人間という生き物は醜い(特に外見) 東洋的審美眼の真骨頂


▼ページ最下部
※省略されてます すべて表示...
265 2019/09/24(火) 20:23:53 ID:AwBDKOv1T.
LAST SHOGUN こと徳川慶喜も実は「寿命(としなが)」とかいう、
兼元や兼定よりもはるかに作位の低い美濃の刀工の作品を
好んで差し、多数私有していたともいう。

将軍なら正宗でも虎徹でも、名刀が選り取り見取りなのにあえてしなかったのは、
慶喜が刀剣嫌いだったためなどとも一部で噂されているが、そういうわけでもない。

一橋慶喜の故郷である水戸藩は、とりわけ質素倹約を重んずることで知られた藩。
刀剣もまた高額すぎるものは避けていたが、かといって粗悪な刀を差していざという時に
折れたり曲がったりしたのでは武士の名折れともなる。そのため水戸藩士たちは
安価な刀を買い込んでは川に赴き、腰まで浸かっては刀の側面を川面に打ち付けた!

表面張力で川面は岩のような硬さとなり、粗悪な刀はみんな折れるか曲がってしまう。
それでも無事でいた刀だけが、用に足るものとして佩刀に採用された。

慶喜公の刀もそういう刀の一つであり、美濃伝が下位工に至るまで品質の保証された
流派である逸話ともなっている。刀にとって「折れる」ほどの弱点も他にないわけで、
如此く品質の位列をよく整理してきたこともまた、作刀文化文明の恩恵であるといえよう。

人間にとって、その物品に対して何を最も要求するかの位列。
壊れにくさが低位に位置するのなら、日本車がそう売れたはずもない。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:311 KB 有効レス数:355 削除レス数:6





思想・哲学掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

スレッドタイトル:人間という生き物は醜い(特に外見)

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)