人間という生き物は醜い(特に外見) 東洋的審美眼の真骨頂


▼ページ最下部
001 2019/05/20(月) 10:37:28 ID:jdOeueAT3E
近ごろ、各地の博物館や刀剣店などを巡って各種の名刀を目にしてるんだが、
人の命を奪う道具である刀がかくも美しいのはなぜかという疑問を
考え抜くに至って勘付いたのが、「人間が醜い生き物だから」ということだ。

心ではない。心は美しい場合も醜い場合もあるが、外見のほうは一貫して醜い。

一般に、美男とか美女とか言われてる人間がいるのは、ただ単に性的魅力が強いから
なだけであって、普遍的な審美眼に基づくならそれらも単なる薄毛のサルに過ぎない。

にもかかわらず、性的魅力と普遍的な美しさを倒錯して心焦がした時に初めて、
人は心までもが醜くなる。愛欲を持つこと自体は人の常だが、それが
審美眼を損ねるような事態にまで陥ることこそが致命的に問題となるのであり、
それこそを防ぎ止めるために昔の日本人も刀という、人の命を断ち切る道具の
美術工芸的な洗練に執拗に取り組んでいたのではないかと思われるのである。

返信する

※省略されてます すべて表示...
213 2019/09/21(土) 20:12:21 ID:pYkV3s0euI
本当は和服を着て暮らしたいんだけどなあ。
今の日本は江戸時代よりも10度は平均気温が高いから、
当時の規格に沿った和服は暑すぎて常用できたもんじゃない。

それでもちゃんと和服を着ましょう、日本家屋に住みましょうとなれば、
それこそ日本刀趣味どころではない費用がかさむことになるわな。

カネは大事やぜ。
金満で我を見失うことがないようにするためにこそなあ。

返信する

214 2019/09/21(土) 20:36:48 ID:WkytWrhZ6U
>>213は金持ちアピール?なんかイチイチ上質な物欲しがるね

返信する

215 2019/09/21(土) 20:40:58 ID:pYkV3s0euI
化繊の安物の和服なんか着ても大して見栄えしない上に、
それでもまだ安い洋服より維持費がかかるからな。

返信する

216 2019/09/21(土) 20:49:53 ID:V1ocOdmvdE
見栄えw和服なら作務衣とか甚兵衛とか浴衣でも良いのでは?
むしろ冬のが寒そうとか以前に面倒臭いんだろ?ジャージ楽だもんな。

返信する

217 2019/09/21(土) 21:07:08 ID:pYkV3s0euI
その辺で安いのはだいたい made in china だぞ。
>208の下はダサいけど一応 made in japan。
パジャマも純綿で日本製で安いのを好んで着てる。
金をかけねば格好いい日本製ってのはあり得ないな。
武道着ですら近頃の安いのは中国製だし。

返信する

218 2019/09/21(土) 21:14:42 ID:WkytWrhZ6U
>>217ふーん、ああ言えばこう言うで主義主張に一貫性ないね
お母さんが高い服買ってくれないの?

返信する

219 2019/09/21(土) 21:23:43 ID:pYkV3s0euI
>>206の「金のかかる趣味」うんたらに反論しただけだぞ。
CoCo壱番用の装束ぐらいは一応用意してる。

「孔子せんせえも普段着はわりと貧相でした」
(ろんご)

返信する

220 2019/09/21(土) 21:42:44 ID:9tuhZ.c59E
あ〜ぁ…痛い所疲れておどけ始めたよ

返信する

221 2019/09/21(土) 21:57:00 ID:pYkV3s0euI
ちょっと程度を下げてやりすぎたかえ?

和服を安く着る試みはもう何度も試みたんじゃ。
そのたびに最低限のでも贅沢趣味になる現状に返り討ちに遭ってきた。

贅沢が許されるんなら今後一生でも着てやるわえ。
今は貧乏な世の中だから、なかなか難しいことだろうがのう。

返信する

223 2019/09/21(土) 22:58:23 ID:WkytWrhZ6U
>>221程度に上げるも下げるもないしもともその程度なんでしょ
不平不満に変えようとも努力もしない、新橋でクダ巻いてるリーマンみたいだよね
やっぱお母さんが買ってくれないんだ?和服なんて言うほど高くないし働いて買おうよ

返信する

224 2019/09/21(土) 23:10:02 ID:pYkV3s0euI
帯の太さを見ればわかるように、男物の着物は
刀を差すことで初めて女と釣り合うように作られている。

廃刀令によって強制的に、男物の着物は
芥川や太宰のような文弱の書生にお決まりの装束となってしまったものよ。
反文弱の三島も好んで着ようとはしなかっただろう?

返信する

225 2019/09/21(土) 23:40:01 ID:S.gGnz64NM

敢えて人様を傷つけるつもりは毛頭ないけども、、、、、触れられたくない話をされた時に、「肩が〜、ヨガが〜」とか言って、延々と話を逸らす癖はやめた方がいいよ。


・非モテのルサンチマン
・外見に執着するのは愚かと言いつつ、ガッツリ外見で選んでオ●ニーしてる
・親の財産に養われながら、高尚ぶってるだけ(人に言えないような、空白だらけの経歴。フリーター並みの市場価値)
・釈迦の説いた重要な戒め(無所有と慈善など)を無視しながら、権威ある言葉を都合よく切り貼りしてるだけ


このうちのどれか、或いはいくつかに触れられたくないんだろうけど、そうやって自分の感情に見て見ぬフリをしたり、矮小化する働きを「否認」って言うんだよ。

んでもって否認が働いてる人間は、あんたに限らず、その反動で偉そうに振る舞うもの。言っても無駄だろうけど、お節介までに一応言っとく。

返信する

226 2019/09/21(土) 23:58:25 ID:pYkV3s0euI
たとえば、今までに人を殺した経験が一度もないのに、
「おまえ人を殺しただろう?」と詰め寄られれば、そりゃあ否認するわな。

返信する

228 2019/09/22(日) 00:23:44 ID:9xryBTiogY
そう言えば一時期橋本環奈にぞっこんだったよなw
設定盛りすぎなんだよwこのスレだって刀の良さと
侍の精神的拠り所程度にしときゃ分かり易いべ?
服にしたって今時洒落や伝統とフォーマル位しか
着る機会ないし洋服のが機能的って程度の話。

返信する

229 2019/09/22(日) 10:26:39 ID:Kg8YsqYT5o
機能性に関して言えば、
最高度の身体能力にも追従してくれる度合いでは
 和服(袴や股下) ≒ ジャージ > スーツやジーンズ
だし、擦過などに耐える度合いでも
 和服 > ジーンズ > ジャージ >スーツ
である。

>>208のジャージ下も、もう穴が開いてしまった。
格闘技用の被服はなぜ和服風のものが世界中に広まっているのかも考えてみればいい。
もちろん俺も武道練習時などには道着を着ている。

返信する

230 2019/09/22(日) 10:52:11 ID:Kg8YsqYT5o
柔術系の受け身や絞め技は、裸でなけりゃあどうしたって
和服並みにゆったりとした被服でないと務まらない。

着てみりゃわかるが、柔道着の股下も実はかなり幅広にできてる。
(戦前の日本軍のズボンもこれに近い構造をしていた)
ジャージ含むトレーニングウェア並みの運動追従機能と、
容易には破けない耐久性の両立を図れば自然と、
人間の被服は和服風に行き着くようになっている。

軽作業の商売が主な仕事である現代人にとって、
和服は機能的でないのではなく、機能過剰なのである。
いついかなる時も居合腰での戦いに臨める用意が必要な武士にとっては、
袴での生活が機能上からも不可欠だったわけだが。

返信する

231 2019/09/22(日) 11:13:25 ID:Kg8YsqYT5o
あと、和服は女物のほうが帯が太いぶんだけ保温性が高い。

筋肉量が多くて暑がりな男と、少なくて寒がりな女の同居に考慮している点でも、
礼装ほど女の露出度ばかりが高くなる洋服よりよっぽど機能的である。

女の帯を太く作る風習も、「戈を止めると書いて武」という日本刀の精神性も、
どちらも四書五経中の「春秋左氏伝」の記述を参考にしているものである。
(被服をゆったりとした型取りにするのは「易経」繋辞伝の推奨)

ちゃんと思想哲学的な裏付けがある上に、普遍的な合理性も伴っている。
それが今の世の中に合わないということは、世の中ほうが
普遍性や合理性を失ってしまっているということでもある。

返信する

232 2019/09/22(日) 12:50:58 ID:VTG0.9TKyQ
普遍的な合理性ね、見栄えも含め洋服が台頭してるのは事実
しかしお前は経済>哲学で洋服を着る…ダサすぎるわ。

返信する

233 2019/09/22(日) 12:58:25 ID:Kg8YsqYT5o
女にこんな格好させて見て楽しむ代わりに、
寒さに耐えさせられるが故の思い上がりを募らさせたり、
冷房温度をやたらと上げられたり。

日本の女がヒョロガリの男を好むのも、
自分が厚着して男に体感温度を合わせるのの逆だわな。

なんにしても、薄着の女を持て囃してるような男が文句を言えたことではない。

返信する

234 2019/09/22(日) 13:34:33 ID:Kg8YsqYT5o
現代が舞台の和服キャラってのは、漫画の中ですら噛ませ役が主なんよな。

石川五右衛門あたりとなにが違うかといえば、やはり刀を差していない点。
男の和装はあくまで刀が主体であって、被服は副体に過ぎん。

極端な場合、横綱みたいなまわし一丁に大太刀一振りでもかまわんわけである。
なぜかまわんのかは、男のみぞ知ると言ったところか。

返信する

235 2019/09/22(日) 13:38:19 ID:VTG0.9TKyQ
>>233
極端な例で話を逸らすんじゃねえよクソバカ野郎w
声高に叫ぶ和服が最上級ってのは違うって事。
で、偉そうに読む気にもならねえ駄文で武装した
お前が着ているのは洋服で見た目も心も醜い事。

返信する

236 2019/09/22(日) 14:04:22 ID:Kg8YsqYT5o
これも、立派な「和装」である。

なんにしても、今の俺の身体能力では、
ストレッチ性のないスーツやジーンズはあっという間に破けてしまうから、
いざという時には嫌でも和服か武道着を着るしかないわな。
軍用のカーゴパンツでも破いてしまったことがあるし。

あとまあ、格好良く見せようともしてない相手の
見た目をいくらけなしても、「蛙の面に小便」ってやつだ。

返信する

237 2019/09/22(日) 14:30:57 ID:Kg8YsqYT5o
近頃よく俺の話し相手になってくる奴、一体誰なのかも何人がかりなのかも知らんが、
俺の意見にも賛同できない、文章も駄文で読む気になれないで、
よく相手をし続けるだけの情熱を保っていられたもんだな。
俺の考えを変えさせられる見込みも全くないのに。

俺のほうは、考えの整理がてらの話が捗って助けになってるぐらいだが。
ほんとありがとうな。^ ^

返信する

238 2019/09/22(日) 14:39:34 ID:VTG0.9TKyQ
>>236
ミルスペックのカーゴ!?サイズ合ってたか?
和服より優れた物がある事を知らないのか…。
いざと言う時は好きな格好しろよw
自分を格好良く見せたい願望半端ないと思うw
文章、嫌な事からのスルー、とにかく同じ物を
自分に合わせるなら上質な物をって表面上そう
言ってても深層から滲み出てるからな。
格好良い事言ってても普段は洋室で洋服だろ?

返信する

239 2019/09/22(日) 19:17:58 ID:Kg8YsqYT5o
格好良くなりたいという思いはまああるけれども、
その先にいるのがこの人(國井善弥氏)とかなんで、
たぶん「いかにして格好良くなるか」という話自体が噛み合わないと思う。

見た目がそんな美男子や男前でなくとも、
米軍の銃剣術教官を難なくねじ伏せるほどの武威によって、
自然と大の男が感服させられるだけの格好良さを帯びている。

>>154の武蔵像だって美男とかなわけではないし、おまけにハゲだが、
そんなことはどうでも良くなるぐらいに荒武者としてのオーラが出ている。

断じて女にモテることなどを目的とした部類の格好良さではないが、
だからこそ俺のような男までもが心から認められる格好良さにもなっている。

返信する

240 2019/09/22(日) 19:41:29 ID:Kg8YsqYT5o
そういう、男が惚れる系の格好良さすらもかなぐり捨てる部類の
聖人然とした人間像もまたあって、これは個人的にはなりたいとまでは思えないが、
よく崇敬していかねばならない人種ではあるのだろうなとは思う。

この人を初めて見たときは、臨済宗の高僧だった玄峰老師とかを思い出したもんだが、
なぜこの人は本職の坊さんではないかというに、今の金満まみれの仏門などに
収まっていられる志しの持ち主ではないからなのだろうなと察したものだ。

ただ、この人自身も奥さんに逃げられてるし、>>239に書いたような格好良さを追求する
男たち以上にも妻帯などが向かない人種である。その辺はちゃんと、本格の出家僧
としての社会的立場等を整備してやるのでなければ擁護してやれもしない所である。

仮に、この人がショーンコネリーみたいにダンディな爺さんだったとしても似合わないし、
そうだったとすればここまで挺身的な慈善活動に邁進したりもしなかっただろう。
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ、色気などなければこそなれる聖賢もまたあるのである。

返信する

241 2019/09/22(日) 20:26:04 ID:VTG0.9TKyQ
>>237
それは何よりだなw人生の何の糧にもならんのにな。

返信する

242 2019/09/22(日) 21:26:52 ID:Kg8YsqYT5o
糧にならんのはどっちやねん

返信する

243 2019/09/23(月) 00:14:33 ID:F8Om54FAzE
答えられない事はスルーするのに気に入らないと噛み付く幼児みたい

返信する

244 2019/09/23(月) 00:58:16 ID:BMk3XGUkLo
>>239
國井善弥氏は存在自体がかっこいい。

>>213
10度はちょっと大げさでは?最も温暖だった縄文早期でも、そこまで高くなかったような。

>>165
興味深い映像有難うございます。

>>160
平安時代から室町時代にかけて、最も多く人を殺傷した武器は弓矢。次が槍。
室町末期から漸次鉄砲が主役の座に着く。その間、戦場における刀の役割は
専ら首切りだったのは事実。但し、江戸時代の末期、いわゆる幕末には、
日本刀が戦闘の主力だった。もちろん、野戦では鉄砲にかなわないものの、
室内戦や敵味方入り乱れての乱闘では刀が大活躍した。
明治になっても、西南戦争では薩摩兵の示現流が鎮台兵を脅かし、逆に政府
軍の士族による抜刀隊がよく薩摩兵を苦しめた。さらに、日清戦争に於いて
さえも抜刀兵が相応の働きをしている。

返信する

245 2019/09/23(月) 12:21:06 ID:cpTqiVyXc6
「大量殺戮」が可能な武器や兵器ほど、普遍的に優れているのか?

狙撃銃よりも機関銃のほうが、戦車よりも自走砲のほうが、戦闘機よりも爆撃機のほうが
より大きな火力で大人数の弱者を痛めつけられるから、あらゆる面で優れているというのか?

兵法書「六韜」の虎韜(虎の巻)には、
「都市攻略の際には、敵方の責任者を明確化してその処罰を布令せよ」とある。
その心は、戦争犠牲者の無益な増加を極力防いで、都市をなるべく無傷に近い状態で占領するためである。

日本刀こそは、「敵将の首を取って戦を終わらせる」というその最大級の用途により、
どんなに強力な兵器以上にも虎韜の秘伝を遂行することに特化された武器である。

敵地の占領を穏便に執り行うことは、軍事以上に軍政上での重要な意味合いを帯びている。
刀はまさに、軍政のための道具としてこそ最上級の効用を発揮するものである。

もちろん護身用の武具としても格好だし、剣術の修練が至上の戦術感覚を養うものでもある。
個人的には、難病を治療するための必須アイテムになりもした。
この世に利益をもたらす武具としてこそ、未だに日本刀を超えるものはないともいえる。

返信する

246 2019/09/23(月) 17:37:31 ID:l.sl1P/2hY

病気が再発するかも知れないからと言うが、病気になる前からプー太郎じゃないの?

今の経済や仕事のあり方に問題点があるのは誰もが知ってるが、かと言ってあんたみたいに何も生産しなかったら、共同体が破綻するわな。

ヒトに何かを売りつけたり、後ろめたい事をせずとも、ヴィジョンと能力さえあれば、小さくとも自分でビジネスをする事はできるんだから、文句言って無職でいるよりは、何か自分で始めればいいんだよ。


(生計に関して)あんたは自分の手を労することも汚すこともせず、ただ親に寄生するという最も楽な道を選んでおきながら、坊さんごっこや侍ごっこをして、偉そうに御託を垂れる卑怯者でしかない。
もしカネを稼ぐのが汚い事だと言うなら、その汚いカネで買った食べ物を食べてるあんたの体も汚いだろうに。

君は外見云々の話ばかりするが、外見云々以前に、そんな男と付き合いたがる女がいるとでも思ったのかい?
もしあんたが娘を持つ父親だったなら、そんな男は言語道断に違いない。

返信する

247 2019/09/23(月) 17:44:44 ID:l.sl1P/2hY
>>228
恋愛経験が無い男ほど、高望みの度合いが激しいんだから、「援交かよ」と思われるほど年の離れた女が好きなスケベオヤジだったとしても、何ら不思議はない。

所得の低い人たちほど、宝くじやギャンブルで一発逆転を狙いたがるのと同じ。

返信する

248 2019/09/23(月) 18:44:20 ID:cpTqiVyXc6
このスレ自体が、人の外見を論題の一つにしているから、
それに合わせて外見の話もしているだけでな。
基本的には、容貌に関する話なんかそんなにして来なかったし、
それに合わせて、ここでも批判的に取り扱っている。
美麗な容姿で異性にモテたいとかいう願望などが始めから
どこにもないのだから、それを大前提にしたような
物言いからしてお門違いもいいとこ。

ハシカン云々も、絶対に自分とは一生縁がない相手だからこその戯れだったな。
女にモテるための努力など何もしてないし、する気もない所からの戯言。
キモオタが二次元のアニメキャラにブヒ付いたりするのともなんら変わりの
ないことだったと俺自身が認める。それにより、異性づきあいなどに
さして真剣になる気がない意思を示したまでのことである。

返信する

249 2019/09/23(月) 19:02:32 ID:cpTqiVyXc6
いくら不労安逸の清浄さを謳う俺の物言いの揚げ足を取ったところで、
俺自身がその清浄さの果報によって難病を治せたことには変わりない。

無職期間を挟むこともなく、若いうちから医者や医学者や療法士などになって
働いていたりしたのでは絶対に治せなかった病が、長期無職の功徳によってこそ治された。

それは、俺自身の身を以ての確信と、医者からの診断もあることのため揺るがしようがない。
そしてこれこそが、他者への善根の回向の糧ともなる経験でもあったのだから、
あえて無職であり続けて来たことを含む全ての経歴を少しだって非難される筋合いはない。

俺の人生にとっては、まさにこれこそが最善の選択であり、故に最善の結果を得た。

すでに善因善果という結果が伴っていることに対して非難を加え、
ああすればいいだのこうしろだのと上から目線の指図だけする、
ここじゃなくて自分ちの便器の底にでも向かって語りかてたほうが分相応ではあるまいか。

返信する

250 2019/09/23(月) 19:23:22 ID:ZfHhdWO/dg
簡単にまとめると>>1の言ってる事は全て正しいって事?
矛盾や間違いもその時々に意図的に行っているんだね

返信する

251 2019/09/23(月) 19:36:48 ID:XBi8PN61WY
>>250
その通り!
未だ欧米が崩壊してないのは笠地蔵のおかげ!
近い将来侍傘地蔵を頂点とした軍事帝国が勃興!
江戸時代の様な豊かな日本が蘇る!
現代医学を超越した健康社会!
誰もが働く必要のない日本!
残念ながら笠地蔵の思想を理解できない我々は処刑対象なんだけどな!

返信する

252 2019/09/23(月) 19:37:21 ID:cpTqiVyXc6
人間誰にでも間違いはある。
言い間違いや、言葉の綾や読解力不足による誤解。

そういう瑣末な過誤は仕方のないこととして、
総合的に見てもやはり一貫性がないかどうか。

あるんだなあ、これが。
俺自身もその全容を把握しきれない域に至るまで。

返信する

254 2019/09/24(火) 12:08:46 ID:AwBDKOv1T.
誰しもが無職にまでなれずとも、苦渋を尊んで安逸を卑しむような顛倒ぐらいは捨てて、
(宴席で「俺が若い頃はサビ残ぐらい当たり前だった」云々と自慢するような不埒さなど)
なるべくなら奴隷にならず、なれるものなら無職になりたいぐらいの志しの高さでいられるように。

無職になったからといって全く何もできなくなるのではない。
むしろそこでこそ享受できるより真面目で高尚な勉強や修行があり、
それによって医者にも治せないような難病が治せたり、
大学教授やアスリート以上の能力が得られるようなこともある。

単なる無職では、体裁が悪いのも確かなこと。
今は俺だけでなく尾畠春夫さんなども、仏門の腐敗具合を警戒して出家などは避けているが、
出家者ともなれば肉食妻帯商売を本当に禁忌とする本物の仏門を建て直して、
そこを「尊ばれるべき無職(住職)」の居場所として整備して行くべきでもあろう。

こういったことも、今までに何度も何度も述べて来たことだ。
にもかかわらず「この世の全員が無職に!」だの「逆らう者は処刑!」だのと、
事実無根の決めつけを何度も何度も一つ覚えで吠え立て続けるのは、
痴呆でなければ確信犯のアンチぐらいのものだろう。
そういう連中は匿名ネット全域においてスルーが基本とされているがな。

返信する

255 2019/09/24(火) 14:15:02 ID:AwBDKOv1T.
佐藤寒山も傑作と認める二代兼元。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s68773961...

東博で見た兼元もこれに似た、刃縁のよく締まった刃紋だったと記憶している。
国宝重文級の名刀が数多ひしめく展示室の中では、反りの低さや身幅の広さが
ひときわ武骨さを醸し出していて、お世辞にも美麗な部類ではなかったが、
室町期の実用刀の最高峰という点では兼定や祐定をも上回っているといえる。

当時、香取神道流や鹿島新当流(塚原卜伝の創始)などの最古層の剣術流派が
ポツポツと現れ始めた頃で、兼元の刀もこれに合わせて刃長や茎を長めに
採っている点がこれ以前の片手打用の刀とは異なる。祐定の茎が短すぎるために
諸手刀法で柄が折れたなどというのは有名な実話で、少なくともこれ以前には
打刀を今の剣術のように両手で駆使する技法は主流ではなかったようである。

規格としては、剣術稽古に準拠した形状が主流となった江戸期以降の新刀のはしりである。
古流といえども、現代に伝承されている剣術に用いるのであれば、兼元以降の刀のほうが相応しい。

ただし、反りの低い刀を両手で振るのと、高い刀を片手で振るのとでは、
前者のほうがずっと刃筋を通すのが難しく、三島に後代兼元での介錯を頼まれた
森田必勝も何度も斬りつけに失敗し、刀をS字状に曲げてしまったという。

刃筋を通す鍛錬をちゃんとこなしていない素人なら、これまた扱う資格がない。
現代人が刀の正しい扱いによってその真価を計り知るのは極めて遠く険しい道となっている。

返信する

256 2019/09/24(火) 14:34:24 ID:AwBDKOv1T.
兼元が創始した「三本杉」という刃紋自体、どうにもただ美しいとは言い難い代物である。
一見しただけなら備前刀の重花丁子だとか、大阪新刀の濤乱刃とかのほうが美しい上に
派手だし、まず美しさを計る上では規則性が強すぎるように思える。

しかし、これこそを武骨さの極みとして愛好した武将も数多いし、
俺もその気持ちが分からなくはない。他の乱れ刃やのたれ刃はおろか、
直刃以上にも「刃紋の美しさを愛でる」という行為への惑溺を拒絶させんとする紋様。

刀は構造上、刃紋ができるように作ったほうが強さと切れ味を両立させられるのだから、
刃紋をなくすなんてことは考えるべきでもないが、かといって刃紋の美しさばかりに囚われて
武備を疎かにするのでは本末転倒となるから、刃紋そのものに耽美への戒めを込めたのではないかと。

そんな兼元を最上位工とする美濃伝の刀が、全体的に美術的評価が低くて
現代では二束三文で売り買いされてることが多いのも由々しき事態だといえるし、
欲しがる側からすれば買い時だともいえる。これこそを最も欲しがったりするのも偏屈に過ぎるだろうが。

返信する

257 2019/09/24(火) 15:17:35 ID:AwBDKOv1T.
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m35799132...
刀剣史上、おそらく最も同名刀工の多い備前祐定。

中には数百万円を超えるような高級品もある一方、二束三文のクズ刀もある。
そのクズ刀も別に贋物とかいうわけではなく、下位工の祐定の真作だったりする。

なぜそんなことになっているのかというと、室町期に備前長船派が
数打ちも認める量産体制に入って、名代を安売りし始めたからである。

匂出来の刀の美しさでは最高峰の誉れを受ける流派だったにもかかわらず、
その美しさに陰りを見せ、機能面でも低位に甘んずるようなナマクラを量産した。
剣技の嗜みのない素人向けで、茎から寸足らずな片手打ちの刀も特に多い。

美しさばかりにこだわっていた流派が、増産に転じ始めた途端に手抜きを始めたのと比べれば、
最上位でも三本杉の兼元などが代表である美濃刀は、増産にかけても高CPを維持し続け、
信長秀吉家康らの天下取りの多大なる助けになった点が確かに優れているといえる。

三本杉刃紋の規則性による模倣のしやすさも、高CPな刀の量産にとっての助けになったろう。
美しさにこだわり過ぎることの弊害をうまくいなした日本刀までもが実在するのは特筆すべきことである。

返信する

258 2019/09/24(火) 15:36:15 ID:ga4FKw9uBg
美濃伝の刀の、見た目の美しさを蔑ろにしてまでのCPの確保という姿勢は、
良くも悪しくもトヨタなどの日本の量産化工業にも受け継がれている。

山城、大和、備前、相模、美濃という刀剣五ヶ伝の中では、自他共に認める最低位である
美濃伝の工産姿勢だけがかろうじて近代工業にも通用し、シェア面からの覇者ともなっている。

仮に備前伝や大和伝の、より高邁な職人姿勢を現代に適用しようなどとすれば、
あっという間に体制が瓦解して、戦国期のような粗製乱造状態に陥ってしまうだろう。
(大和も後代には土産物用の数打ちが専門の不毛地帯になっていた)

日本刀の作刀姿勢とも全くの無関係なのではなく、作刀姿勢としては最も低位な
あり方ばかりに倣っているのが現代の日本工業であり、量よりも質を尊ぶのであれば
新機軸による発展などがまだまだいくらでも見込めるのである。ただそれはもう、
酒の席で過労を自慢するような団塊的卑俗さでも務まることにだけはならないであろう。

返信する

259 2019/09/24(火) 18:28:38 ID:7tvUbRYGyc
自動車産業分かってないねS660からセンチュリーまで調べてみてな

返信する

260 2019/09/24(火) 19:08:05 ID:AwBDKOv1T.
その辺とかレクサスとかが、美濃刀でいうところの兼元や兼定みたいな
上位工の作品に相当するわけで、低ランクの日本車はもっと下位の刀工の作品に相当する。
下位であっても美濃伝ならそれなりの品質を保っている一方、量産型祐定などはさにあらず。
そちらに相当するのは故障しまくりのアメ車とか、排ガス垂れ流しまくりのVW車とか。

値段の高さや最高速度だけなら、フェラーリとかランボルギーニとかロールスロイスとか
上には上がいろいろとあるが、金持ちの購買意欲をくすぐるような奇抜さに長けるだけで、
故障のしにくさとか乗りやすさとか最低限の品質で日本車を凌駕しているわけではないので、
最盛期の備前刀や相州物のような高級さを帯びているなどとは言いがたい。

品質や機能性も含むあらゆる面で日本車を上回り、最高級でもあるような車、
現時点においては実在しないし、作れるとしても日本人だけだろう。
「車」という工業製品にそこまでする価値があるとも知れないが。

返信する

261 2019/09/24(火) 19:28:48 ID:7tvUbRYGyc
>>品質や機能性も含むあらゆる面で日本車を上回り、最高級でもあるような車、
現時点においては実在しないし、作れるとしても日本人だけだろう。

外車乗った事ないのかな?
高級車クラスと言うとメルセデスのE以上としてもGSやLSと比較してごらん
品質を壊れにくさとするならそこは哲学の違いだよね、ブッシュ類の交換とか
長持ちした方が良いか寿命はあるけどパフォーマンスを重視するのか
あと1000万オーバーの車はなるほどって思う所あるよ

返信する

262 2019/09/24(火) 19:44:28 ID:AwBDKOv1T.
備前伝は美麗な刃紋の増産が叶わず、相州伝は焼き入れ温度を極限まで高める
作刀技法の難しさを普及させられず、刀の量産という面では一定の挫折を見た。
代わりに美濃伝や肥後の同田貫などが、質と量の両立という点では先んじた。

それほどにも工産業態のバリエーションが豊富であり、
世相の転換にも柔軟に応じられること自体が日本刀文化の奥深さの恩恵でもある。

欧米にだって最高級品を妥協なく作り込む工匠文化や、大量生産の文明はあるが、
両者をできる限り両立させて行くという発想がなかったものだから、
一時は日本製品の輸出攻勢に圧され、円高攻勢で日本自体を抑圧し返して後は、
日本式の量産体制が移管された中国やアジア諸国の攻勢に圧されている。
(黄色い猿などから何も学ぶことはないとする差別意識もまた仇となり)

信用ある会社が作った車なら、10万キロ走ろうともまず壊れないという保証。
その起源を辿ってみれば、実はある種の日本刀にあったりもするのである。
日本刀が取り立てて美しかったりするのは、さらにその先の領域にあること。

返信する

263 2019/09/24(火) 20:01:47 ID:AwBDKOv1T.
>>261
相州伝の正宗に準ずるような刀は、焼き入れ温度が高いから鍛え割れを起こしやすい。
だから沸出来の刃紋の美しさと引き換えに多少の鍛え傷があったりするのが、
ある程度は黙認されるべきとかいったような風潮が、刀剣界でもあるんだってさ。

でも鍛え傷があるような刀を恥ずかしげもなく売りに出すのは、刀匠としてのプライドが許さない、
特に原料になる鉄の品質が安定し始めた江戸期以降には以ての外、ということで、
相州伝は正宗という究極の始祖を持つにも関わらず、衰滅せざるを得なかったんだ。

故障しやすいのに高額で売り出されてる外車とかも、これに似たようなもの。
たとえ金持ちが節税目的で買ったところで、やたらと壊れやすかったりするようなら、
常用するのはサブの日本車とかになってしまう(日本の医者とかはよくこういう乗り方をしている)。

多少切れ味がいいとか、乗り心地がいいとかの機能面での優位性があったとしても、
総合的にプラマイゼロ以下であるようでは、最後は見栄っ張りのやせ我慢のための形骸となる。
正宗や貞宗並みの伝説的遺産が尊ばれようとも、現行品の人気は必然として衰えるのである。

返信する

264 2019/09/24(火) 20:08:06 ID:7tvUbRYGyc
VW GM シトロエン プジョー良い大衆車作る所もあるよ
特にフランスの車は他に無い哲学を感じられて楽しいのに
あと国内生産のカブ以外最近の国産車も結構ガタピシだよ

返信する

265 2019/09/24(火) 20:23:53 ID:AwBDKOv1T.
LAST SHOGUN こと徳川慶喜も実は「寿命(としなが)」とかいう、
兼元や兼定よりもはるかに作位の低い美濃の刀工の作品を
好んで差し、多数私有していたともいう。

将軍なら正宗でも虎徹でも、名刀が選り取り見取りなのにあえてしなかったのは、
慶喜が刀剣嫌いだったためなどとも一部で噂されているが、そういうわけでもない。

一橋慶喜の故郷である水戸藩は、とりわけ質素倹約を重んずることで知られた藩。
刀剣もまた高額すぎるものは避けていたが、かといって粗悪な刀を差していざという時に
折れたり曲がったりしたのでは武士の名折れともなる。そのため水戸藩士たちは
安価な刀を買い込んでは川に赴き、腰まで浸かっては刀の側面を川面に打ち付けた!

表面張力で川面は岩のような硬さとなり、粗悪な刀はみんな折れるか曲がってしまう。
それでも無事でいた刀だけが、用に足るものとして佩刀に採用された。

慶喜公の刀もそういう刀の一つであり、美濃伝が下位工に至るまで品質の保証された
流派である逸話ともなっている。刀にとって「折れる」ほどの弱点も他にないわけで、
如此く品質の位列をよく整理してきたこともまた、作刀文化文明の恩恵であるといえよう。

人間にとって、その物品に対して何を最も要求するかの位列。
壊れにくさが低位に位置するのなら、日本車がそう売れたはずもない。

返信する

266 2019/09/24(火) 20:45:13 ID:AwBDKOv1T.
刀にとっての一番の問題は「折れる」ことだし、
車にとっての一番の問題は「壊れる」ことだ。

他にも問題になることはいくらでもあるが、これらに優る
問題とは認められないものだから、優先順位としては低い。

止持戒あっての作持戒、最低限できていることがあった上での付加価値。
その篩にかけられて淘汰されるものと生き延びるものとの
命運が分かたれること自体は、別に悪いことでもない。

だいたいそれこそが、キリスト教の試みでもなかったか。
自分たちが淘汰される側になることを想定していなかっただけで。

返信する

267 2019/09/24(火) 21:19:54 ID:KsX1H.XKKs
話に付いて来れなくなると……華麗にスルーw
この厚かましさは役人みてえw

返信する

268 2019/09/24(火) 22:11:37 ID:AwBDKOv1T.
追いかけてんじゃねえ
付いて来させようとしてんだ

返信する

269 2019/09/24(火) 22:14:38 ID:KsX1H.XKKs
はぁ!?誰がお前みてえなのに付いて行く?
お母さんとお父さんかw大変な債務をこさえたもんだw

返信する

270 2019/09/24(火) 22:31:47 ID:AwBDKOv1T.
俺に付いて来ないのなら、あとは離れて行くだけだ。よかったな

返信する

271 2019/09/24(火) 22:42:13 ID:7tvUbRYGyc
確かに車が壊れないに越した事はないよね
窓落ちとか内装剥がれなんかは変な話誤差だよ
それ以上の魅力があっても故障で降りる人多いね
さっきも書いたけど国産車もリコール含め細かい
故障あるんだけどね
スレ主には海外生産になる前のカブおすすめだよ

あとよく分からないけど日本刀と車、例えとして
どうなんだろ?車は壊れてもエンジン買ってきて
載せ替えれば動くけど

返信する

272 2019/09/24(火) 23:16:39 ID:KsX1H.XKKs
この気の短さw
この話の一貫性のなさw
早くお寺行って修行して来いよw
「俺に付いて来ないのなら、あとは離れて行くだけだ。」
カッケーw
超カッケーw
…でも親はこんなのでも子供だから可愛いんだな

返信する

273 2019/09/25(水) 10:14:25 ID:CHdk2oUP4g
車のエンジンを載せ替えるとか、刀でいえば拵だけ残して刀身を交換するようなもんだ。
全てが一点ものな日本刀ではほとんど不可能なことだが。

三十二年式とか九五式とかの、量産品の軍刀あたりならできないことでもない。
つまり、全く同一規格の製品を量産している点などでは、自動車は日本刀よりも軍刀に近い。

車を含む日本製品が、1970年代ごろまで粗悪品混じりだったのもこのため。
工業規格の量産品の生産なんかに力を入れることに根強い抵抗があったから。

量産品の消費に慣れきってしまうと、人間は格物致知の能力が段違いに落ちる。
全ての物品は消耗品に過ぎないと決め込んで、単純にモノを粗末に扱うようにもなってしまう。

工業製品の中にもヴィンテージ的な付加価値を帯びるものがあるが、
それも限定品だったりレアな古物だったりすることを主な理由としている。
大量生産による儲けが第一な近代工業にとっては副次的な要素に過ぎない。

返信する

274 2019/09/25(水) 13:14:05 ID:CHdk2oUP4g
モノを大切にしない人間は人も大切にせず、人を大切にしない人間は国も大切にしない。
玩物害知寓意邪心、滅身蔑家亡国乱天下。

「どうせこれを壊したって代わりがあるから」
刀だって乱戦用にクズ刀や贋刀を用いることはあったが、
最高級品に至るまでそういう扱いでも構わなくなるのが工業製品。

人だって利用するだけ利用すれば使い捨て、国だって税制を強めたりすれば捨ててやる。
何もかもを安易な実用の対象とばかり決め込み、最後は自分自身までもがその毒牙にかかる。

単純にそれは、つまらないことである。
そんな精神状態や言動規範に陥ってしまったのでは、
どんなに大金があって、なんでも買えるような立場になろうとも、何も面白くない。

自分自身の浅ましさこそが、あらゆる物品を鼻紙も同然の消耗品と見なしてしまったがために、
宝の山までもが鼻紙の山に見えるようになる。程度の差こそあれど、そういった篤心の
欠如ゆえの心の渇きに陥ってしまっている人間が、大量生産大量消費の時代には多いものだ。

返信する

275 2019/09/26(木) 09:41:40 ID:jByq1.44ts
刀装具も色々と調べてみてるが、これにもやはり刀身などと同じくランクがある。

最高ランクのものはおおむね赤銅(銅と金の合金)で、次が四分一(銅と銀)や山銅(未精錬銅)。
これらは酸化膜が黒や黒に近い銀(ガンメタリック風)で、仮に擦り切れて
地金の色が出てもしばらくすればまた色が戻る自己修復作用がある。

これらの銅合金製で、なおかつ魚々子彫とかいう滑り止めを兼ねた表面彫刻を
施すのが最々高級。少なくとも現代に多数残っている江戸時代製のものは概ねそう。

返信する

276 2019/09/26(木) 09:46:28 ID:jByq1.44ts
はっきり言って、それ自体は地味を極めるもの。
ただでさえ黒く仕上がる表面に、さらに艶消し的な風合いになる彫刻を施す。
現代でいえば陰キャが好む黒服にも近いような装束こそが最高級扱い。

室町時代なら足利将軍しか金細工が許されないとかの制約があったようだが、
安土桃山時代にそれが解除されて誰でも派手な拵を差せるようになった。
ただ徳川家康がそのような派手趣味を忌み嫌い、助真拵のような実直第一の刀装を
好んでいたものだから、武士たちもそれに倣い、江戸期の刀装具は質朴なものが主になった。

派手な刀装が全くないというわけではなく、元禄期の豪商の脇差などには
秀吉的な金ピカ趣味のものも若干数見られる。そんなものを「粋ではない」
として忌み嫌う江戸っ子の気風こそは当時のオシャレだったわけだが、たとえば
赤銅魚々子地の刀装具が重宝されるような方向性こそがその根源であったからには、
現代のオシャレ感覚などともかなりかけ離れたものだったことが明らかだといえる。

返信する

277 2019/09/26(木) 10:03:14 ID:jByq1.44ts
赤銅魚子地の刀装具が最高級扱いされるような時代もあれば、
金無垢のロレックスやダイヤを散りばめたカルチェが最高級扱いされる時代もある。

オシャレの基準なんてのは時代時代によってコロコロと変わるもの。
西洋文化主体の現代ではあまり見栄えのしない日本の男などにも、
かつては自分たちならではのオシャレ文化があった。

表は地味に、裏は派手にといったコントラストの強調などもその内。
少なからず地味な部分があるからには、何もかもを派手に仕立てるものと
比べれば一見して地味に見えることは避けられない。その初手の劣勢さを乗り越えて
滋味深さのあるオシャレの価値を認められたなら、若いうちだけに止まらない
終身に至るまでの楽しみともなり得る、最終勝利者にこそ相応しいオシャレである。

返信する

278 2019/09/26(木) 10:32:23 ID:jByq1.44ts
>>275-276画みたいなのが、刀装具のパブリックイメージとして
よく見受けられるものだとは思うが、ただそうなだけでなく、
日刀保の重要刀装具や特別重要刀装具に指定されている、
一枚数百万円するような鍔に至るまでが、これに似た意匠。

違うのは、魚子や象嵌彫刻の彫り込みがより精緻であったりする点。
数百万円級のものは実際、同額の機械式高級時計などと同等か
それ以上の金工が施されている、まさに技術の粋の結晶である。

日本刀の刀身自体は、神の域にも通じるものなので理解の度を超えるかも知れないが、
江戸期の刀装具程度にまで話のレベルを下げると、これはこれで分かることがある。
当時には当時ならではのオシャレがあり、それが高級時計や宝飾の域でもあったこと。

今のオシャレですら理解できない人間には理解できないようなものが多々あるのに、
どうしてそのオシャレだけを否定などできようか。数百年前のものにしては
よっぽどその格好よさが推し量れるほどの普遍性をも帯びているのだし。

返信する

279 2019/09/26(木) 18:59:13 ID:jByq1.44ts
江戸時代の日本に、別に金銀財宝がなかったわけではない。
それどころか、世界でも有数の貴金属の産出地であり、
旅人が非常用の路銀を着物の裾に縫いこんでおくのが嗜みだったともいう、
まさに「黄金の国ジパング」ですらあった。

しかし、支配階級である武士がその手の財宝欲に溺れるようなことはなく、
わずかな金銀を配合した銅合金製の、素銅や真鍮よりも黒ずむ刀装具を好んだ。

中には金銀の象嵌を凝らした細工などもあったが、
それも使用されている金銀の量は知れたもの。

西洋人のマルコポーロらが初めて日本を目にした時に最も着目した「黄金の国」
という側面も、所詮は目にした側の品性の下劣さゆえに際立って見えた部分に過ぎず、
日本人の側には例えばインカ帝国のような、金銀の眩さに溺れたりする神経はなかった。

そんなものよりも工匠の業のほうをより尊ぶ心がけの真摯さこそが、
南蛮人による日本の征服を甚だ不可能なことならしめてもいたわけである。

返信する

280 2019/09/26(木) 19:34:20 ID:jByq1.44ts
江戸期までの本歌の刀装具で、「真鍮製」というのがほとんどないのは前から気になっていた。

安価で加工しやすく、物理特性も良くて、おまけに金ほど煌びやかではないものの金色をしている。
「庶民の金」とも謳うわれ、今でも銃弾の薬莢などとして重用されている銅と亜鉛の合金を、
調合法が分かっていたにもかかわらず、なぜ武士たちは刀装具の要所に用いるのを好まなかったのか?
(画像は象嵌部分だけが真鍮製な江戸初期の平安城鍔)

一つには、粘りがなさ過ぎ斬撃によって叩っ斬られる危険がある点。
(これは日本刀が他の刀剣よりも段違いに切れ味がいいことに基づく)
もう一つが、「偽物の金」なんていうものを好むことに抵抗があったからではないかと思われる。

銅に亜鉛を混ぜて金のように見せかけるよりは、1%程度でもいいから金を混ぜて黒く見せる。
そちらのほうが、見せかけに囚われぬ意志の高潔さの現れとなるが故に好んだのだろう。

また、支配者階級である以上は、金銀財宝の流通を掌握下に置くことまで避けるべきではないから、
多少の金銀を用いることはあえて続けた。極端の一つ覚えを避けた手堅い好みだったといえよう。

返信する

281 2019/09/26(木) 19:50:21 ID:tgff8GAqo2
良くも悪しくも、アメカジあたりには真鍮(ブラス)がよく似合う。
なぜ似合うかといって、庶民にも財欲を諦めさせてはならない、
底辺は指をくわえて金持ちを羨む子羊であるべきとしたのがアメリカだからだ。

軍刀にも真鍮製の装具が多いし、日本もすでに通った道。
ただ、そのせいで戦前アレルギーからの西洋かぶれとなった戦後の日本人は、
カジュアルな洋服にブラス金具を合わせるという選択を極力避けてしまったんだ。

日本人でカジュアルな洋装を好む連中がアクセサリーにしたがるのは、主にシルバー。
これは白人には似合うが黄色い肌には最も似合わない。かといって金は高すぎる。

ブラス金具というアメカジの必須要素を避け過ぎたせいで、
近頃は洋装趣味も萎え、「若者のジーンズ離れ」とかも指摘されている。
かといって和装にまでは戻れないので、近頃の若者のファッションはすこぶるダサい。

韓流スターの猿真似とかの醜悪の極みが流行ってるような始末。
まあこれも、災い転じて福という機縁には格好と悦ぶべきか。

返信する

282 2019/09/26(木) 23:28:37 ID:U39p/fRCcc
私はね、
? わが身かわいさに、何ひとつ人に奉仕せず生きてる人間が、己を捨てる生き方を説く武士道や仏教について語るのはどうなのか?治ったなら社会復帰すればいいのに、「俺の身体能力は凄い」と言いつつ「病状の悪化が怖いから働きたくない」と言うんじゃ、ただのインチキかヘタレではないか。結局は宗教を利用して、(世人が望むのと同じく)楽をしながら偉そうにしたいだけなのではないか?

? いつまでも自立せず、親に依存するというカッコ悪い生き方をしておきながら、平然と美しい生き方がどうのこうのと論じるのはどういった了見か?


といった多くの人が感じるであろう素朴で手厳しい質問に対する回答が欲しかったのだけれども、「難病を治したのだから私は正しい(天がスネ齧りを命じている)」みたいな事しか返って来ないんじゃあ、お粗末だよ。

返信する

283 2019/09/26(木) 23:32:25 ID:5wGGnD7cPA
(キツい事ばかり言って申し訳ないけども)たとえ奇跡を起こしたとしても、その事だけで「考えの全てが正しい」とまでは担保できないはず。

それとも君は、宗教界隈で時たま耳にする「癌が消えた」「耳が聞こえるようになった」という話が事実だと確認できたら、すぐそこの教団に入信しちゃうタイプなのかな?

「超ノーベル賞級」と、創●学会の池●先生や北朝鮮の指導者以上に自分を礼賛しているが、その程度の奇跡であれば枚挙に暇がないほど、毎日のように世界中で起きているだろうに。

返信する

284 2019/09/27(金) 08:50:20 ID:9WLWGGa9Ds
まず、本家本元のちゃんとした武士道や仏教が、
「己を捨てる生き方」なんてものを奨励していたような事実からしてない。

戦さ場での奮闘、不手際があった時の切腹、飢饉時の口減らしも兼ねた即身仏化、
みな「非常時の覚悟」であって、日常生活にまであえて苦渋を欲するような?倒とは無関係。

血に染まる切腹の場に、必要もなく他の武士が立ち会うのは「穢れが移ること」として
忌み避けられていたし、「寿命」とか「延寿」とかいった縁起のいい名前の刀を
好んで贈答し合う慣習もあった(徳川慶喜もそれを再利用するなどしていた)。

臨済宗妙心寺派管長の山本玄峰老師に「おまえは何のために参禅しておるか」
と問われて、田中清玄は「世のため人のためであります」と答えた。
玄峰老師は「馬鹿者、わしは自分のためにしておるわ」と。
あとで振り返ってみて田中も「ああ、あれこそは自利即利他の教えだったんだな」
と気付かされたという。自分も救えない者に他者が救えるはずもなく。

返信する

285 2019/09/27(金) 09:18:33 ID:9WLWGGa9Ds
怪しい宗教やらセミナーやらによる治療で、
難病が克服できたことが「確認」されたことも、ほとんどない。
ほとんどはろくな証拠もない自己証言や伝聞止まり。

中には、当時治癒が不能だった結核や癌を、医者の診断も受けて、
世界中の名医や学者の助けを受けながらも治せず、インドの山奥の
ヨガ行者に師事してやっと治した中村天風氏のような人もいる。
これなどは本物だからこそ世界中の権力者までもが好んで傾倒した一方、
一般向けには公益法人として非営利でしか教えてないものだから、
経済活動への直接的な貢献度の薄さ故に、近年では廃れかけてる。

俺が知ってるもっと信用のおけない系のヨガセミナーとかを見ると、
参加者から大金をせしめて論文まで書かせるクセに病気は一向に治せず、
自分がやってるヨガと病気の相関関係を統計をとって調べてみるとかいう、
いかにも科学的めいた手法の披瀝だけで人気を得ている。はたから見れば
眉唾にも程がある代物だが、こういう所のほうがむしろ天風会などよりも
近ごろは活況だったりする。ただ「金を払った」という所に信用性を感じるようで。

そういうわけで、正規の医療行為でもないような領域での病気が治るだの、
治っただのの言い分が信用ならないものばかりであるのは俺も認める。
近ごろ人気であるような所ほどより信用できないとも。ただ、それが
あらゆる民間療法の効果を否定する根拠などにもならない。中には
天風会系のラージャヨガのように、正規医療以上の効果を発揮するものもある。

返信する

286 2019/09/27(金) 10:02:20 ID:9WLWGGa9Ds
「自分を捨てる生き方」なんてものを格好いい生き方だなどと思ってしまう、
中二病じみた美意識の持ち主がいるのも一応知ってはいる。

ただ、そんなものは普遍的な美意識でもなんでもない。
特に日本刀の実用を憚られるほどの美しさを尊ぶような、
古来の日本的、東洋的美意識と相容れるようなものでは決してない。

一家の嫡男こそは、親が引退するまでは部屋住み。
それがこどおじ呼ばわりで蔑まれるようなことがない時代もあった。
その部分だけを見れば別に美しい生き方などとも思われないが、
粛々と家督が継承されて行ってた家系図の整然さなどを見れば、やはり美しい。

要は、異なる美意識を持つ者同士では、見ている部分が違う。
幼稚な美意識の持ち主の視点は近視眼的で視野が狭い一方、
成熟した美意識の持ち主の視点は俯瞰的で、常に総合的である。

美しい城の石垣にへばり付いているナメクジを見て、
「この城は醜い」などと豪語する人間も中にはいるようである。
いくら文句を言われても、歯牙にもかけない以上の対応策があり得ようか?

返信する

287 2019/09/27(金) 10:45:35 ID:9WLWGGa9Ds
雌伏の時を脱して、いざなんらかの活動に臨む段になろうとも、
せっかく治った持病をまた悪化させてしまうような蛮行は極力避ける。

それが結局は自分のためだけでなく、人のためにもなる。
戒律厳守を心がける坊さんの活動が、そのまま断悪修善の模範ともなるように、
己が身を滅ぼすような真似を人々に踏みとどまらせる社会福祉の一環となる。

これまた、苦渋こそを美しい姿などと思い込んでいる人種には理解しがたいことだろうが。

たとえば、カカトばかりでドシドシ歩くような人間や、そのせいで膝や腰を壊して
ヨチヨチ歩きになってしまうような人種が減った結果、市井が颯爽とした
歩き方の人間ばかりになったとすれば、それだけでも見るからに美しい。

なおかつそれで、整形外科疾患による医療負担の増大も防がれる。
滋養を尊ぶ美意識の流布こそは、この世の美しさと経済性すらをも両立させる。
それを美意識として認められるかどうかなどはまた別の話として、な。

返信する

288 2019/09/27(金) 11:31:43 ID:9WLWGGa9Ds
「いい加減、武士道や仏教を自分たちの都合のいいように曲解するのをやめろ」
というのが、このスレの副題とするのにも相応しい論題ではある。

非常時に惜しみなく身を捨てるためにこそ、日頃は常人以上の安逸(禅那)を欠かさないし、
金銀財宝への安易な欲望を制するためにこそ、銅合金の刀装具や木製の仏像に心酔した。

そしてそれによってこそ、現代以上に戦争も犯罪もないような時代を何百年と守り続けた。
現実問題、「非常時」なんてものを極力ないように制止できていたものだから、それが可能となった。

してみれば、非常時への覚悟の有無は別として、実際に身を滅ぼすような蛮行に及んで
しまっている度合いはむしろ、現代人のほうがよっぽど昔の武士や仏僧などよりも多い。

そんな現代人に見倣わせるべき武士や仏僧の生き方があるとすれば、それもむしろ、
日頃の養生や謹慎の心がけのほうであろう。これ以上自分たちの身を軽んじさせたのでは、
少子高齢化や人材不足による亡国のより一層の助長にしかならないのだから。

返信する

289 2019/09/27(金) 11:39:36 ID:AUrRT5.Ek2
哲学的な話が出て来たね、そもそも美しいって何だろ?
絵画、建築物、写真、工芸品などなど無垢な子供が見て
これ良いネ!って思わせる物もそうだし、薀蓄や歴史が
重なって美しいとなる事もあるだろうし…そこの定義が
ないと話は無限に広がっちゃうんじゃない?

返信する

290 2019/09/27(金) 11:53:47 ID:9WLWGGa9Ds
非常時の挺身は覚悟するが、平時は安楽でいる。
物欲も捨て去るわけではないが、金銀財宝に目がくらむような安易さは避ける。

そこでこそ醸成される、生活スタイルだとか美術工芸だとかの美しさは、
いうなれば「中庸の美」「中道の美」に相当するものである。

何とかの一つ覚えではなく、中正の保守の先にこそある美。
そのため、本人の心持ちの如何によっては理解しがたい場合もある。

美女が美しいとか、金無垢の腕時計やダイヤの指輪が豪華だとかは、馬鹿でもわかる。
故に世の中の教育水準が落ちれば落ちるほどそちら側の欲望に溺れる者が増え、
刀や仏像の美しさを解する者は減る。もちろん武士道仏道の真価を知る者も。

刀の時価が最低値まで落ち、密教法具の宝剣が投げ売りされているような
現代の時勢はどうかといえば、言わずもがな。

返信する

291 2019/09/27(金) 12:36:48 ID:9WLWGGa9Ds
子供は分別がないから、大人が行かないような危険な場所にも平気で踏み込む。

特に、その傾向が強い多動気味の子供がいたとして、
「もっと張り切って遊べ」と促すべきか、「もっと注意しなさい」と促すべきか。

大人たち自身の振る舞いとしては、
馬鹿笑いしてはしゃぎ回っているような姿を見せるべきか、
なるべく慎重な行動を心がけている姿を見倣わせるべきか。

自分たち自身が河原でのBBQで増水に巻き込まれて流されるような大人なら、
子供たちも当然それに倣う。育てにくい子供が自然と増えたのではなく、
自分たちの振る舞いによってわざわざあえて増やしている。

ただ、子供の側から見れば、真面目な大人よりも不真面目な大人のほうが付き合いやすい。
自分たちと同レベルの大人だからこそ。そこで生じてしまう劣勢さを挽回するために、
真面目な大人こそを引き立てる美しさだとか格好良さが重要にもなってくる。

とはいえ、その手の美観自体が玄人好みで、子供どころか並みの大人も理解しがたい
ようなものになりがちだから、真面目な大人のほうがまずそれを心から楽しめることが
重要となる。子供には成長力があるから、共に楽しんで学ぶのならば、
大人に対する以上に英才教育的な教化ともなるであろう。

返信する

292 2019/09/27(金) 12:41:40 ID:AUrRT5.Ek2
>>290>>290の言う美しさと言う事になるのかな?
何か僕にはワガママな子供の願望にしか見えないけど

>>美女が美しいとか、金無垢の腕時計やダイヤの指輪が豪華だとかは、馬鹿でもわかる。
美女の定義って画一的じゃないし時計や指輪を豪華ね
上でも言ったけど、子供からしたら綺麗だと思っても
豪華とは理解出来るかな?薀蓄や歴史があって分かる
こんな感じに話が無限に広がっちゃうから定義の外の
話はしない方が分かりやすくて良いんじゃない?

返信する

293 2019/09/27(金) 13:02:13 ID:9WLWGGa9Ds
美女は、誰から見ても美しいからこそ美女とされるし、
(もちろん時代による好みの変遷はあるにしろ、その時代〃において)
金銀財宝を散りばめた宝飾も、誰が見ても豪華に見えるようにあえて作られている。

刀剣美とか仏像美とかは、必ずしもそうではない。
美麗を極めた刃紋とか、金塗りの阿弥陀像とか、なるべく誰にでも
豪華さが分かるように作られたものもあるが、あくまで部分に過ぎず、
基本的には勉強を重ねないとわからない部類の美しさこそを本旨としている。

かといって現代アートのようにまったく抽象的なのではなく、
勉強が満了すれば誰にでも分かるようになる具体的な美しさも帯びている。

そしてその美しさや美しさへの理解こそが、仁徳盛業の礎ともなる。
一見して分かりづらい代わりに、分かりやすい美しさ以上に意義のある美しさ。
一長一短ゆえに、いつの時代も理解者が限られることは避けられないが。

返信する

294 2019/09/27(金) 13:30:59 ID:gZrLQnUKKk
逆に言えば、馬鹿でも分かるのが、金銀財宝や美女の美しさの強みでもある。

銃砲や爆弾やミサイルのほうが、日本刀よりも簡単に大量殺戮ができるのと同様。
「威力」という面でそれらが刀剣美や仏像美を上回るのには違いない。

しかし、高尚さや公益性においてまで上であるなどということはない。
殺戮よりも生育を、破壊よりも建設を重んずるのなら、
より尊ばねばならない部類の美しさがまた別にある。

財宝は、富の偏在であるが故に財宝である。
寡占するよりは世に広め、自分も合金や象嵌のために少しもらうぐらいのほうが
世の中も豊かになり、自分自身もより高尚な美術工芸の愛好に与る。
仏教でいう「自利即利他」に通じる財欲姿勢であるともいえよう。

返信する

295 2019/09/27(金) 14:00:17 ID:gZrLQnUKKk
美女や財宝の誘惑に溺れるぐらい、わけもないことだ。

世界中がそんな連中で占められている中で、
東の果てにそれだけでは済ませない国が一つぐらいあったって、どうということもなかろう。

そのせいで女にアタックしたがる男が少ないとか、
投資もしたがらないぐらいのことは、弊害として微々たるものだろう。

好色が多い割りに強姦率が低いのも、一見不気味かも知れんが、いい年したアニメ好きでなければ、
このスレに書いたような内情がある場合もあることは知っておいてもらいたいもんだな。

返信する

296 2019/09/27(金) 19:03:41 ID:9WLWGGa9Ds
刀装具の中でも、画像の目貫・笄・小柄袋の三つだけは、鍔縁頭鐺口金などと比べて
酷使度の低い金具であるために、例外的に金無垢の細工を施すことが認められた。
(画像では獅子の彫刻部分が金無垢彫刻になっている)

そのため、この三つだけは金品としての価値が生ずることから、
「三所物」などといって別格の扱いを受けた。(目貫と小柄袋を合わせて二所物と呼ぶ場合も)

別格扱いというのは、決して普遍的に格上の扱いというわけでもない。
「装飾」として別格なだけで、武具としての重要度はむしろ低く、
拵によっては小柄や笄を付属しない場合もあるし、目貫も金無垢などでない場合のほうが多い。

金無垢を使用しているような高級な三所物との付き合いこそは、
武士にとっての財宝との付き合い方の雛型ともなった。
相応の功績を挙げるようなことがあれば頂くし、ないようなら受け取らない。
あってもいいし、なくてもいいぐらいの存在。

全く用いないのも無粋とされ、脇差の拵に小柄を差すことぐらいはエチケットともされた。
そして必要とあらば、困っている仲間に質入れ用などのために貸すこともあった。
だいたい小柄や笄は目貫と意匠を合わされているものだから、ただカネを貸す場合以上に
返済の義務感が増す。色々と合理的な意味合いも伴ったオシャレであった。

返信する

297 2019/09/27(金) 19:15:41 ID:9WLWGGa9Ds
もっと面白い意味合いを持つのが「割り笄」。
これは、婚姻の約束を結んだ男女などが割って持ち合った。

笄まで拵に差すような武家は、それなりに上流の家が主。
まるで平安貴族にも準ずるようなロマンスのための道具であったのだろう。

最上級の金無垢細工を施されたものなどよりは若干、
作りのランクが低いものが多いのは、主に若殿の持ち物であったからか。

俺ももう、こんなものを持ちたがるような年ではなくなった。
仮に買い込むようなことがあったとしても、それは我が子のためとなろうか。

返信する

298 2019/09/27(金) 19:49:38 ID:9WLWGGa9Ds
赤銅とか四分一とかの、江戸金工で頻繁に用いられている銅合金は、
作ろうと思えば現代でも作るのが容易な合金なのに、
現代の工業製品に使用されているのをついぞ見ない。

銅ごときの卑金属に、金や銀を混ぜるのがもったいない、
染色液で表面色だけ繕っておけばいいだろうという思いから。

その時点ですでに、モノづくりに対する真摯さで江戸時代に負けている。
長年の使用で擦り切れようとも、酸化膜による自己修復で元の色に
戻るように考慮していた昔の工匠に、モノを大切にする心で負けてる。

ただ赤銅や四分一も使うようにするだけでは済まない。
それらの合金をあえて使うに値するほど普遍的価値のある物品であること。
空き缶やペットボトルまで高精度に作り込んでいるような時代に
そのような物品を規格化するのは、かえって難しい。

金や銀を混ぜることでより煌びやかにするのではなく、渋い色合いにする、
それこそが「粋」になるような物品であること。これもまた
特級の美的センスが問われるために難しいことである。

刀装具のような伝統工芸の範囲で昔のあり方を踏襲することはできても、
モノづくりへの姿勢の気高さ自体を近代工業にまで応用するとなれば、
至難の業となる。ただそれは、モノを大切にすることで大量消費頼みに
歯止めをかけて行く、エコロジーのための試みをも兼ねるだろう。

返信する

299 2019/09/27(金) 20:10:30 ID:8CvfOvxx5M
何ダァ!?美女美女うるせえな、相当女に飢えてんだな?
粋とかロックとか口に出した瞬間クソダサくなるのは何故だろうw

返信する

300 2019/09/27(金) 20:16:01 ID:9WLWGGa9Ds
現代は「電気」の時代であるものだから、
電材の王様である銅に混ぜ物がされるのは再利用上不都合ということもあろうな。

その割りに、日本の貨幣はぜんぶ銅合金でもある。(亜鉛やニッケルとの)
鋳貨技術の一般化を防ぐために、銅合金の多用も規制して来たのか。

つまり、江戸時代の銅合金工芸文化こそは、資本主義の金満量産志向によって
潰されてしまったわけである。それこそ廃仏毀釈にも匹敵するぐらいの強度で。

江戸時代よりも完全に上位互換であるはずの工業生産においてですら、
現代のほうが劣るところがある。しかも、刀身の出来ですらないところで。
確かに凄惨が過ぎて、恥を知る余裕もなかったことだろうな。

返信する

301 2019/09/27(金) 21:09:19 ID:9WLWGGa9Ds
びじょびじょ

返信する

302 2019/09/27(金) 22:29:32 ID:8CvfOvxx5M
口だけ野郎お薬足んねえんじゃね?
坊さんごっこに侍ごっこすらも出来てねえ

返信する

303 2019/09/27(金) 22:59:24 ID:9WLWGGa9Ds
確かに、ごっこ遊びは苦手だ

返信する

304 2019/09/28(土) 14:12:18 ID:omg8FnvGFU
これだけ電器や機械やコンクリートやアスファルトが溢れかえっている
現代社会で、土の路面に木造の掘建小屋が主体だった時代の
武家文化などをそのまま復興したりするのも、さすがに無理がある。

日本家屋だって、完全に昔のままの工法で建てたりするよりは、
現代工法を多少取り入れたほうが安上がりに済む上、耐震性や耐火性も上がる。
贅沢ではなく、「そのほうが安く済むから」程度な理由の範囲内で現代文明も
多少は許容しながら、昔の文化の良質な部分を復興して行くのが現実的である。

今よりも多少は和風度が高かった、戦前の和洋折衷文化などを鑑みるに、
書生や隠遁者のような文民的立場の人間ほど和服などの伝統性を色濃く残し、
軍人や警官などの武断的立場の人間のほうが制服に限らず洋服を好むといった
風潮が見られた。これはむしろ逆であるべきであり、武人としての役職を担った
時にこそ和風の装束をより心がけるべきである。何しろ江戸文化は基本的に
武家文化だったのだから。文民ならばむしろ平安文化の本格的な復興でも志すべき。

和の文化こそは、弱さではなく強さの象徴となるように。
和洋の位相にかけては、むしろ戦前の逆を行くように。
「おまえら」はスーツかTシャツでも着たままでいればよく。

返信する

305 2019/09/28(土) 14:28:03 ID:omg8FnvGFU
ハッキリ言って、俺が現状和服で生活したりする気になれない一番の理由もこれだ。

無職どころか、文民の職業なんかに就いたとしても、和服なんか着たくない。

まずは軍人か警官にでもなる所から。
かといって今の軍隊や警察は制服が洋服だから、私服だけ和服であるのでもまだ弱い。
制服でなくとも、軍務や警務における正規の仕事着として和服を着る。まずはここからだ。

和服の人間こそが、洋服の人間をとっちめられる立場に就く、ここが始まりだ。
そこからしか何も始まらないとすら言えよう。

返信する

306 2019/09/28(土) 14:47:44 ID:omg8FnvGFU
武士は単なる武装者どころか、単なる武道家ですらない。
総員で軍隊や警察を兼ねた正規の公職者だったのだから。
「ごっこ遊び」にならないためには、必ずそれが必要になる。

武家には基本「制服」がなかったのだから、制服を和服に統一するのも少し違う。
服装や刀装具にある程度識別コードになるような統一性を持たせる程度。
知識もセンスもなくてうまく着こなせないような下っ端は今のままでも可。

重ねていうが、ごっこ遊びはいらん。
コスプレ趣味止まりならジャージかパジャマでも着てたほうがまだマシだ。

返信する

307 2019/09/28(土) 21:23:14 ID:Ea9thlPwnk
アサルトライフルとハンドガンにチェストリグを捨てて二本差しに和服!
ゴキバイを捨てて馬で警ら!
SF笠地蔵帝国!
お前軍隊と警察の現場連中舐めてんの?

返信する

308 2019/09/28(土) 21:48:26 ID:omg8FnvGFU
それでな、君子士人があらたに携帯義務を負うのは、
さしあたっては「脇差」の規格でもいいかなと思うんだ。

自衛隊員が銃剣道で鍛錬している銃剣と、基本的なサイズ(刃渡40cm前後)は同じ。
現代でも軍人なら白兵戦での使用を想定しているし、
狭い航空機や戦車や潜水艦の中でも取り回しが利く。

今の警察の拳銃も悪徳商人が相手じゃオーバーキルになるし、
コンクリ鉄骨だらけの現代都市では跳弾被害の危険も大きい。
攻撃力の面で帯銃を脇差にダウングレードすることが、
警察にとっても弱きを助け強きを挫く助けとなるだろう。
そんな助けを今の警察が欲しがるとも思えんが。

返信する

309 2019/09/28(土) 22:24:29 ID:omg8FnvGFU
諸手刀法の剣術とか、今の軍人や警官には不慣れすぎて敷居が高いだろうから、
ちゃんと修得した人間から持てるようにしなけりゃな。

ーー警察剣道? なにそれおいしいの?

返信する

310 2019/09/28(土) 23:27:27 ID:RehMFwNuRY
311 2019/09/28(土) 23:42:51 ID:RehMFwNuRY
>>307
無理な事を吹聴して逃げてるパターン

返信する

312 2019/09/29(日) 09:32:38 ID:WNRa2RzFjM
「ごっこ遊びでないのなら」という仮定の話であってな。

そして、現実逃避のためのごっこ遊びにも興味はない。
刀を差さない和服での小林多喜二ごっこなど尚のこと。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:311 KB 有効レス数:355 削除レス数:6





思想・哲学掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

スレッドタイトル:人間という生き物は醜い(特に外見)

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)