富める者あれば餓える者あり


▼ページ最下部
001 2011/04/16(土) 20:44:41 ID:RHn6fHxd1k
近世日本史上、最悪の飢饉である天明の大飢饉の餓死者が約90万人。
当時の日本人口がおよそ2500万人。

900,000÷25,000,000=0.036

日本の全人口の、約3.6%が餓死したことになる。
一方、現地球社会(ここ三十年あたり)の推定餓死者数が約3〜10億人。
現代の地球人口が約67億人。

300,000,000÷6,700,000,000≒0.0447
1,000,000,000÷6,700,000,000≒0.1492

総人口あたりの餓死者数が約4.5〜15%。
現代の地球社会は、江戸時代最悪の飢饉だった天明の大飢饉よりも
さらに大規模な飢饉に見舞われたままの状態にある。

もちろん、自然災害による飢饉なのではなく、
富の寡占が元凶となって引き起こされている人災でもある。

「利害、反する有り」
(「韓非子」第十巻・内儲説下・六微第三十一・経四)

江戸時代の日本人などよりも、遥かに富み栄えている連中がいればこそ、
江戸時代以上もの大飢饉が巻き起こされてもいるのでもあり、
ただただ富み栄えようとすることがそれ相応の飢えをもたらすのだという、
利害の相反法則をわきまえているものもまた、ほとんどいない。

返信する

002 2011/04/16(土) 21:18:40 ID:83ihjUF3JE
不条理だな

返信する

003 2011/04/16(土) 21:36:45 ID:RHn6fHxd1k
不条理は、人間自身の引き起こしている自業自得であって、
決して超越的な神の業などであるわけではない。

世の中の大多数が、そうであることをわきまえられているか否かが、
不条理という名の人災の進行を、食い止められるか否かをも分かつ。

決して、わきまえられてはいないのであって、
だから破滅の進行を食い止められもしない。

蒙昧な大衆意志が、蒙昧なままに自分たち自身を破滅に陥れようとしている。
それでいて政治家たちもまた「民主主義」を掲げ続けているのだから、
たとえ救いが可能であったところで、あえて救おうとする者もまたいない。

破滅を心から欲している衆生をあえて救おうだなんて、お節介もいい所だから。

返信する

004 2011/04/16(土) 23:46:40 ID:ITHli.qgNs
[YouTubeで再生]

  世界がもし100人の村だったら    天の邪鬼?

僕らはみんな生きている〜♪ 地球だって。
http://bbs0.meiwasuisan.com/bbs/bin/read/toriaezu/13026150...

返信する

005 2011/04/17(日) 20:39:50 ID:qIUfFHOrSY
1.内戦を止めて自分達でマトモな政府を作る。
2.教育を受ける。
3.事業を作って自活できるようになる。

この3つを同時に達成できないとダメなんだよ。
つか無理なんじゃねえのかと。

返信する

006 2011/04/19(火) 00:04:26 ID:lpEBZLpeu.:DoCoMo
0.どうあがいたって分配資源が不足する頻度の我田引水を全人類が辞める。

この大前提が整わなければ、他の全ての選択肢が無駄。

返信する

007 2011/04/19(火) 01:57:32 ID:AmcSHFMKpA
大国と呼ばれる国々の数百年前から続く欺瞞のツケをこの子供達が払ってる。
もちろん俺達も欺瞞側だ。

俺達の“普通の幸せ”を維持する為にこの子供達は死んでいく。

このクソみたいな駄文を作って送って表示する電気や機械を作る資源を搾取する為に
何人の子供が死んだんだろう?

返信する

008 2011/04/19(火) 06:59:45 ID:lpEBZLpeu.:DoCoMo
食料資源と工業資源(モノ)と資本(カネ)の優先順位も疎かとなり、
むしろカネやモノの流通に食資源までもが隷従させられたままでいるから、
資本主義者の無責任なギャンブルがそのまま大量餓死に直結しているのでもある。

返信する

009 2011/04/26(火) 11:07:26 ID:pJoJ0frx.k
いま、アフリカやその他東洋諸国には、
「あるよりもないほうがマシな文明」が押し付けられている。

まだ文明など存在しなかったころの、未開の土人だったころのアフリカ人も、
それなりに戦いや首狩りなどの悪習を行い、平均寿命もさして高くはなかっただろう。
しかし、そこには未開ながらの、一定の堂に入った原始的文化社会が形成されていて、
「本人たちが満足ならそれでいいだろう」という程度の水準を保てていたわけだ。

今のブラックアフリカの大部分はそうではなく、一定の文明が入り込んで来ている。
しかしそれは、何万人もの人々を殺傷することが可能な、強力な近代兵器だったり、
頂点と底辺しか存在しない超隔絶型の階級社会を形成していくための悪知恵だったり、
そのような権力犯罪体制や奴隷制全般を正当化して推進していくための邪教信仰だったりする。

文明などこれっぽっちも存在しない原始社会であったほうが、よっぽどマシなほどに
有害無益な劣悪文明ばかりが押し付けられているから、人口が爆発してしまってもいる。

文明発展などというものに対する望みが少しもない状態であれば、やたらな人口の増大
なども伴わない素朴な地域社会だけが形成されるのに、文明インフラを発展させられる
選択肢を提示されつつ、大量の餓死や戦死を伴うもっとも劣悪な形での文明発展しか
許されていないために、あたかも喉の渇きを潤すために海水をがぶ飲みするようにして、
大量生誕大量夭折の陰惨な人口規模の拡大を続けていっている。

返信する

010 2011/04/26(火) 11:07:37 ID:pJoJ0frx.k
もともと優良な文化文明を擁しながら、劣悪でありつつ威力だけは強大な近代の西洋流の
有害無益文明を押し付けられることで、正から負へと文化水準を逆転させてしまって
いるのが、中国やインドなどの東洋諸国に当たるが、こちらもアフリカなどと同じように、
むしろあるよりもないほうがマシな劣悪文明を押し付けられていることによる
苦しみの紛らわしのために人口を爆発させてしまっているのであり、
現実逃避のための愛欲の貪りによって人口を爆発させてしまっている
のでもあるからして、「愛は世界を滅ぼす」ということまでもがいえる。

罪悪ばかりを増大させる邪教信仰や劣悪文明を無闇に進行させていった当然の結果として、
世界中に悪因苦果が蔓延し、苦しみを紛らわすための愛欲のムサボリが過剰な人口爆発をも
引き起こして、もはや人類滅亡の一歩手前というところまで荒廃を深刻化させてしまっている。

このままだと人類が滅亡するのは確かだが、何も決して滅亡ばかりが唯一の選択肢なのではなく、
人類滅亡級の荒廃をもたらす邪教信仰や劣悪文明を十分な禁教下や抑制下におくことで、
絶え間ない愛欲の貪りにでも依らない限りは気を紛らわせられなくなるほどもの悪因苦果の
世界中への蔓延全般を払拭していけば、人類が滅亡を免れることは十分に可能である。

返信する

011 2011/04/26(火) 12:00:57 ID:4CpBJlFeOA
アフリカの内戦は
何時になったら手打ちが行われるのだろう。
わが子を飢えさせないため、たとえ死ぬほど憎い
相手だとしても、その軍門に下ろうって考えはないのかな。

もしかすると、手打ちは頻繁に行われてるけど、後ろで糸を引く
企業や国が、すぐに再び火をつけてしまうのかな。

返信する

012 2011/04/26(火) 12:31:18 ID:ZVpZThcxIQ:DoCoMo
アフリカで破滅級の戦乱や飢饉が巻き起こる原因:
?資源を公平に分配する公共意識の欠如。
?仮に公平に分配した所で、全く資源の絶対量が足らないほどもの、欧米社会からの収奪。

それぞれに対する解決策:
?我田引水やりっ放しでそれでよしとする邪教信仰(キリスト教)の根絶と、公共意識を持たせる道徳学(儒学など)の教育の徹底。
?地球資源の八割以上を独占する欧米社会の全崩壊と、その資産の完全公有化。

返信する

013 2011/04/26(火) 18:14:37 ID:Y/OmOp1VQU
現状、西欧諸国とロシアは完全に手を引いてるよ。
得られる利益に見合ったリスクで収まらないし、
コントロールしようとして散々失敗したからね。

だからツチ族/フツ族の殺戮も国連で対処が義務づけられる
“大量虐殺” ではなく “大量虐殺的なもの” と定義づけられたww

今アフリカを気にかけてるのはイスラム勢力と中国だよ
やつらにはリスクはないからね。

返信する

014 2011/04/26(火) 19:30:59 ID:pJoJ0frx.k
アフリカを救うことで、まだ利益を得ようだなどと
少しでも考えてる時点で、クソバカもいいとこだ。

欧米人約十億が地球資源の八割以上を収奪して独占する過程で、
もっとも多大なる危害を加えたのが中南部ブラックアフリカであり、
欧米がアフリカ人のケツの毛までをもむしり取り尽くしたからこそ、
少しだってうまみを残さない陰惨な餓鬼界と化してしまっている。

そのアフリカを救うことができるのも、地球資源の八割以上を独占する欧米社会の崩壊のみであり、
利益を得るのではなく、欧米からアフリカへと一方的に利益を「返却」することで初めて救われる。
中国やイスラムの資源保有量なんかも知れたもんだから、到底連中の支援などによって救えたもんじゃない。

損害以上の利益を得る商業ペースで、今のアフリカを救うことは絶対に不可能であり、欧米人が死ぬほど
イヤがるだろう、利益を上回る損害を一方的に蒙ることによってのみ、アフリカも救われる可能性がある。

実際に、死ぬほどイヤだから、欧米もアフリカに一方的な迫害を加えたままで、
少しだってまともな救済措置を執ろうとはしない。そしてアフリカ人は極重の苦しみに喘いで、
苦しみを紛らわすために愛欲を貪って、人口爆発やエイズの蔓延をも増長させ、引いては人類の滅亡
をも決定付ける、全世界規模での荒廃を「被害者側」から推し進める原動力ともなってしまっている。

あくまで「被害者側」からであって、「加害者側」から人類の破滅を推し進めているのは、
未だ地球資源の八割以上を独占している欧米社会のほうであり、総合的に見た場合の
「害悪の元凶中の元凶」であるのも、加害者側である欧米社会のほうでしかない。

欧米社会が完全に崩壊して、その資産をも完全に全地球人類にとっての公有物として、
全世界に公平に資源や資本を分配すれば、人類の滅亡も食い止められるのだから、
いま現在最悪の荒廃に瀕している、アフリカが害悪の元凶であるなどということもない。

返信する

015 2011/04/26(火) 20:26:49 ID:pJoJ0frx.k
利益目的で救えるものでもなければ、
偽善的な慈しみによって救われるものでもない。

アフリカ人を救わなければ、人類全体が滅亡してしまうから、救うしかない。

さんざん蔑視の限りを尽くして、非人も同然の扱いばかりを施してきた黒んぼに対して、
今さら慈悲を以て救おうだなどとしたところで、到底そんな気概を持ち得るものではなく、
全世界が破滅に陥る以上は、自分たち自身の存亡までもが危ぶまれるから、
イヤでも救うしかないというところにしか、もはや選択肢は残されていない。

鬼畜の貪りでもなければ、仏の慈悲でもない、彼我の利害を同時に慮る仁義こそは、
さして慈悲の心が篤いわけでもない、大部分の現代人をも不可避に従わせる中正な理念であり、
悪逆非道のかぎりを尽くしてきた鬼畜(欧米人)までもが、仏か菩薩並みの慈悲を得て、
世界の救済に挺身していこうなどと決意することを期待するようでは、はかない夢物語もいいとこ。

利益を得るか損害を蒙るかではなく、生きるか死ぬかという、より切迫した瀬戸際。
鬼畜の無制限な貪欲以上にも、真人間の仁義こそは絶対的な死線を司っており、
所詮は甘ちゃんの集まりに過ぎない鬼畜どもが、仁義に真正面から対峙していく重圧に
耐えることで、自壊や全資産の公平分配などを受け入れるか、もしくは重圧に耐え切れずに
自暴自棄と化して、このまま人類の滅亡を実現させてしまうか。最後の選択はあくまで
鬼畜ども自身に託されるところだが、自他の生存のために自らの利益を大幅に蔑ろに
することをも受け入れる選択が、少しだって未知の領域であったりするわけではなく、
「仁義」という言葉で、太古の昔から東洋では嗜まれてきた既知の選択肢であることを
出来るかぎり詳密に提示しておくことで、無駄な感傷を挟まぬようには促しておく。

返信する

016 2011/04/26(火) 22:19:35 ID:Y/OmOp1VQU
何も知らないのはニートだからしょうがないとして
幼稚園児にも劣る夢物語を語るのは
お前のアホスレ内だけにしてくれねえか?

はっきり言って邪魔だ。巣から出てくるな。

返信する

017 2011/04/26(火) 22:48:50 ID:ZVpZThcxIQ:DoCoMo
夢物語で世界が救えるかよw

返信する

018 2011/04/27(水) 16:21:35 ID:FZgDmF6GCA
Q.全世界の飢餓や戦乱をなくしていくためには、まず何が必要ですか?

A.今の世界のあらゆる飢餓や戦乱の元凶になっている、米英やイスラエルが崩壊することです。


米英や欧州あたりが、未だ白々しくも正義の味方ぶっている
大手メディアの国際ニュースなどにも、決して惑わされてはいけない。

返信する

019 2011/04/27(水) 17:44:16 ID:Cnhq7RdyaI:DoCoMo
いい加減、現実から目を背けるな。

返信する

020 2011/04/27(水) 20:39:10 ID:I7.r8E2ATU

内戦止めて農業すれば飢えないよ

返信する

021 2011/04/27(水) 22:22:11 ID:FZgDmF6GCA
今だって、エジプトやらリビアやらシリアやらの内乱を
軍事介入も踏まえつつ、英米やフランスが煽ってるだろ?

内紛やめて地道な生産活動に従事していくことなどできないように
あらかじめ仕組むことで、どさくさに紛れての利権をも吸い取るわけだから。

外部から利権を無闇に奪い取ることのしわ寄せが、
最終的には女子供などの社会的弱者の餓死にも行き着く。

国際権力犯罪者たちは確かに、他人の生命エネルギーを吸い取ることで
肥え太っている吸血人種なわけで、その弊害として、肉骨粉を食べた牛がBSEにかかる
ようにして、吸血人種も身体の一部がさびしい状態になったりするのかもしれないな。

返信する

022 2011/04/27(水) 23:05:02 ID:FZgDmF6GCA
リビアのカダフィもシリアのアサドも、所詮はイギリス留学経験者だもの。

一旦は完全にじょんぶるどもに金玉握られておいて、
今になってスケープゴートとしてうまいこと立ち回って、
内紛のドサクサで、ちゃぁんとご主人様に利権を貢いでやってもいるわけだ。

今の国家首脳級の要人のうちで、「正義の味方」に相当する人間など、一人もいない。
欧米だけでなく、欧米への隷従を強いられているアフリカや中東や東洋諸国でも、
トップの座に就いているのは箸にも棒にもかからないような佞人ばかりで、
かつての黄金時代に数多割拠していた聖王や名君や賢臣、正義の味方でありつつ
重大な社会的責任者でもある大丈夫の姿などは、その見る影もない。

実質的な権力者の誰しもが、ヤマタノオロチのような多頭怪獣のクビでしかない時代。
スサノオがヤマタノオロチを斬り殺すというのなら、洋の東西や半球の南北にかかわらず、
あらゆる全ての権力者たちが、自分自身が殺されることを恐れることしかできないんだ。

返信する

023 2011/05/05(木) 23:54:40 ID:d6nqsv1l4s

どこかの国に争いが絶えないのは、外国のせいじゃないよ。
その国に争いを望む人間や、それに奉仕する人間がいるせいさ。

国の大半のヒトが自分の国のことを考えるようになれば
国民の大半が個人のことばかりでなく、
国のこと国民どうしの助け合いのことを考えるようになれば

みんなが豊かになることも出来るさ。

返信する

024 2011/05/06(金) 09:07:09 ID:I6UmrvXYrs:DoCoMo
反駁するだけなら簡単だが、己れの無明(根本的無知)を「これでよし(Es ist gut.)」とする
無責任な優しさからなる自己陶酔を、十分に払拭してやるのが難しいレベルの綺麗事ではあるな。

返信する

025 2011/05/07(土) 05:23:36 ID:ljknsiCwaM
[YouTubeで再生]

何気ない・・・極当たり前の平凡のスゴさ

返信する

026 2011/05/14(土) 00:29:27 ID:CiGfkhK/x6

外国が!
金持ちが!
アメリカが!
先進国が!

と、憎む気持ちが
すでに内戦の種なのに

まだ憎み続けるの?

戦後日本の高度経済成長は
日本社会の多数派が

ウヨクサヨクの反米主義者と距離を置いて
戦勝国との協調を進めた結果だと思うんだな

憎しみは富を産まないよ

返信する

027 2011/05/14(土) 10:25:24 ID:ZR7.Xxg/gI
憎しみが富を産まないってことは、憎しみが餓えも防止するってことか。

仇討ち決闘も解禁したらいいかもな。

返信する

028 2011/05/14(土) 10:46:05 ID:oK5STqsVRQ
マルクス主義が存在しなければ、もっと世界は平和で豊かだったよ。
アフリカに内戦を持ち込んだのはマルクス主義者たち。
それによって、身勝手な革命内乱内戦が発生した。

マルクスこそ、人類が生み出した史上最悪の悪魔であり
人類を永遠の戦争の呪縛へ引き込んだ最悪の人物だよ。

マルクス主義の根幹は、「持たざると被害妄想する者」が、
持っていると勝手に認定された者を叩きのめす所から始まる。

どれほど恵まれても満たされても、
詭弁によって自らを「持たざる者」と被害妄想し続け、
やがて自分以外は全て敵とみなすようなロジックで成立している。

共産党員を見れば判る。
年収1000万円近く得ている者で、どれほど恵まれていても、
自分達を平気でワープアなどと嘯く。

返信する

029 2011/05/14(土) 10:52:03 ID:ZR7.Xxg/gI
年収0円だが、まだ富みすぎていることを自覚している。

返信する

030 2011/05/14(土) 18:49:53 ID:ZR7.Xxg/gI
資本主義を振りかざした放辟邪侈によって、国際レベルでの甚大な我田引水被害が
巻き起こり、何億人もの人々が餓死や戦死に追い込まれるのも劣悪なことだし、
マルクス主義が提唱するような間違った方法(産業従事者による政権の直接掌握)によって
資本や資源の平等分配が画策されることで、産業の側が停滞してしまうのも劣悪なことだ。

いずれも、聖書圏の洋学がもたらした劣悪至極なイデオロギーであり、洋学全体が丸ごと
聖書信仰と共にポイされて、実社会に適用されることも厳禁されたほうがいいのだ。

返信する

031 2011/05/15(日) 14:05:04 ID:I8fcaCGQWI

>>28 イイね!

返信する

032 2011/06/12(日) 19:25:37 ID:rIi8qPscb.
自然界を見れば
生き残れるのは先天的に肉体が優れている一部だけ
本来弱肉強食なのにそれを歪めて平等という人間的発想をやっているので
結果的に強者も弱者も減ったが、意図的に強者になり、意図的に弱者に陥れるメカニズムができた。
人間なんてそんなに立派なものじゃないんだな、とニヒリズムに浸りたいところだが
止まることは許されない。

返信する

033 2018/01/10(水) 22:32:55 ID:Jjrf7cKeBs
まあ、しゃあないわな

返信する

034 2018/01/10(水) 22:35:13 ID:Jjrf7cKeBs
富は平等には出来んからな

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:18 KB 有効レス数:34 削除レス数:





思想・哲学掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:富める者あれば餓える者あり

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)