにな。

返信する

030 2019/05/20(月) 23:27:25 ID:jdOeueAT3E
願わくば何物も何人も、刀のごとき美しさを目指して行ってもらいたいと思うがな。

刀のようではない美しさの誑かしも多い時代故に、なかなか難しいことだ。

返信する

031 2019/05/21(火) 09:47:04 ID:hpUOPBq30Y
男たるもの、軟弱なイケメンの美しさなどあっても恥ぐらいに思うべき
という考えから、美しさ全般を忌み避けるような考えにも陥りがちだけども。
(俺もそうだったように)

それでは単なるガサツ者になりかねないし、
かといって異性の美しさなどにたぶらかされるのもまた軟派に振れすぎる。

刀の美しさや、それに準ずるような機能美の美しさこそを愛でることで、
ガサツと軟派の両方を排した悠然たる大丈夫となる。

もちろん、男らしさとして尊ぶべき程度の武骨さは保ち続けるし、
結婚して子孫を拵えるため程度の異性関係は持つ。

野蛮人でもなければ軟弱な俗人でもなく、かといって坊さんでもない、
あらゆる面において一つ覚えの痴態を排し去った人の鑑となる。

返信する

032 2019/05/21(火) 11:26:09 ID:hpUOPBq30Y
刀の美しさ等によって磨き上げられた審美眼によって、
美男美女から神聖さが剥奪されたからといって、一体何が困るのか?

その後にも、色男や色女としての持て囃し程度は残ろうに、
なぜ生身の人間に分不相応な神聖視までもが損なわれることを忌み嫌う?

あたかも妖獣の幻惑のように異性をたぶらかす途が削がれるから?
あるいは、共産主義の指導者のような個人崇拝が損なわれるから?

白人の場合は、異人種への優位イメージが損なわれるせいもあろうか。
男と女では、女のほうが見た目の美しさにこだわる性別だから、
女の男に対する優位が損なわれることへの恐れもあろうものかな?

返信する

033 2019/05/21(火) 12:40:51 ID:hpUOPBq30Y
>>23
ワニさん結構なトシだというのなら、良い仕込み杖を探してみるのもいいかもな。

だいたい刀身は>25に書いたような細身の脇差の条件を満たしてるし、
家に置いてあっても外見上はあまり警戒されないし。

明治の廃刀令に対処して仕立てられたものが案外、多く出回ってる。
もちろん今は、屋外での抜刀可能な状態での所持は登録証があっても銃刀法違反になるが。

返信する

034 2019/05/21(火) 17:32:14 ID:hpUOPBq30Y
刀剣文化を発達させた日本人に限らず、東洋人は全体的にヒトという
生き物の外見上の美しさなどを、さほど重視して来なかったようである。

だから歴史上の偉人の肖像画や彫像も粗末なものが多いし、
服飾や髪型もあまり身体の線を強調しないようなものを重用して来ている。

人体の造形というものをあまり美化したがらなかったのは、
肉体を不浄なものと断じている仏教思想の影響などもあるだろうし、
貴人ほど身体の線を隠すような服装を好んで来ているのは、
「易経」繋辞伝における(おそらく孔子の)推奨にも基づいているものである。

美術文化そのものはそれと別に大変発達しており、
仏像彫刻などもギリシャ彫刻を上回るような技法で作られたものが多々見られるが、
それにしても仏様自体は、筋骨隆々でも何でもない微妙な容貌に彫られたものばかり。
仏菩薩よりも格が低いとされる明王や天部がいかめしい筋肉質で造形されることが多い
ことからも、それこそがより偉大な大悟の境地として確信的に形作られていることが確か。

返信する

035 2019/05/21(火) 19:04:29 ID:hpUOPBq30Y
そういった風潮が完全に人口に膾炙していたのは、日本なら江戸時代までで、
明治以降は肖像画を実物以上に美化して描いたりする西洋の風習が持ち込まれた。

右画の東郷平八郎などは本人も実際に美男子だったというし、古写真にも、
今の尺度でも美男美女と言えるような男女がそれなりにいたりするから、
美形を世界標準的な価値観で持て囃す傾向もそれなりにあったことが分かる。

しかし、人の美醜を普遍的な美醜と取り違えるようなことまではなく、
極端な言い方をすれば「性器の具合の良し悪し」ぐらいに低俗な要素止まりに
扱われていたものだから、そう大々的にあげつらわれることもなかったわけである。

そんな古き良き清浄文化も徐々に鳴りを潜め、敗戦後ともなれば、
そんな価値観が昔存在していたことまでもが完全に忘れ去られてしまった。

日本人が総出で色ボケに陥り始めたのもその頃からだし、あたかも日本人が
世界標準並みの美意識を持ち始めたように思い込まれている戦後こそは、
日本古来の美意識が完全に形骸化してしまった契機であるといえよう。

返信する

036 2019/05/21(火) 20:16:05 ID:/TC20Exx8M
>>1
そば似異るよ^^

返信する

037 2019/05/21(火) 20:45:31 ID:hpUOPBq30Y
実在する円成寺の大日如来坐像(国宝)への形容。

現代的な肉体美や顔面美に優れているわけでもない古来の仏像の美しさを、
仮に柳生石舟斎が形容したとするなら、このようではなかったかという話。

近年の漫画だが、作者は本物の古流剣術の修練者でもある。
俺もそういうものかなと思うし、別にこの道を知る者も今の世に
全く絶えてしまっているわけではないのだなと知ってホッとするのである。

返信する

038 2019/05/22(水) 08:07:15 ID:mtQFkr7rpI
足の裏が世界最高峰の造形とまで言われているほど、
細部まで精緻の限りを尽くした作り込みでいて、
総合的にはやはり一般的な仏像の規格に落ち着いている。

ギリシャ彫刻の影響を受けた初期の仏像は露骨なほどに写実的だった一方、
そこから一旦無益な肉体美を排する抽象化の道を辿った上で、
またある程度の写実性に立ち返り始めていた時代の傑作。

東博などで歴史を追いながら見比べて来たが、
これ以前の仏像は背骨の湾曲を強調した女性的な体つきである一方、
だんだんと背筋のまっすぐな男性的な体つきになっていることもわかる。

安易な肉体美などとは全く別の次元で、ある種の美しさを仏像の人体造形も
表現しようとして来ているのであり、そこに見惚れるほどの感傷を
抱けるようなら、そこで悟りをも開けるようになっているようである。

返信する

039 2019/05/22(水) 10:28:54 ID:dWutUU2Jig
こういう肉体を「性的に魅力的である」と見なすのは、
古今東西、どこの国や世界の老若男女でもそう変わらない。

しかし、それを「普遍的な美である」とまで倒錯して、
執拗な美化や芸術的解釈にまで取り組んでいたのは、
本来西欧人だけである。

欧米が世界の覇権を握った近代以降には、
全世界規模でそれが常識であるかの如く認知されたが、
その手の倒錯を伝統的に来たしていたわけではない東洋人は、
当然西洋の後塵を拝する形となり、その人体美化の拙さ故に
文化的後進者としてまで扱われることとなってしまった。

返信する

040 2019/05/22(水) 11:03:34 ID:mtQFkr7rpI
先祖代々の栄養不足による小柄化、胴長短足、
骨盤後傾でのヒョロガリ化、巻き肩によるコケシ体型化、…

肉体そのものをそこまで美化しようともして来なかった痕跡は、
現代の美男美女扱いな日本人に至るまで尾を引き続けているし、
中途半端な衣食住の西洋化によって身長ぐらいは伸びながら、
相応のタンパク質摂取が足りてないことによる筋肉量不足が、
昔の日本人にはなかったような身体の歪みや、そのせいでの
新疾患 (ロコモティブ症候群)を招くことともなってしまっている。

人口密度では欧州諸国の5倍以上、アメリカと比べれば10倍以上という
(だだっ広くて人がいないと言われてる北海道でも欧州並みだという)
国土のせまっ苦しさの中で、これ以上日本人が総出で恵体を志しても
邪魔にしかならないのだから、大谷や渡邊みたいな恵体を持て囃すよりも前に、
肉体美なんかを無闇に称賛することの低俗さのほうが見直されて然るべきだといえる。

返信する

041 2019/05/22(水) 19:06:27 ID:dWutUU2Jig
戦後における、日本人の西洋的耽美を推し進める
最大級の代表者となったのが他でもない、あの三島由紀夫である。

右翼の精神的支柱だとか、近代最後の文豪だとかのイメージが強いが、
それらと同時にどういうわけだか本人が好んでいたのが、西洋的な肉体美。
おそらくは西洋的美と東洋的美を混同しながらの唯美主義によって、
東洋文化からはかけ離れるような裸体美の追及にも及んでいたのである。

三島の愛国論や日本文化への賛美自体は見るべきものも多いのに、
このような悪趣味極まる肉体主義と抱き合わされたせいでクソミソに
それらのイメージも悪化し、保守が鼻摘まみ者扱いをされる原因ともなった。

本人が憂慮していたとおり、古来の日本人の精神性は年を重ねるごとに衰退
して行ったが、三島もまたその原因を作った一員であることには変わりない。

小柄で文弱だった三島が下手の横好きでひけらかしたボディビルなどの
肉体主義志向自体は、また別のところでろくな精神性を帯びたりすることも
ない形で興隆し、その点では本人の好みが部分的には受け入れられたともいえる。

東洋的美と西洋的美が到底相容れないことをその体現によって示し、
ほとんどの日本人に前者を棄てて後者を採ることを選択させた三島の業績は、
東洋的審美眼こそを尊ぶ立場からすれば、百害あって一利ないものであった。

返信する

042 2019/05/22(水) 19:41:01 ID:dWutUU2Jig
古来より、戦場にあえて裸体で繰り出す武者など居りはせん。
甲冑でも鎖帷子でも、刺子の着物一枚でもいいからなるべく羽織って、
主君や親に仕える身の程である我が命を極力守ろうとする。

本人としては、東洋的美と西洋的美の止揚を実現した
ベストショットの一つのつもりだったのだろうが、
実際にはただの一枚で両者の矛盾性を明示する戯画となっている。

本人も空手家で、合気道の達人である塩田剛三をボディガードにしていた
田中清玄氏のほか、本式の武道を知る人々の三島への評価もすこぶる低い。

この写真における刀の握りもデタラメだし、武道についてはかじった程度で
ろくに取り組んでいなかったのが、多少覚えがある程度の人間からも明らか。

そして何より、彼の美学に賛同できないという武道家が幾人もいる。
武の嗜みだけでなく、文学者としては本領であるはずの精神面における
美意識自体が稚拙で評価に値しないものだと、三島以上に命を危ぶむ経験を
何度も積み重ねていた武道家が話していたのを、俺も聞いている。

返信する

043 2019/05/22(水) 20:27:12 ID:dWutUU2Jig
自衛官が堕落していたからでも、三島が生まれつきの貧体だからでもない。
一番根本的なところの美意識に致命的な欠陥があったからこそ、
ただ一人の賛同者も現場で得られることなく惨めに死んでいったのだ。

切腹の介錯を頼んだ男と事前に同衾までしていたという、悪趣味の極み。
生粋の同性愛者だからではなく、それが東西の美意識の止揚の完成形になると
見込んでの確信犯だったのだから、勘違いの醜態こそがそこで完成されたと言える。

男色は実際、昔の日本にもあったが、それも色事全般を不浄なものと戒める
仏教的価値観の流布があった上でのことである。むしろその不浄の戒めのほうが
本懐であったのにも関わらず、不浄の開き直りとしてごく一部に持て囃されていた
過度の好色のほうを本体と見たあたり、根本的に馬鹿だったのである。

帝大時代の東大を出て大蔵省に入ったという経歴から見て、単なる馬鹿ではない。
戦後における「天才バカボン」の走りであり、その愚かさに見合う末路だったといえる。

返信する

044 2019/05/23(木) 12:16:09 ID:xDfAkYxC7U
閑話休題


男と女は所詮、内面的な敵対を避けられない生き物同士であり、
どちらかがもう一方に譲ることによってのみ結婚生活なども上手くいく。

現代の日本はフェミニズムとまで行かずとも、単なる人権主義だけでも
男尊女卑が固く禁じられている世の中なものだから、世の男女夫婦たちは皆、
女尊男卑を暗黙の了解とすることでなんとか関係を円滑化している状態にある。

知力であれ技術であれ体力であれ精神力であれ、
男が女に優位を示す根拠となる要素は無数にあるが、
女が男にマウントを取れる材料は極めて少ない。

出産能力は、生理のような生活上の不都合と引き換えのものである上に、
それ自体が決して美しくもなんともないグロテスク沙汰であるものだから、
男に対してマウントを取る材料にまではなりにくい。

男と女では、肉体美や顔面美を普遍的な美と受け止めやすいのが
どちらかといえば女であるものだから、これこそは最大級のマウント材料となる。

返信する

045 2019/05/23(木) 12:41:59 ID:xDfAkYxC7U
さほど美人でもない場合が多い日本の女も、トップの女優やモデルの
美しさなどを見て「女とはそういう生き物なのだ」と思い込み、
男を下に見る偏見を養っては、男との付き合いに備える。

その心構えは死ぬ瞬間まで続き、自分のほうが家庭で夫より
優遇されるのも当然のことだと思い込み、夫の死後には何十年と長生きする。

実際に女が見惚れるほど美しいのなんて若い頃の一時だけだろうとて、
始めに犯した毛筋ほどの過ちが積もりに積もって千里となり、万里となる。

まず最原初の内から「人体の美しさなど普遍的な美の内にも入らぬ」
とよくわきまえさせて、女が男にマウントを取る余地など毛筋ほども残さぬ。
さすれば後から暴力などによって無理やり言うことを聞かせるまでもなく、
ほとんど全ての面で自分よりも優位にある男との正しい付き合い方を思い知るであろう。

返信する

046 2019/05/23(木) 12:59:31 ID:xDfAkYxC7U
昔の日本人が、家系図に女子の名前も載せないほどナチュラルな男尊女卑だったのも、
女が男よりも無能な上に、別段女を美の象徴だとも捉えていなかったからである。

出産みたいな惨めな能力と引き換えに、ほとんどの分野で男に劣る能力しか持たない
女という性別の、美しさにおける優位ぐらいは認めてやろうかとて、それもまた許さぬ。

それにより、女が完膚なきまでに男の下位互換扱いとなり、
有無をも言わすことなく男に付き従う身分に押し留められることとなる。

現代の女にとっては地獄にも等しい仕打ちのように映るかも知らんが、
ひるがえって現代の男が女と付き合う際には必ず受け入れさせられている仕打ちでもあり、
男の側がそれを拒む以上は、自分たちの側が甘受する以外に選択肢のない宿命である。

返信する

047 2019/05/23(木) 14:39:45 ID:mbyk5whKFk
人体の美しさもまた一種の美しさとして認めた上で、
三島のように男の肉体美で女にマウントを取ろうとて、
そんな悪趣味に付き合える者はどこまでも少数派に止まる。

その証拠に、マッチョイズムの流行が著しいアメリカ大陸の性志向までもが見ての通り。
他国以上に女体だけへの執着が強いのは、一種の反作用とでも見るべきか。

女の美しさによるマウントを絶やす方法はただ一つ、
人体の美しさを普遍的な美しさなどとは見なさないことのみ。

その方法は、仏道帰依による色即是空の定立から、
より普遍的な日本刀の美しさへの傾倒など、いくつでもある。
仏門が形骸化している現代においては、後者のほうが手っ取り早いし、
在俗でも実践が可能である点からも、より常識化されて然るべきものである。

帯刀や所有まで行かずとも、認知が行き届くだけでも世の中が変わる。

返信する

048 2019/05/23(木) 18:56:51 ID:xDfAkYxC7U
かつて女は男を魅了するため、愛する夫と歩いて恥をかかせないために着飾っていた。
今の女は自己満足のため、同性同士での馴れ合いやインスタ映えのために着飾る。

家事や仕事の邪魔になる上に、男からの評判もさほど良くないネイルアート等に凝るのも、
鏡越しでなければ見られない顔や全身と違って、自分自身が肉眼で見て楽しめる手先の装飾だから。

女がそのようであっても別に構わないとされているのも、
女の美しさこそは高尚な芸術の領域にも通ずるものと見なされているから。

女が美しいこと、それ自体に独立的な価値があるのだから、男の好むような
格好やメイクをあえて好むのは恥ずべき「媚び」だとして、同性嫌悪の対象となる。

女に眉と書いて「媚」と書くほど、女が男に媚びるのはごく常識的なこととされていたのが、
今や男が女の機嫌を伺うこと以上の恥とされる。それほどにも人体美への狂信が極まっているということ。

男の側としても、そのような狂信の支配下に置かれている以上はうまく苦言を呈することもできぬ。
そもそもそのような風潮を招いた張本人からして西洋の男なのだから、男の責任であるともいえる。

返信する

049 2019/05/23(木) 19:31:23 ID:mbyk5whKFk
いま、こうして女について積極的に論じ立ててみた所で、少しも浮ついた所がない。

俺自身、少しでも女が絡む話をする時には心が浮つくのを感じていたが、
「女の美しさなどは普遍的な美しさの内にも入らない」という、
このスレの趣旨に沿った文脈で話すのであれば、少しも浮つく所がない。

俺自身が愛欲から解脱したからでも、性欲が減退したからでもない。
今までにも意識的にまでは分断させて来なかった、普遍的な美意識と人体美の
倒錯こそが、そのような惑いを差し挟む元凶になっていたからである。

返信する

050 2019/05/23(木) 20:07:38 ID:mbyk5whKFk
どうして今まで気づかなかったのかといえば、俺については複数の名刀の
美しさに触れる機会を持ってこなかったからだが、誰しもがそのような
機会を持つだけで気付けるのかといえば、決してそこまでのことはない。

思うに、ズブの素人が初めて刀の美しさを目にした時に高確率で抱く感覚、
あの妖気にでもあてられたような感覚こそは、現代人としての自らの心中に居座る
稚拙な美意識がガラガラと音を立てて崩れ陥ちそうになっている感覚なのではなかろうか。

せいぜい、女体美あたりを最高の美だなどと思い込んでいられている
幼稚な美意識を、できることならより多くの人間に保っておいてもらいたいものだから、
「名刀には妖気がある」云々の風説によって極力、人々を刀から遠ざけようとしていまいか。

いやむしろ、それならいっそのこと、刀の美しさにあてられて目を覚ませよ!
と当然俺は思うが、婦女子諸君以上にそれが都合の悪い権力者も多かろうな。

返信する

051 2019/05/24(金) 19:29:07 ID:ochDzTeBfo
肉体や顔面の性的な魅力を普遍的な美と倒錯することが、
本人の美意識を低俗な方向に歪め損ねる原因になるのと同時に、
「耽美症」とでも呼ぶべきある種の情動的な狂乱を招くこととなる。

男の場合は単純な色情狂と結びついて、ひどい場合には
痴漢やストーカーや強姦魔といった犯罪行為にも発展するので
見るからにわかりやすい上に、その取り締まりも容易であるが。

女の場合が分かりづらくて、まだ全く周知もされておらず、
故にそれがある種の問題を招いていることにも気づかれてはいない。

返信する

052 2019/05/24(金) 19:51:42 ID:ochDzTeBfo
女の耽美症は、男ほどには色情と結び付かない一方で、
自分こそが美の本源であるという認識からの思い上がりや、
美的に思われない事物への執拗な見下しや嫌悪を招く。

それが人生の上でいつ如何なる場合においても通用するのならともかく、
現実にはそうも行かない。見た目に自分ほど美しくない男に抱かれて子を宿し、
腹を痛めて産んだその子の夜泣きに付き合い、おしめまで換えさせられる。

ちっとも思ってたように美しくはない、自分自身の女としての人生の現実に
打ちひしがれてノイローゼとなり、ひどい場合にはネグレクトや虐待にまで走る。
(そこまで行かずとも夫への当たり散らしや別居離婚沙汰ぐらいは当然の権利のように行われる)

女なんて、所詮は男の完全な下位互換に過ぎない、見た目が魅力的なのも
単なる生殖目的だという考えでいれば、そんな思い上がりが原因の苦悩に
駆られるはずもないのに、今となっては大多数の女が抱く苦悩にまでなっている。

返信する

053 2019/05/24(金) 20:18:33 ID:ochDzTeBfo
結婚・出産・育児という常道的な女の人生を歩まなくとも、
若い頃には美しかった女までもが加齢によっては美貌を損ない、
昔のようにチヤホヤされなくなったことを苦悩のタネとする。

それが安易なフェミニズムへの傾倒の他、諸々の妄言妄動を来たす原因ともなる。
全ては「女こそがあらゆる美の根本」という倒錯からの思い上がりを
元凶としているのであり、まさに始めの過ちの雪だるま式の肥大化に当たる。

女が着飾るのなんて遠い昔からの人類文化の伝統ではあるが、
ただ一つ、女性美なんかをあらゆる美の極致とまで思い込むような勘違いだけは
古来の多数派の常識などではなく、故に今の世の中よりも健全であった。

女が無知だったからではない。事実を正しく認識していたから健全だったのである。

返信する

054 2019/05/26(日) 10:53:21 ID:d1Aty5mci6
耽美症はその特性上、女が男にマウントを取る材料にしやすいものだから、
その都合の良さ故に女のほうが容易に罹患する。

仏教やイスラムへの帰依によって総出で男尊女卑を徹底している国でもない限りは、
人権意識の低い近世以前にも女が耽美症となることはよくあったようである。
(呂后や則天武后や西太后にかき回されていた頃の中国なども含め)

男の耽美症までもが恒常化するのは、たとえばキリスト教の聖母マリア信仰
などによってそれが文化的に強制された場合が主であり、男個人が自発的に
耽美症となったりするのは、発達障害などの癲狂を原因としている場合にほぼ限る。
(だから電通も頭がイカれるような広告で日本人の色ボケをけしかけ続けている)

老若男女総出で耽美症に罹患することは、女がいい気分でいられると同時に、
過度の情欲に駆られた男からの危害を終生恐れなければならない事態を招く。

実質キリスト教国な今の韓国を含め、宗教によってまで耽美症を全国民に強制
しているような国々の性犯罪率こそは極めて高く、その他の犯罪率も軒並み高い。
(国民の富裕度が高ければ、性犯罪以外の犯罪率は下がる傾向にあるようだが)

>>52に書いたようなノイローゼを女たち自身が患う原因にもなったりと、
耽美症による女の祭り上げは結局、女にとっても利害の両面が大きすぎる毒薬となる。

返信する

055 2019/05/26(日) 11:33:02 ID:d1Aty5mci6
見た目もそう美しくない上に、女へのデリカシーやレディーファーストの精神まで
欠けているとされる日本の男の性犯罪率こそが、主要キリスト教国の10分の1以下で
あるのも、耽美症にまでかかっているような男の数が段違いに少ないからである。

耽美症などではないが故に、女を完全な男の下位互換と見られているからこそ、
いざ女と結婚しようものなら、責任を持って“弱者”を養ってやろうともする。

しかし日本も、女が耽美症にかかっている率は相当に上がってしまった。

女を下位の弱者として養ってやろうとする男と、自分のほうが上位の強者だと
思い込んでいる女、お互いのことを永遠に理解し合えないながらにも、男の側が
奴隷となる主従関係だけは成立し、結婚によって男は必ず地獄の余生を味わうこととなる。

自分たちのほうも耽美症のせいで家事ノイローゼや育児ノイローゼにかかってるから、
女の側も男への同情などは一切せず、逆に家事や育児まで仕事のある夫に押し付けようとする。
そのせいで男はあまりキツイ仕事ができなくなり、稼ぎが減って
共働きしなければやっていけなくなる悪循環をも招く。

返信する

056 2019/05/26(日) 12:02:23 ID:IyjS11KUGQ
男女ともに耽美症に陥っている世の中の問題が>>54に書いた通りなら、
女だけが耽美症である今の日本などで来している問題も>>55のごとく。

過度の情欲が世の中の風紀を乱すことぐらいは昔から認知されてきているが、
それが「耽美症」とでも呼ぶべき倒錯によって強化される場合があるのは、
そんな病気がなかった東洋でも、全員がその病気だった西洋でもうまく
認知されることがないままであり続けて来た問題性であるが故に、
新たな発見として周知されて行くべきことだといえる。

返信する

057 2019/05/26(日) 13:22:01 ID:d1Aty5mci6
耽美症を耽美症と見定めない内から、
それによる世相の乱れを取り締まろうとした実例は多々見られる。

美女ばかりが優先的に火あぶりに処されていたという魔女狩りをはじめ、
キリスト教圏においても幾多の粛清が図られてはぶり返す歴史が重ねられている。
しかし、西洋はキリスト教以前の古代ギリシャ・ローマに至るまで
最高強度で文化文明を耽美症と合致させ続けて来た社会であるために、
耽美による汚濁の粛清=一概な文化破壊という様相を来してしまう。

一番直近では、共産主義革命あたりがその最たる実例であり、
近代の軟派文化の主たる提供者である資本主義の打倒を西洋的思考によって
実現しようとした結果、共産化した国における文化破壊が一大事業となった。

その共産主義の歴史的挫折によって、世の中はまた一概に文化的堕落を容認する
方向へと振り切れたが、そういった極端から極端への一つ覚えな転換自体が
完全な西洋ペースでの狂態であり、仏教文化や武家文化によって世相の腐敗を
適度に防いでいた、かつての東洋社会の足元にも及ばない愚妹であるという他ない。

返信する

058 2019/05/26(日) 13:46:21 ID:d1Aty5mci6
仏教文化も武家文化も、決して文化破壊によって耽美症を防ぐのではない。
安易な人体美などよりも高尚な抽象美や機能美を寺社仏像刀剣などによって示し、
それを至高のものとして崇めたてることによって、情欲と美意識の倒錯を防ぎ止める。

仏道や武道の修行も奨励はするが、義務とまでするのは正式な身分を持つ僧侶や武士のみ。
天下万民にあまねく府令して実質的に強制していたのは、上記のような情操のほうである。

出家や帯刀が近代化の邪魔になるといっても、明治以降の軍人も帯刀して頭を丸めて
修行並みに厳しい訓練に明け暮れることがままあったのだし、本当に西洋的な近代化と
根本的に相容れなかったのも、耽美症を徹底排除する仏門や武家の気風のほうである。
それこそ、坊主や侍たち自身に限らず、万人が了解して尊重しているのでもなければ、
自分たちのほうの存在意義が根本から失われ去ってしまう志操だったのだし。

返信する

059 2019/05/26(日) 15:13:35 ID:IyjS11KUGQ
命知らずな上に、軍刀や情婦の陰毛をお守りにしていたという帝国軍人のあり方も、
表面的には武士や修行僧のあり方と似てなくもないが、ことに耽美症を排する
美意識の高さが全く欠けている点では、近縁の内にすら入らないものである。

官給のスプリング刀は文化的価値のカケラもないような代物だし、
陰毛に至っては言わずもがな。精鍛なる日本刀や精緻なる仏像こそが持ち得る
邪念を取り払う効果などは、少ないどころか微塵もありはしないことが確か。

武士や仏僧こそが持ち得ていた美意識の高さを毛ほどにも持ち合わせていない
連中が命知らずでもあるのだから、獣のような野蛮さまでをも帯びてしまった。
その野蛮さまでもが、軍人たち自身が信奉していた武士道に基づいていたなどと
勘違いされ、今の日本人までもが武士道を野蛮なものだとよく思い込んでいる始末。

透徹した美意識に欠けていたが故に野蛮だったという点では、
帝国軍人も武士よりかは体育会系の現代人あたりに近い。
前者は己れの命を顧みず、後者は仕事上の部下や下請けといった他人の命を
顧みないでいるのだから、どちらのほうがより凶悪に野蛮であるのかも知れたものである。

返信する

060 2019/05/30(木) 20:11:55 ID:l44HJe6M12
邪念を取り払うことを目的とした、刀の美しさを改めて見直してみるに、
自らが清浄でありたいと思うようなら心が落ち着き、
情欲に穢れていたいようであればかえって心が騒ぐ。

心が落ち着くのは剣心一体の境地に至れているからだろうし、
かえって騒ぐのは拒絶反応が出ているからである。

騒ぐからといって狂刃漢になるものもいれば、
それを恐れて極端に刀を遠ざけようとするものもいる。
どちらも刀の美しさを心からは受け入れられない未熟者であるのには変わりなく、
その未熟さゆえに何らかの形で世の中に迷惑をかけることとなる。

どちらにもなりたくないものだな。
今の世の大多数が陥っている状況ではあるが。

返信する

061 2019/05/31(金) 12:40:45 ID:/BqzYoQKow
刀の美しさは、殊更に男性的というわけでもなければ、女性的というわけでもない。

刀身自体、細身で優美なものもあれば、太身で豪壮なものもある。
刀装も龍や明王をあしらったいかにも男らしいものから、
花や小動物をあしらった、現代では少女趣味にも見紛いそうなものまである。

ただ、一部の同田貫や美濃刀のように実用第一で美観を蔑ろにしたりするのではなく、
あくまでその美しさをも大事にするというのであれば、刀の美しさは
野蛮なほどに過剰な男性性と、軟弱に過ぎるような女性性の
いずれをも良しとしない、人としての中庸さに与するものとなる。

男性性も女性性も過剰であれば色欲に結びつき、色欲が過剰ならばその邪念から
>>60に書いたような理由で心が騒ぎ、刀と共に無難などではいられなくなる。

如来や菩薩の仏像も殊更に性的な特徴を強調したりしない造形で彫られるように、
普遍性を象徴せんとする美は自ずと過剰な性から遠ざかる。そこから完全に
色欲を捨て去った出家者となるのか、俗世での家系ぐらいは守り続ける君子となるのかは
本人の立場にもよる所だが、天下万人誰しもにとっての浄心の指標となるのには違いない。

返信する

062 2019/05/31(金) 19:46:57 ID:/BqzYoQKow
あの、野蛮と妖艶を極める物騒大国のロシアでも、
刀を贈答品にするのは好まれていない。

日本では江戸時代まで、刀を贈り合うのが頻繁化し過ぎていたために、
徳川吉宗が倹約のため高価すぎる刀を贈刀にするのを法度で禁止したほどだが、
これは単なる験担ぎなどには止まらない、実相からの文化的相違があってのこと。

刀身を銃弾などと同じ消耗品として捉えている欧米社会では基本、
刃物の美しさを愛でるような慣習がなかったし(刀装具の美しさを愛でることはある)、
武器に強さと美しさの止揚を求めたりすること自体が前代未聞のことだったから。

武器の美しさなどを仮に追求してみたところで、
強さ一辺倒の野蛮な男にも、性的な美しさ一辺倒の妖艶な女にも
取り立てて好まれることがないから、そもそもの需要が始めからありもしない。

まず、性的な美しさに溺れる色情を忌む貞操観念が世を挙げて重んじられた上で、
それを武具の美しさのような方便によって守ろうとする工夫が加味されたことにより
日本刀のような美麗を極める刀が産まれ、それが贈答品としても好まれるに至った。

どちらかといえば、ロシアよりも日本のほうが世界的に稀有な事例だが、
この世に日本刀が実在している以上は、日本の側が遠慮する必要などはないことである。
(日本ほど高品質な刀を鍛えてきた歴史のない朝鮮がどうであるかは知らないが)

返信する

063 2019/05/31(金) 20:14:58 ID:/BqzYoQKow
「刀の美しさは、野蛮すぎる男性性と軟弱すぎる女性性に与しない」
>>61には描いたが、このうちの「軟弱すぎる女性性」のうちには、
女ならではの心の弱さを原因としたヒステリーをも含む。

野蛮すぎる男とヒステリーに駆られた女、両者の間に
刀なんかを置いたら一体どうなるか、だいたい知れたもの。

ドストエフスキー文学の時代からそんな男女が持て囃されていた
ロシアなんかで刃物が縁起のいい贈り物になるはずがないし、またそこまで
女がヒステリーを表向きにさらけ出していない他の外国でも事態はそう変わらない。

中国であれ朝鮮であれアメリカであれイギリスであれフランスであれ、
日本よりも気の強い女が多い国は枚挙にいとまがないが、
なぜ日本よりも男らしい男が多いとされている国ですらそんななのか。

必要なのは殊更に強い男でも、表向きの態度をよく取り繕う女でもなく、
両者の本音の不埒さをもくじき倒すだけの美しさを持つ刀である。

そうと知れたからには、もう不毛な男女のせめぎ合いは金輪際、全世界で終わりなのである。

返信する

064 2019/06/02(日) 15:20:42 ID:nS12nlU2iw

誰かを傷つけるつもりはないのだけれども、率直に気になる点が4つ。


・無職ゆえ周りの人から敬ってもらえず、肩身が狭くて寂しいのかな?

・本当は楽しく心を通わせたいのに、一方的に自分の話ばかりしちゃうせいで、孤立してるのかな?(自制心のブレーキが効かないほど、寂しさが暴走してるのかな?)

・淋しさに対処できないウサギさんが、愛欲を克服できるのかな?


・愛されたくても愛されたいと言えず、ブクブクと太ったプライドのせいで、ルサンチマンのお化けになっているのかな?

返信する

065 2019/06/02(日) 17:08:35 ID:iFD/n5Um/M
スレ違いの質問に答える以上は、スレ違いの返答になるので手短かに話すが。

これの左側が、去年末に近所の整形外科で撮影してもらった俺の右肩のMRI画像だ。
右側の健常者の画像と比べて、矢印の部分に「バンカート病変」という
肩の脱臼が原因の軟骨の損傷がある。ただし、肩関節自体はすでに整復されている。

生涯収入数億円の医者が何十人と束になっても現状の医学では治せない、反復性肩関節脱臼。
松坂大輔や斎藤佑樹が何十億円という年棒をフイにさせられた原因でもある難病を、自力で治した。

つまり、時価数十億円相当の仕事だ。
同じ質問を俺よりは立場が下の、医者かプロ野球選手にでもしてから出直してこい。

返信する

066 2019/06/02(日) 18:21:29 ID:iFD/n5Um/M
「武士は食わねど高楊枝」とは、普通「やせ我慢」の意味で使われる言葉だが、
宮本武蔵や新井白石ほどにもある種の能力に秀でた浪人だったなら、
逆境などものともしないほどの自信に満ち溢れていたこともあっただろう。

浪人差しは普通一本のみだが、百姓町人と違って長いのを差せたのも誇りの根拠の一つ。
ただ、刀の美しさに相応な内面からの才覚があればこそ真の誇りたり得た一方、
中身カラッポの歩く刀掛け状態の故に、プライドもハリボテということもあったろう。

事実、貧しさに負けて悪行を働くような浪人が
少なからずいたことからも、ろくでもない連中もまたいたことが確かだが。
全員が全員そんなだったとも、それこそが浪人の素性だなどと決めつけるのもおかしい。

いざ登用してみて使い物になった者がいたとすれば、
それは貧しさの中にも真の誇りを克ち得ていたぐらいの傑物であったろうし。

返信する

067 2019/06/03(月) 10:35:19 ID:LrgIiezdxs
昔の刀の内でも、戦国期以前の古刀には製法が失伝していて再現不能なものが多いし、
江戸期の新刀や新々刀にも、今より頻繁に作刀されていたために高CPなものが多い。

文明は一方的に進化し続けるものだとか、
金をかけさえすればいいものが作れるとかいった西洋的、
資本主義的な価値観を、その実在によって否定するものが日本刀でもある。

現代医療では治療が不能な難病を、古流の武道やヨガの援用によって治したり、
そのために極力世の不浄を遠ざけて来たりしている俺にとっても、刀は仲間である。

孟子のいう「世の中を掌の上で転がす」感覚を
確かな根拠と共に抱く者が、自己体現の象徴とするに相応しい道具である。
あまりにも世の中のほうが矮小なら、いかなる世の中での仕事にも勝ることも。

返信する

068 2019/06/03(月) 14:27:50 ID:LrgIiezdxs
自分自身になにもないものが、他力の嵩にかかっても空しいだけだし、
金や権力のような外物を私有できた所で、まだ心もとない。

己れの真芯と不可分にして摂取不捨なるなんらかの偉大さがあって、
初めて人は綻びのない真なる自信を手に入れる。

そのような人間だけが、上等な刀と共にあることも相応たる。
ゲームやプラモデルどころか、妻子や高級車を我が物とする以上に難儀なことである。

返信する

069 2019/06/05(水) 20:34:05 ID:mEV4TMihC.
>>62


>つまり、時価数十億円相当の仕事だ。
>同じ質問を俺よりは立場が下の、
>医者かプロ野球選手にでもしてから出直してこい。




なぜ無職は、恥ずかしげもなくイキるのか?
???? 恒産無くして恒心なし、メンタルが安定してない人種だから。



それと、医者の仕事は病気を治すことではない。
医者は、診察時間内 × 国が許可した方法という制約下で効率よく患者の『手助け』をするだけであり、世界広しといえど、誰の役にも立っていない構ってちゃんな無職の治療費に何億も払う人はいない。


>つまり、時価数十億円相当の仕事だ。
全然つまりじゃねーよ(笑)

返信する

070 2019/06/05(水) 21:41:44 ID:SZDGiMHXAc
俺の整復技術を以ってすれば、肩や肘やその他の関節の故障によって
選手生命を絶たれた数多のスポーツ選手の機会損失を補うこともできる。
それによる経済効果は、最低でも数十億円以上が見込まれる。

スポーツなんかにはなるべく関わりたいとも思ってはいないが、
いざとなればそういう形で稼ぐこともできる。
最高の医者も遠く及ばない超技術によって。

かんなちゅわぁ〜ん(>ε< )ちゅっちゅっちゅっちゅ

返信する

071 2019/06/05(水) 22:07:25 ID:5dZVXf9w7U
そりゃあ凄い、同じ様に肩やら腰やら壊した土方連中に広めてやってくれ。

返信する

072 2019/06/05(水) 23:18:10 ID:SZDGiMHXAc
(震え声)

返信する

073 2019/06/06(木) 09:55:16 ID:UGMTU.6kfY
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t65198288...
ワニさんまだ見てたら、こんなのはどうだろうね?

お遍路や霊峰登山用の杖と一緒に立てかけとけば違和感ナシ。
子供がイタズラするような危険がある場所は駄目だがね。

家族がいるのなら、刀は自分の居場所を確保する口実にもなる。

返信する

074 2019/06/06(木) 23:33:31 ID:jpuSP6oUXg
童貞無職が恥ずかしくて、
高級取りと人気者が恨めしいばかりに、
「俺のテクニックは100億円」と
妄想してるのか?
そんな空疎な自己宣伝をして、虚しくならないのか?
それとも既にある虚しさに耐え切れなくて、誰かに構ってほしいだけか?

返信する

075 2019/06/06(木) 23:41:40 ID:CrYzzKf55I
もし自分の腕を本気で信じているなら、
肩の悩みを抱えている人を実際に治して
感謝されてみろ!その方が、こんなトコ
でくだらない承認欲求を満たすよりも
遥かに有意義だ。

恥をかきたくなければ、偉そうにさえ
しなければいいだけの話。

返信する

076 2019/06/07(金) 10:13:59 ID:PcSlbUeQJM
頭に知恵、手に技能、
やればできる能力を確かに我がものとしている者の自信は、
そんな経験のない者には計り知るべくもないわな。^ ^

返信する

077 2019/06/07(金) 19:24:12 ID:VFlFauffto
凄いねぇ!でもアウトプット出来るのはヨガだけ?
世に出るとか新政府がとかギャーギャー言ってたけどここ数年でどんな変化あった?

返信する

078 2019/06/07(金) 20:17:25 ID:PcSlbUeQJM
自分の体で確実な効用を確認してるんだから、
どんな他人を治せたことにも勝る自身の糧となるわな。

>>65に書いた通り、去年の末に初めて確認したことだ。
それまでに第三次大戦が起こったり、カカア天下の圧制に敷かれて
自分の健康どころではない事態に陥ったりしなくて本当によかった。

俺も結構いい年で、同年代の女はもう子供も産めないような頃合いだから、
年の差結婚も咎められないぐらいの能力者として生きていかねばなあ。
仮に世の中に入って行くとすればの話だが。

返信する

079 2019/06/07(金) 20:58:09 ID:VFlFauffto
いいねえ!妄想が広がってきてて何よりだ
残念なのは以前ほど皆が相手してくれない事

返信する

080 2019/06/07(金) 21:49:40 ID:PcSlbUeQJM
なあ、もう誰も相手にしてくれんよなぁ。

かといって、いい年になるまで好き勝手やってた女を
暖かく迎え入れてくれるイケメンや金持ちの男がいたとしても、
それが後世へのろくな教育材料になるはずもないしなぁ。

返信する

081 2019/06/08(土) 10:27:08 ID:5xwZzATBtk
さも鬼の首を獲ったかのように、誇らしげに自慢しているが、難病を治すなんて事はそんなに珍しいことでもない。
治らない病気というのは、ただ単に「病院の治療では治しにくい病気」という意味だったりするし、俺も完治とは行かないまでも、医者に丸投げしないようにして、難病をほぼ全快くらいの所まで治した事くらいはある。

例えば過敏性大腸炎というよく聞く病気ですら、病院の治療で治る確率は50%しかなく、西洋医薬よりも漢方薬が効いたりするわけだが、医学が純粋な科学とは違うのだという事を理解していないと、「病気を治した俺は、医者より凄い」という勘違いをしてしまったりする。


ちなみにアレフを脱会した元信者も、難治性の病気(アトピー)を信仰で治したと証言しているし、持病の快癒をきっかけにのめり込んだオウムの元幹部もいた事から分かるように、病気からの回復は素晴らしい事であっても、そういうのを殊更有り難がっててもどうしようもない。
https://tocana.jp/2018/03/post_16227_entry_3.htm...

返信する

082 2019/06/08(土) 13:44:48 ID:xmO5d/irSM
「医学が純然たる科学とは言い難い」というのは俺も認めるところだ。
極めていびつで狭い範囲だけを執拗に取り扱っている博物学の一種であり、
数理物理学の理論的な整然さや万物に至るまでの征服性とは対照的なものともいえるが。

それでも、今まさに人々が苦しめられている病を、確立された手法によって確実に
治してかかり命を救うその信頼度の高さ故に、医者こそが最たる尊敬の的ともなっている。

理論的にいびつであっても、治療の原理がよく解明されていて、神秘性などに
頼っている点がないのがかえって民間療法などよりも信頼の置かれている点でもある。

そういった面で、俺が編み出した治療法こそは、むしろ現代医療をも上回っている。
右肩関節の緩みを右股関節に落とし、さらに左股関節や左肩へも分配して引き締める。
伸筋と屈筋、上腕二頭筋と三頭筋、内転筋と外転筋、腓腹筋内側頭と外側頭などの
独立的な調整によってそれを可能とすると共に、それらの不整合による副作用も防ぐ。
そのために活用する技法もまた、全て力学的な根拠を持ち合わせていて神秘性などはない。
(過敏性腸炎も腹直筋と腹斜筋の不整合等を原因としている場合にはこれで治療が可能)

治療の原理が厳密に判明している度合いでも、治療不能とされている病を治せる度合いでも
俺の療法>現代医学療法>その他の民間療法>カルト療法であり、
そもそも現代医学をより高度に理論化させて行く可能性を秘めているのでもある。

返信する

083 2019/06/08(土) 15:41:08 ID:xmO5d/irSM
スレ違いではあるが、なかなか信じ難いことでもあるだろうから、
これ以上のこの手の話がしたかったら以下のスレに移動してくれ。

http://bbs33.meiwasuisan.com/health/1559975762...

返信する

084 2019/06/22(土) 13:29:21 ID:Dg4bvzLr32
しょうもない人が、しょうもない事を書く。

サムライ?中学生みたいな事を書いてて、恥ずかしくないのだろうか?

返信する

085 2019/06/25(火) 20:21:22 ID:9QZw4tOuFE
刀の美しさこそを真の美しさとみなす価値観からすれば、
森羅万象のうちの大半は美しいものだと認められるし、
そうでないもののうちの大半もまた美しいものであり得ると認められる。

薄毛のサルに過ぎないヒトの外見の美しさなどに囚われれば、
それとは価値観がひっくり返ったせいで、美しさへの選り好みが
過剰で神経質になり過ぎたあまり潔癖症となったり、他人や他物を
傷付けることに良心の呵責も抱かないサイコパスになってしまったりする。

いずれの価値観に定住するのかを、必ずしも日本刀美への造詣の有無に
頼る必要があるわけではないが、そういった価値観の相反自体は遍在している。

残念ながら、ホモサピエンスの容貌の美しさごときに囚われている
人間が多すぎるが故に、今や地球全土にまで広がっている人類社会が
全体的に荒廃の様相を来しているのが現状である。

美しさの遍在を認めるか、偏在にこだわる余り遍在を損ねるかは、
無軌道な美意識の肥大ではなく、美意識の洗練によってのみ裁き売ることである。

返信する

086 2019/06/29(土) 21:14:55 ID:lE8KNaI4nE
道端の名も無き仏身も国宝級の其れも仏前では等し

返信する

087 2019/07/01(月) 19:46:31 ID:yQH6WTjHXI
[YouTubeで再生]
人体の美醜こそをあらゆる美醜の根本と捉えている欧米人が、
いざ自然を守ろうなどと考えると、これまた人間中心の独善的なものとなり、
牛や豚を食べながらクジラやイルカの命だけは守ろうとするような矛盾に陥る。

欧米人と比べて見た目が美麗とは言い難い人間が多い日本人への
バッシングばかりを強めているのもまた、同様の理由による。

世界を見れば、随一の美男美女産出国と言われているウクライナやアフガニスタンこそが
ずっと血みどろの紛争が冷めやらぬこの世の地獄でもいる。敵対国同士の緩衝地帯だから
混血が進んで美男美女が生まれやすい一方で、争いも多い。それがこの世の実相である。

道端の、もはや侵食で人間の形をほとんど成してもいないようなお地蔵さんにも
手を合わせられる心がけこそが、石が侵食されて様変わりするほどの長期にわたる平和の
原動力ともなる。これもまた肉体の仮初めな美しさへの固執などとは相反する実相である。

何百年にもわたって変わらない美しさを保ち続ける刀剣への愛好によって、
仮初めの美への妄執を断ち切るのは、その中間ぐらいの心がけであろうか。
煩悩と悟りの橋渡しを用意するやり方自体もまた、極めて大乗的なものだが。

返信する

088 2019/07/03(水) 16:25:55 ID:f9RuGhKHXM
人の醜さに執着している人間の醜さによ。

返信する

089 2019/07/04(木) 19:59:47 ID:y9aU6vBpIU
http://namekkutake.livedoor.blog/archives/17401827.htm...

肉体も顔貌も、醜いよりは美しいほうがいいとも思えようが、
人体の美しさほど機能美から程遠い美しさも他になく、
美しさそのものを競い合う以外のほとんどの分野で足かせとなる。

背の低さや脚の短さ故の重心の低さが時に有利に働き、
脂肪の多さがスタミナや防御力の糧ともなる。
柔軟性を引き換えにした筋肉の付けすぎが運動能力の低下を招き、
自律神経の失調による一層の心神の耗弱をも来たしてしまう。

それでもなお、見た目の美しさと実力の両立ができるのなら、
それに越したことはないのではないかという僅かな希望が残ろうが、
世界最高・最強・最先端を競い合う領域ではそうとばかりも言って居られぬ。

故に、実力よりも巧言令色ばかりが企業人事から偏重され始めてからの日本も弱体化した。
大して国民の見た目が美しくなったわけでもないのに、社会情勢の不安定さだけは
ウクライナやアフガニスタンに一歩も二歩も近づいた。

少なからず性欲のある俗人の立場から言わしてもらえば、
人体の美しさもまたやはり、ないよりはあったほうがいいいと思う。
しかし、それ以外の人としてのいかなる実力にも優先する価値などはないとも思う。
もちろん、世のため人のためを心がける徳性よりも。あくまで先後の問題としては。

返信する

090 2019/07/06(土) 19:46:35 ID:Dp.2omx2mw
醜いものの殺生に、美しい刃物など使わぬわい。
人の命を奪うものだからこそ、刀剣は美しくあらねばならぬのだ。
命への敬意が籠もればこそ、武具も華麗に装い、刀剣も澄み渡るほどに磨かれねばならない。

憎悪や恨み、憤怒で殺めんとすれば、叩き欠いた錆びた鋸刃で十分。
戦をなんと心得る!

返信する

091 2019/07/07(日) 11:01:17 ID:6ma5hn/Dfk
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/39887829...
買う気はないが、サムネでもはっきりと目視できるほど
映りがクッキリと立っている鎌倉期の古刀。
これなら軟鉄製の西洋甲冑ぐらいは胴体真っ二つにできるだろう。
貴重な文化財でそんな酔狂をすべきではないが、やればできる。

単純に、通り魔や幼児襲撃に用いるにはオーバースペックである。
宝物として大事にするだけでなく、武具として有効に扱ってやろう
とする場合にも、用途が限られてくることを自ずから察する。

美しい刀を美しく扱おうとすれば、その時に初めて人もまた真の美しさを帯びる。
葵小僧を井上真改で手討ちにする鬼平のように、それが鼠賊の斬殺の時であることも
あるだろうが、社会的な非難の目を向ける余地もないTPOとなるには違いあるまい。

返信する

092 2019/07/07(日) 11:46:31 ID:6ma5hn/Dfk
鎌倉後期の尻懸で、特保の極め付きで、この作りと保存の良さとなると、
200万で激安、3〜400万でもお得、500万でやっと今の標準価格ってとこかな。
ザギンなら800万以上でも取り扱ってそうだが。

磨上で若干寸足らずなのが難点かな。生ぶ茎なら1000万は下らんだろうが。

そんな大金をかけて手に入れるということ自体が、すでに美しくない。
功労によって贈答される所から初めて、刀の美しさへの接近ともなろう。

返信する

093 2019/07/22(月) 13:19:25 ID:qu19KMkSjI
たとえば、上掲の尻懸ような上作の古刀が、
江戸時代の前期までは武家間の贈答品として好まれていた。

あまりにも高額品の取引が頻繁化し過ぎて財政を圧迫していたために、
8代将軍の徳川吉宗が、古刀と高価すぎる刀の贈答を規制した。(当該書参照)

それと同時に吉宗は、特に薄給な中下級の武士の昇給を取り決めた。
贈刀はただの礼物ではなく、家康公の質素倹約志向に倣って薄給を甘受していた
武士たちへの賞与としての意味合いも持ち合わせていたために、その穴埋めを試みたわけだ。

刀を贈ること、特に武家階級のみが佩用を認められている6尺以上の大刀を贈ることは
これまた武家の特権であるために、富豪からの賄賂などとは明確な一線を引くことができる。
それ故に、贈刀自体は仁義道徳的にも殊勝なこととして江戸時代を通じて振興され続けたのだった。

贈答用に傷物や見栄えの悪い刀を用いるのは非礼になるからとて、比較的低ランクで
いながらコストパフォーマンスの高い刀が江戸中期以降は量産されるようになったようで、
それが今に至るまでの関などにおける刃物産業の隆盛の礎ともなっている。
(中部地方の自動車産業の発達とも全くの無関係ではない)

江戸時代のような平和な時代にも刀が好まれ続けたことが、
政治腐敗の予防や鉄工業の隆盛など、多くの恩恵をもたらした。
もちろん美術品として高い価値を持つほどの刀剣が好まれていたが故の所産だから、
低品質な刀剣しか存在しない諸外国が真似たからといって実現できたことでもあるまいが。

返信する

094 2019/07/27(土) 17:09:43 ID:wO3xPT1yDU
いや、お陰様で日本刀の美に改めて気づかせていただきました。
その日本刀、現代刀ではありますが、困ったことに海外製が流通跋扈しているとのこと。
日本はクールジャパンなどと、くだらぬ所へ金突っ込まず、日本刀「ブランド」などとは呼びたくはありませんが、日本刀文化の保護に真剣に力を注いでいただきたい。

返信する

095 2019/07/28(日) 13:03:19 ID:rtfcEOFoh.
[YouTubeで再生]
こういうのだろう?

ヤフオクでもしょっちゅう出品されては質問欄から警告されてる。
だいたい日本語がたどたどしくて、中華の業者の仕業らしい。

登録証がない時点で日本では違法商品だから警察沙汰だ。
もちろん申請したところで通らないし、
本物を見慣れて来れば遠目からでも偽物だと一目瞭然になる。
鍔とかの刀装具も同様に。

精巧な偽物なんかを作ろうとすれば、原価がかかり過ぎて絶対に割りに合わなくなる。
だから偽銘品等はともかくとして、製法からの偽物に本物が淘汰される心配はまずない。

ただ、この動画のオッサンのように、本物を知らないが故に騙される人間が
多発して刀への評判が悪くなるのは由々しきことだな。現代武道がスポーツ化して
本物の武芸の深遠さからかけ離れているが故に批判されることが多いのとも同じく。

返信する

096 2019/07/28(日) 13:21:59 ID:rtfcEOFoh.
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q24101938...
日本の場合、刀身自体よりも刀装具の詐欺商品の横行のほうがひどい。

真剣はおろか、模造刀に使うのも憚られるような悪趣味な意匠。
日本古来の赤銅や四分一ではなく、青銅か真鍮か、ひどけりゃ亜鉛で作られてる。

これも見慣れてくると一目瞭然だが、ど素人ならたやすく騙されるし、
土産物程度の感覚で買う外国人などはいいカモになるだろう。

これが実は、近年の中国製に始まったことではなく、日本国内でも昔から一定数存在するもの。
戦前に粗悪な官給品の軍刀などを量産していた業者が、失業対策で戦後にも
粗悪な模造品の刀を相当数作り続けたらしく、今でも古い土産物屋などで残滓が散見される。

刀剣文化の軽視自体、日本でも明治以降ずっと長く続いていることで、
偽物を黙認している度合いは寿司や天ぷらの比ではない。

それでも本物が本物ゆえに淘汰される心配がないのも日本刀の貫禄だが、
本物を知らないゆえに勝手に本物まで侮るような風潮が蔓延して、本物の時価が下がり続け、
中華の成金に安く買い叩かれたりすることになってるのはなんとかしたい所だな。

返信する

097 2019/07/28(日) 20:32:19 ID:F6HfkEjrBA
成金に買われるのも、
明和にしか居場所がない
なっちゃって侍に買われるのも、
どっちも不本意だろ。

むしろ、前者の方が
乞食ではない分マシですらある。



※あと、下手な自演はやめようね

返信する

098 2019/07/30(火) 13:08:22 ID:kJQBQGxV3U
痩せてりゃそこそこ美男子なのに、祖父や父に倣って
ブクブクと肥え太り、豚だ19号だと揶揄されて来てはいるが。

そのおかげで米大統領にすら恰幅では負けず、
若さゆえに侮られるような危険性も拭い去っている。
側近が無理にでも太らせただろう計略も大成功というわけ。

この場にヒョロガリのジャニタレなんかがいれば、
どんなにイケメンだったところで下僕か侍従にしか見えまい。

単なる外見というその一点においても、
世間一般で好まれているものと、本当に意味があるものは違う。

むしろ醜怪であるほうが、美麗であるよりも有力たり得る。
だから醜さこそを好めと言われれば、それは俺でも拒むが、
人の美醜などに囚われないようにする心がけぐらいは持ち得よう。

返信する

099 2019/07/30(火) 13:27:51 ID:kJQBQGxV3U
>>97
江戸時代までは、どんなに金持ちだろうとも武家以外は所持を禁止されていた
6尺以上の大刀は、まともに使いこなすためにも相当な武芸の修練が必要だから、
タダの成金なんかが持ってても宝の持ち腐れにしかならない、というのもある。

あと、「油断」という言葉は和製熟語で、中国にはない。
刀に油を塗って清浄な鞘に収めて長期間錆を防ぎ続けるような慣習が
中国にはないから、昔輸出されていた日本刀なども皆錆だらけになってしまっている。
刀の保存には最も不適切な、切っ先を下に向けての保存もあちらでは常套なため、
最も重要な物打ちや帽子部分の損傷も著しい。そして、日本刀ほど精魂を込めて
モノを作るという価値観自体がないから、モノへの扱いが全般的に雑である。

日本においては、大宝律令で工芸品への記銘が義務付けられて以来、
責任を持ったモノ作りの風習が連綿と温められて来た。それが日本刀の品質の向上の
真因ともなって来たのだが、幾度となく王朝が古法ごと断絶させられて来た中国では
そのような慣習が定着する余地はなかった。この差は一時の富裕化程度では
到底埋め合わせられるものではなく、必ずや持ち去られた日本刀も哀れな末路を辿る。

要するに、日本刀の精髄はカネではどうにもならないところにあるから、
成金の投機対象としては不適切であるということ。
貧乏でも家の守りを重んずる者の手元にあるほうがよっぽどマシである

返信する

100 2019/07/30(火) 14:44:00 ID:cnlvkJpZZs
https://www.seiyudo.com/ka-061111.ht...
>賀州住兼若と言えば、当時の 加州では
>「たとえ禄が低くとも”兼若”を持つ者には嫁にやる」と言われるほどの誉れ高き名工です。
>武用に適した刀であったことが窺い知れます。

刀もただ持つだけではなく、その価値を知った上で持つことこそが、己が誉れともなる。
武に通じ、仁徳に通じる者であるがゆえに、その価値をも計り知ることができるのは、
どんなに大金を持ち合わせていることよりも正真な、刀の所有者としての資格となる。

田宮流居合術の創始者なども、職を転々として4年も貯金した上でやっと肥前忠吉に
刀を特注したという。金で買うとしても、それぐらいの経緯があるほうがよっぽど好ましい。

刀との巡り合いが物語になるような立場こそは、君子士人としても最適である。
その美しさに相応な由緒の一環として自分もまた歴史に名を刻めるように精進すべき。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:311 KB 有効レス数:355 削除レス数:6





思想・哲学掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:人間という生き物は醜い(特に外見)

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)