キリスト復活劇は悪質な偽証 信用するに値しない記録姿勢


▼ページ最下部
001 2011/09/14(水) 01:20:03 ID:o5RCZKCEMg
「そのときすでに十二時ごろになっていたが、全地が暗くなって、三時まで続いた。
太陽は光を失っていた。また、神殿の幕は真二つに裂けた。 イエスは大声で叫んで、
言われた。『父よ。わが霊を御手にゆだねます。』こう言って、息を引き取られた。」
(通称新約聖書――ルカ23:44〜46)
「週の初めの日、夜明け前に、女たちは用意しておいた香料を携えて、墓に行った。
ところが、石が墓からころがしてあるので、中にはいってみると、主イエスのからだが
見当たらなかった。そのため途方にくれていると、見よ、輝いた衣をきたふたりの者が、
彼らに現れた。女たちは驚き恐れて、顔を地に伏せていると、このふたりの者が言った、
『あなたがたは、なぜ生きた方を死人の中にたずねているのか。そのかたは、ここには
おられない。よみがえられたのだ。まだガリラヤにおられたとき、あなたがたにお話に
なったことを思い出しなさい。すなわち、人の子は必ず罪人らの手に渡され、
十字架につけられ、そして三日目によみがえる、と仰せられたではないか。』」
(通称新約聖書――ルカ24:01〜07)

ルカの他、マタイとマルコを合わせた「共観福音書」と通称されている、新約聖書冒頭のハイライト。
この日は安息日(土曜日)の先日(金曜日か木曜日)だったともルカ23:54などに書かれており、
さらに刑死後、三日目の安息日の翌日(日曜日)に、イエスは復活して墓穴を自分から出て行ったとも書かれている。

この証言が事実かどうかという以前に、上記の共観からの引用部分の冒頭に書かれている日食とほぼ同等の日食が、
イエスが死んだとされる西暦28年の翌年、西暦29年の11月24日、09時31分〜14時15分にかけて、実際にイスラエル付近で発生している。
(この記述と同様の日食は、イエスが刑死したとされる西暦28年前後には、他にない)

返信する

002 2011/09/14(水) 01:22:31 ID:o5RCZKCEMg
この年はイエスが死んだとされる28年の翌年であり、28年にはイスラエルでは日食は観測されていない。
実は計算上の誤差があり、本当は29年に死んだのだとしても、西暦29年の11月24日は「土曜日」である。

土曜日は、ユダヤ教で取り決められた安息日であり、この日に処刑が行われるとは考えにくい。また、
仮に土曜日に処刑が行われたとして、「三日後に復活する」というイエスの予言に即して復活するというのなら、
イエスの復活曜日は明々後日の火曜日か明後日の月曜日となり、どう考えても安息日の翌日に当たる日曜日にはならない。

全くのフィクションならともかく、現実に発生した日食などを引き合いに出して、それに即して、
実際に行われてはいない処刑や、刑死していないから元からありもしない復活などを書き立てている。
なまじ現実の出来事を引き合いに出しているからこそ、共観福音書の復活記録などが、悪質な偽証であることが明らか。
画像削除(by投稿者)

返信する

003 2011/09/14(水) 09:51:42 ID:5cxJ7Oq0AM:DoCoMo
「キリストが復活したかどうか」などを論ずる以前に、
マタイだのマルコだのルカだのといった、共観福音書の著者の
記録姿勢からして、甚だ信用のならないものであることが確か。

全くのおとぎ話であるのならともかく、実際に土曜日に発生した日食を引き合いに出し、
実際に土曜日に取り決められていたとされるユダヤ教の安息日を参考に、
イエスの刑死日が土曜日以前であり、復活日が日曜日だったと証言している。
まるで、土曜の安息日に起こった日食をあえて引き合いに出すことで、
その日に行われることがあり得ないイエスの刑死が、元から虚偽であることをほのめかしているようですらある。

全く信用のならないその証言に、無理に信用を持たせるためにあえて、
「マタイ」「マルコ」「ルカ」などという複数の偽名を用いて証言を多発化し、
「三人もの人間が証言しているのだから間違いない」という印象を持たせたとも考えられる。


同署では、極めて悪質な犯行と見て、その罪状を徹底して追求していく方針です。
画像削除(by投稿者)

返信する

004 2011/09/14(水) 13:27:16 ID:o5RCZKCEMg
>>3の画像の滲み無しなGIF版。
>>1も「画像削除」になっているが、「原寸表示」で鮮明な画像が閲覧できる。


放火魔は、必ず現場に立ち戻ってくるというし、その他の知能犯も、
あえて自分がやった証拠を残す場合があるという。良心の呵責に駆られて
というよりは、自己顕示欲の発露によって、わざわざアシを残していく。

精神障害者も、あまりにも知的退行がひど過ぎれば、社会に実害を及ぼす
犯罪行為すら行えなくなるが、サイコパス患者などの場合は、犯罪行為にかけて
常人以上もの知能を蓄える場合があり、罪を犯すことにかけての事実関係の
把握などにも長ける場合がある。それでいて、世の中に迷惑をかけることが、
世の中の一員である自分にも危害を及ぼすことにまでは頭が回らなかったり、
自他を害する有害無益さと、多大なる辛苦とを忌もうともしないあたりが、
精神障害者の「障害者」たる所以なわけだが、共観福音書を著述したサイコパス
患者が事実関係も多少は把握していたということが、共観福音書が確実かつ
確信的に、社会に実害を及ぼすことを目的として書かれた証拠ともなっている。

返信する

005 2011/09/14(水) 22:04:23 ID:5cxJ7Oq0AM:DoCoMo
話の真相は、大体こうだ。

西暦28年ごろ、いま「イエス・キリスト」などと呼ばれているような男が、実際に十字架にかけられた。
ただし、その日は日食のあった安息日である土曜日ではなく、
ユダヤ人が労働を禁止されている安息日の先日、木曜日か金曜日だった。
ただ、話を誇張する目的で共観福音書の著者は、その頃に実際に起きていた日食をイエスの刑死の脚色に用いた。

イエスとよばれる人間が刑死したことも、その頃にイスラエルで日食が発生したことも事実だが、ただ「同日」ではなかった。
にもかかわらず両者を同日のものとして記したもんだから、共観福音書の記録全体が事実と決定的に食い違うこととなった。

福音書の著者が蒙昧だったからそうなったのかもしれないし、
この記録が事実ではないことを暗示するために、あえて事実と食い違う記録を差し挟んだのかもしれない。

いずれにしろ、「福音書」という書物が、
信用するに値しない記録姿勢で書かれたものであることだけは間違いがない。

返信する

006 2011/09/14(水) 22:24:34 ID:o5RCZKCEMg
イスラエル付近で皆既日食が観測されたのは、「グレゴリオ暦」の西暦29年11月24日だ。
これはユリウス暦の西暦29年11月26日にあたり、陰暦(和暦含む)の11月2日にあたる。
当時のイスラエルで用いられていたのはユリウス暦と陰暦らしいが、
それでもこの日が「土曜日」であることには変わりない。

共観福音書の学術的研究から、イエスが刑死したのは月の14日か15日と考えられているらしいが、
グレゴリオ暦でもユリウス暦でも陰暦でも、実際に日食が起こったのは14日でも15日でもない。

曜日でも月日でも、日食の日にイエスが刑死したというのは、現実との辻褄が合わない。
なまじ日食の描写が実際にあった日食に酷似しているもんだから、全くのお伽噺扱いによる言い逃れもきかない。
事実関係こそを捻じ曲げて書かれていることが明らかだから、その記録内容の信憑性までもが現実的に否定される。

返信する

007 2011/09/17(土) 00:28:12 ID:1bc8NTnum2:DoCoMo
これは、全てのキリスト教徒やキリスト聖職者までもが学ぶべき、教訓た。

返信する

008 2015/03/26(木) 11:18:26 ID:wRLWsRDM5.
「そのときすでに十二時ごろになっていたが、全地が暗くなって、三時まで続いた。
太陽は光を失っていた。また、神殿の幕は真二つに裂けた。 イエスは大声で叫んで、
言われた。『父よ。わが霊を御手にゆだねます。』こう言って、息を引き取られた。」
(通称新約聖書――ルカ23:44〜46)
「週の初めの日、夜明け前に、女たちは用意しておいた香料を携えて、墓に行った。
ところが、石が墓からころがしてあるので、中にはいってみると、主イエスのからだが
見当たらなかった。そのため途方にくれていると、見よ、輝いた衣をきたふたりの者が、
彼らに現れた。女たちは驚き恐れて、顔を地に伏せていると、このふたりの者が言った、
『あなたがたは、なぜ生きた方を死人の中にたずねているのか。そのかたは、ここには
おられない。よみがえられたのだ。まだガリラヤにおられたとき、あなたがたにお話に
なったことを思い出しなさい。すなわち、人の子は必ず罪人らの手に渡され、
十字架につけられ、そして三日目によみがえる、と仰せられたではないか。』」
(通称新約聖書――ルカ24:01〜07)

ルカの他、マタイとマルコを合わせた「共観福音書」と通称されている、新約聖書冒頭のハイライト。
この日は安息日(土曜日)の先日(金曜日か木曜日)だったともルカ23:54などに書かれており、
さらに刑死後、三日目の安息日の翌日(日曜日)に、イエスは復活して墓穴を自分から出て行ったとも書かれている。

この証言が事実かどうかという以前に、上記の共観からの引用部分の冒頭に書かれている日食とほぼ同等の日食が、
イエスが死んだとされる西暦28年の翌年、西暦29年の11月24日、09時31分〜14時15分にかけて、実際にイスラエル付近で発生している。
(この記述と同様の日食は、イエスが刑死したとされる西暦28年前後には、他にない)

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:9 KB 有効レス数:8 削除レス数:





思想・哲学掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:キリスト復活劇は悪質な偽証

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)