みそくその論理(矛盾許容論理)


▼ページ最下部
001 2011/04/10(日) 19:45:31 ID:dVy/Hu53Qo
みそ「富や貴い身分は誰しもが欲する所だが、
正しい道義に基づいていないのなら、それらを得てはいけない」
(権力道徳聖書――通称四書五経――論語・里仁第四・五より)

くそ「不正にまみれた富で友達を作りなさい」
(権力犯罪聖書――通称聖書――ルカ禍音書16:9より)

たとえば、全く相反する意味を持つこれら二つの主張を同時に容認したとすれば、
それは「矛盾許容論理」が発動することとなるわけで、それは、論語と聖書が本屋の同じ本棚に
仲良く並べられていたりする、今という時代を全面的に支配している論理であるともいえる。

この論理は、相反する主張のうちでも、特に正しくないほうの主張、劣悪な主張である側にとっては
全く問題がない一方で、正しいほうの主張、優良な主張である側にとっては、問題があり過ぎるわけで、
あたかも味噌と糞の混合物が、糞のような廃棄物として扱うことはできても、味噌のような食べ物としては
扱うことがもはやできないように、矛盾を許容するみそくその論理は、糞の側ばかりとっての一方的な
味方となり、味噌である側にとってはただただ一方的な敵になるばかりだという、普遍法則がある。

このようなみそくその論理の蔓延の弊害としての、味噌の側の一方的な損失と、糞の側の一方的な利得の
増長を食い止めるためには、糞の側にあたるものを、十分な否定や劣後の対象にする必要がある。

たとえば、論語と聖書の場合でいえば、劣悪な主張ばかりを羅列した聖書の側を発禁処分にしたり、
禁書にまではしなくても、有害図書指定を施すなどして、本屋や図書館の一般書コーナーからは追い出す
などの措置を講ずることがそれにあたり、そこまでの措置を講ずることで初めて、論語のような
優良な主張ばかりを列挙した良書の価値もまた、活かされていくことができるようになる。

現代社会は、とにもかくにも矛盾許容論理=みそくその論理が全体性を征服してしまっている社会であり、
それを「平等化社会」などという言葉で美化する人間もいるが、実のところ、みそくその論理が普遍化して
しまっている世の中というのは、糞の側ばかりにとって一方的な得になり、味噌の側にとってはただただ
一方的な損失を被らされるばかりであるだけの、世の中であるのだということを勘違いしてはならない。

返信する

002 2011/04/10(日) 20:27:57 ID:2T5nm81woY
でって?

返信する

003 2011/04/10(日) 20:45:24 ID:dVy/Hu53Qo
女の膣内で射精してこそ子が産まれる。

男のケツの中でションベンしても子は産まれない。

返信する

004 2011/04/10(日) 22:48:53 ID:w7TB9nBSXI:DoCoMo
みそくそでもいいのか?

返信する

005 2011/04/10(日) 23:11:32 ID:2T5nm81woY
アホがいっちょまえに流行のネタ仕込もうとして
見事に失敗しました。って感じだな。

そんな程度で人が動くか!アホ。

返信する

006 2011/04/11(月) 06:14:27 ID:gSK0fDNDB.:DoCoMo
「みそくそでもいい」ということは、
「みそくそこそがいい」ということであり、
「くそのみでいい」ということでもある。

「みそくそではいけない」ということだけが、
「みそでもいい」ということであり、
「みそのみでいい」ということでもある。

返信する

007 2011/04/11(月) 09:19:25 ID:L4g0N7hc3k
今の時代、犯罪聖書のほうはともかく、論語のほうには寸分の価値もありゃしない。

論語を開いて「道義に基づかない富は得るな」というくだりを読んだところで、
論語の隣りに仲良く並べられている犯罪マニュアルに「不正な富で友達を作れ」などと書かれている以上は、
誰もあえて、論語のほうの記述を実践しようなどとは思いもしない。

進歩向上の道には困難が伴い、退歩の道は安易である。

実践が困難なものと安易なものとが、同列に並べられて「いずれもよし」とされている以上は、
誰しもが安易な退歩の側にばかり流れていくのであり、あえて困難な進歩の側を選択するような人間は、
それこそ変人のレッテルを貼られて村八分にでも追い込まれることにすらなる。

一応は論語のような、困難な進歩向上の選択肢すらもが存在ぐらいは容認されているから、
全ての選択肢が開かれているのだなどとは、決して思ってはいけない。

徹頭徹尾、論語の側には実用価値がないのが今の世の中であり、
それでも論語の存在性ぐらいは容認されているのは、犯罪聖書のような劣悪文化に
世の中が征服されきっている「専制劣化社会」であることを隠蔽するための取り繕いであるのみ。

返信する

008 2011/04/11(月) 20:37:26 ID:L4g0N7hc3k
今の世の中の惨状の責任を、寸分たりとも論語に押し付けることはできない。

論語や仏典や神典などが一切その効力を発揮せず、犯罪聖書や洋学ばかりが効力を発揮することで
今の世の中の荒廃を招いているのであり、たとえ論語や仏典や神典などが存在性ぐらいは
認められているのであっても、微塵たりともそれらが今の世を司ったなどという事実は存在しない。

論語の実践によって、犯罪聖書実践の被害者を救おうとした事実すら、全くない。

不正な富で友だちを作ってるやからの隣で、道義に基づく富しか得ないでいようとすれば、
一銭の富だって得られはしない。だから道義に基づく富で人々を救うことだってできやしない。

論語の実践によって、何かがどうなったなどということが何もなくなってしまっているその上で、
ただただ犯罪聖書のような、安易な邪義の実践ばかりによって今の世が荒廃へと陥れられているのだから、
論語の実践による救いすらもあった上で、今の世が破滅へと追い込まれているのだなどと思ってはいけない。

論語に対して託された期待が果たされようとした結果、それでも今の状況があるのではなく、
そもそも論語への期待などは完全に絶やされて、期待が果たされようとする試みがなされることすら
全くないままに、今の惨状が呼び込まれているのだということを、いい加減わきまえねばならない。

みそくそへの欲求は、ただただ一方的なクソへの欲求であるのみであり、寸分たりともミソに対する
欲求でありはしない。おまえらは全員、みそくそに対する欲求だけを選択した結果、ミソへの欲求を完全に
廃棄して、クソに対する一方的な欲求だけを厳選してしまっているのであり、寸分たりともミソによる救いを
欲しようとすらしないままに、クソフェチ故の自業自得による苦境に喘いでいるのだと知らねばならない。

返信する

009 2011/04/12(火) 19:53:51 ID:NrSq82XocU
みそくそという名目でのクソ一辺倒である今という時代が、
ちゃんとクソを排斥することでミソの価値を有効化させていた
江戸時代のような時代と比べて、寸分たりとも“かぶって”すらいやしない。

カルト信仰や機械文明に相当するものを排斥していたあの頃のような時代に、
新たな要素が「上乗せ」されたことで今という時代があるのではなく、
あの頃にこそ有効であった、ミソに値する優良文化を一切合財捨て去ることで、
クソ一辺倒な時代へと移り変わっているのであり、ほんの少しだって
クソと共に、ミソである文化文明が同時に効能を発揮していたりするのではない。

あれを棄ててこれを採った結果、もたらされているのが今という時代の惨状であり、
寸分たりとも、あれもこれも全てにかけて、最善を尽くした結果だったりするわけではない。
それどころか、寸分たりとも最善を尽くそうとはしない上で、ただ一方的に最悪ばかりを
尽くそうとしているのが今という時代であり、最善を尽くすことからは完全に逆走すらしている。

「頑張っているのに、どうにもならない」のではなく、
「最悪を尽くすことにかけてのみ一貫して頑張ろうとしているから、
当然のこととしてどうにもならなくなっている」のであり、その頑張りこそは、
今という状況をどうにもならなくさせている唯一の元凶ですらある。

返信する

010 2011/04/13(水) 03:17:17 ID:l62MgTukxw
目的が自分の許しと優位性主張しかないって時点で
学問とはほど遠いといい加減気付けよな。

返信する

011 2011/04/13(水) 06:26:13 ID:wGahrnQupo:DoCoMo
>>1
せめて「玉石混淆」と言う言葉は選べなかったのか。

返信する

012 2011/04/13(水) 09:33:30 ID:Fqb5W2S8OM:DoCoMo
>>10
もちろん、学問としての最大の目的は、
道理や真理に基づいた叡知による、事実関係の厳重な把握であるわけだが、
それが自然と真人間である自分自身の正しさと、ミソであるものとクソであるものの
優劣の確認にもなっていたりするだけだ。むしろ、最大の目的からして、概念遊びによる事実関係の隠蔽や、
不当利得の貪りであるようなものが、一端の学問扱いされていたるすることのほうが、よっぽどおかしなことだ。

>>11
玉石混淆なら、まだいいほうだ。
真贋入り交じる骨董市場なんてのも玉石混淆にあたるが、そこにはちゃんと目利きの鑑定士がいて、
価値のあるものにはあるものなりの、ないものにはないものなりの鑑定評価を下している。
みそくそってのはそうですらない、ミソであるものとクソであるものが全く等価に扱われている状態のことであり、
何もかもを宝玉並みに丁重に扱うのも無理なことだから、結局は何もかもを石ころ並みに雑に扱うことで
真に価値のある宝玉の価値すらも無みしてしまっているのが、みそくそという状態にあたる。

返信する

013 2011/04/13(水) 12:15:28 ID:wGahrnQupo:DoCoMo
>>12
いや、だからさ。
選べる人は選べるわけだろ?
君のように。

て事は、不可分なわけではないと言う事だよ。
だから「クソミソ」ではなく「玉石混淆」なんだと思うがどうだろうか。

返信する

014 2011/04/13(水) 13:08:10 ID:NhbHGyc6XU
誰も「不可分」であることがみそくそだなどとはいっていない。

何もかもがみそくそに扱われている世の中においてですら、
ミソとクソの違いは厳然としてあり、区別の付く人間にはその区別も付く。
でも、区別を付けてその優劣上下を定めることが公けには認められず、むしろ
ミソとクソの区別も付かない衆愚からの支持=多数決のほうが遥かに尊重される。

それが「みそくそ」ということであり、ミソとクソの区別が付けられて、
その分別が公的にも通用している状態のうちの一つとして「玉石混交」がある。

江戸時代にだって、真に公共の福徳のためのお勤めを果たす上等な侍もいれば、
火付盗賊に手を貸すような畜生侍だっていたわけで、そうであってもなお、
君子と小人、道徳者と犯罪者の倫理的区別や、その通用が行き届いていたから、
侍全般の価値が貶められたりまですることはなかった。そういうのを「玉石混交」
というのであって、侍も海賊も一緒くたにされて、その価値の有無が見極められた
上での区別も付かなくなってしまっている、今のような時代を「みそくそ」という。

返信する

015 2011/04/13(水) 19:29:22 ID:NhbHGyc6XU
キリスト教や洋学などが、大真面目な信仰対象や研究対象とされているみそくそ状態の世の中では、
確かに数多の正統宗教や正統学術を嗜む意義は、それこそ趣味程度でしかあり得なくなる。

無理に持ち上げようとしたところで、国家神道や創価やオウムやアルカイダみたいに、
正統である側までもが半ばカルト化しつつの対抗を試みるぐらいのことしかできなくなる。

他者を侵害して利益を強奪することで自分たちが裕福となる、本質的な犯罪性を食い止めていくことが
正統な学問宗教の役割であるのに、片やキリスト教や洋学などのカルト教学たるや、その犯罪性を
助長して推進していくことを目的としているのだから、両者は全く目的が相反しているといえ、
どちらかの目的を選択する以上は、もう一方の選択を反故にせざるを得ない。

まともな仕事をして相応の利益を得るよりも、他者から利益を奪い去るような犯罪労働のほうが
遥かにたやすく利益を得ることもできるから、ちゃんと禁止や抑制のための措置を
講じないことには、誰しもが犯罪を是とするカルト教学への惑溺に陥っていくようになる。

そのせいで正統な教学の受容は全くの留守になり、研究や信仰をするものも趣味人程度の扱いしか受けなくなる。
みそくそである以上は、誰しもがクソばかりを本格的に受容するようになる原理は如何様であり、
みそくそである以上は、クソを糧にすることによってでしか食っていくこともできなくなる所以でもある。

返信する

016 2011/04/14(木) 07:16:20 ID:sHWnPZ6BGI:DoCoMo
>>14-15
キリスト教を蔑視敵視してるのは良くわかるのだが、君の言う「正しい宗教」が「正しい」と言う証明は誰がしたんだろうか?
君が認めない、君が言うところの「クソ」が、「ミソ」の可能性は全否定するのかい?
君にはミソもクソも明らかなのかも知れないが、君の判断が間違っている可能性を考慮しないのは如何なものだろうか。

君は「宗教とはこう言うものが正当だ」と断言するが、それは君の価値観に過ぎないのではないかな?

また、不可分とは言っていないと言うが、「ミソにクソを混ぜたらクソ。クソにミソを混ぜてもクソ」と言うのは、端的に不可分である事を示唆しているのでは?

返信する

017 2011/04/14(木) 19:15:00 ID:3EdNCv5wGI
道義に基づかない富は得ないことがクソで、
不正な富で友だちを作ることがミソだというのなら、
そのような判断全般がクソということにもなる。

論理や概念を適当にいじくって、実相をうやむやにすること全般がクソであり、
それをふりかざすことでミソとクソがひっくり返るようなことを想定することからクソ。

転倒夢想の内側に入り込めば、ミソもクソに、クソもミソに、ミソクソもミソに
平気でなるわけだが、それはもう根本の部分から一切合財クソなことだから。

もちろん、実相を逸脱してまでの概念や論理のいじくりが、
人類が紡ぎ上げてきた哲学や思想にとっての、最大の目的であるわけでもない。

返信する

018 2018/01/05(金) 17:07:57 ID:0nIcWcPbWI
なんかいりいろややこしいな

返信する

019 2018/01/05(金) 17:10:02 ID:0nIcWcPbWI
何でくそみそはってるんだよ

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:14 KB 有効レス数:19 削除レス数:





思想・哲学掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:みそくその論理(矛盾許容論理)

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)