ニヒリズム


▼ページ最下部
001 2011/07/16(土) 05:43:57 ID:.WJ3xPNB0A
ニヒリズムあるいは虚無主義(きょむしゅぎ、英: Nihilism / 独: Nihilismus)とは、
この世界、特に過去および現在における人間の存在には意義、目的、理解できるような真理、本質的な価値などがないと主張する哲学的な立場である。
名称はラテン語の Nihil (無)に由来する。

ニヒリストは概して以下の論点を強く主張している。

返信する

※省略されてます すべて表示...
392 2016/05/03(火) 13:00:00 ID:F0XS/jO/DI
他人に構わずに生きていく。

返信する

393 2016/06/19(日) 10:11:00 ID:9XHSCXO5pc
無機質な生き方をしたいのだが・・・。

返信する

394 2016/06/24(金) 21:31:58 ID:zueo/cjEhs
孤独のむなしさや不安に耐えかねた個人は、所属感や一体感を求めて容易に集団の中に取り込まれていく。。。

返信する

395 2016/09/03(土) 12:21:28 ID:W0Lm0Ip4Jk
人間も結局はただの物質であり、だから生きていることには結局意味がないし、人間を超えた神や仏や天などただの神話で、だから絶対的な善悪もない。
そして、国や村や家などのために犠牲になるのは、バカげたことで、個人の権利こそ大事なのだ。だから、人間は自分を大事にして、自分の生きたいように生きるしかない。
それは人間の権利なのだから。

返信する

396 2016/09/10(土) 08:45:14 ID:U5bRN9cxwk
ニヒリズムとは、所詮、個体の「意識」は個体を掌握してはいないし、できたところでしょうもない
なおかつ、個体意識は意味をもたらさない
という実相に起因するのではないか?

同時代平面では、人間個体は社会的動作に徹頭徹尾吸収される
切り離せば意味を失う
では、時系列では逃げられるか?無理である
個体は寿命を背負って生き、世代連鎖の中に完全に埋没すべき小さな環である
連鎖を止めれば意味を失う
個体は意味の発生源にはなりえない
個体は集団と世代継続の交点で辛うじて意味を把握できる存在だ
それを感得せしめるものが脳の多幸感
帰属感、承認、仲間認定、同胞意識・・・これで脳が喜ぶことに抗えない
子、孫、祖先の連鎖、連綿たる山並みを眺めるような穏やかなる喜悦
その結節点で起きる激しい恋愛感情とエクスタシー・・・脳喜ばずして意味もなし

この自然なる快感原則から離脱し、はぐれたものたちが、無意味を伴侶の倒錯愛に耽る

返信する

397 2016/10/04(火) 12:24:06 ID:sGDvNmpVMI
[YouTubeで再生]
近代とは何か──ニヒリズムという帰結

返信する

398 2016/10/04(火) 22:12:07 ID:1MQEmFLWvk
欲望と自由がニヒリズムの根源?
ちょっと違うんじゃないか?
欲望と自由のために意味の連鎖から脱落した・・・というのは、あるとしても非常にレアケースだろう
現代社会であってすら、そんなに欲望と自由は満たされない
「社会的成功に見放されたので、趣味の世界」じゃないんだから
現代社会の自由と欲望を牽引しているそもそもの動因を、そんな個体の無制約な制約解除体を淵源にしちゃいかん
どこにそんなに金儲けに成功した連中があふれているのか?
錯誤も甚だしい

自由とか欲望は、原因ではなく結果に過ぎない
説明用具にしてはいけない
それが分からない思想家がまだ大勢いるんだよね

返信する

399 2016/10/08(土) 07:07:41 ID:/P5NcuuPiw
西谷啓治は『根源的主体性の哲学』において、「われ在り」といふことの窮極の根底は底なきものである、吾々の生の根源には脚を著けるべき何ものも無いといふ所がある、寧ろ立脚すべき何ものも無い所に立脚する故に生も生なのである、そしてさういふ脱底の自覚から新しい主体性が宗教的知性と理性と自然的生とを一貫するものとして現れて来る。
空と自灯明・法灯明について
空とは拠り所がないことである。しかるにこの拠り所としての己、法とは何を意味しているのであろうか。脱底の自覚から生まれいずる、新しい主体性、これこそが自灯明ということである。
西谷の個人的経験という形で生まれたニヒリズムはやがて、西谷の哲学的思惟のうちで、技術文明の時代に生きる人間存在の諸問題のほとんどすべてを包括するような大きな問題にまで成長する。
たとえば、マルキシズムの問題、道徳的退廃の問題、科学的世界像や科学的合理性の問題、テクノロジーの危険や人間の機械化の問題などはすべて、覆面したニヒリズムの問題であり、ニヒリズムにつながる、というのが西谷の見解である。

返信する

400 2016/10/22(土) 08:39:27 ID:tdgxjZ4pbo
虚無・・・。

返信する

401 2016/10/23(日) 12:09:49 ID:oMzJeWp4dU
お前たちに言ってやろう
われわれが神を殺したのだ
お前たちと俺が!
われわれはみんな神の殺害者だ!
世界がこれまで持った、最も神聖な、最も強力な存在
それが我々のナイフによって血を流したのだ!
この所業は、我々には偉大過ぎはしないか?
こんなことが出来るためには、我々自身が神々にならなければならないのではないか?

返信する

402 2016/11/19(土) 13:58:57 ID:GbMLeQbAXg
自己洞察とは?

返信する

403 2016/12/10(土) 07:57:07 ID:BhZB76ONL.
一生懸命がカッコいい!

返信する

404 2016/12/11(日) 09:48:44 ID:WCP5n6dxAA
ニヒリズムと全体主義が親和性?
アナーキズムでしょう
反帝国主義運動が、19世紀末から20世紀初頭、テロの第一波を産みだした
直接行動で要人を暗殺するテロリスト=ニヒリスト
当時のテロリストはなぜかイタリア人がほとんどだった

返信する

405 2016/12/24(土) 12:23:51 ID:3YNIJuaLlQ
イタリア人って過激なのかな?

返信する

406 2017/02/12(日) 16:33:39 ID:/6RFiW1onQ
キリスト教「道徳」は、身体の持つ力を否定し、弱者の禁欲的な道徳に従うことをヨーロッパ人に求めた。
そして、それは、実に1500年以上もの永きにわたり、ヨーロッパを支配してきたのだった。 
しかし、キリスト教「道徳」は、ニーチェの生きた19世紀、その力を急速に失っていった。
それは、ほかでもない、当時、圧倒的な普遍性を持って登場した科学との間に修復しがたい齟齬が生じたからである。
 神も天国も存在しないなら(そして、実際に存在しないのだから)、それに基づくキリスト教「道徳」も砂上の楼閣にすぎない。
科学的理性によって「神が死ぬ (否定される)」と同時に「道徳」も死ななければならなくなったのである。
近代科学は、キリスト教的「道徳」がありもしない超越的な価値の上に成立していることを完膚なきまでに暴いたのである。
しかし、このとき、その力を失ったのは、キリスト教と「道徳」だけではなかった。
神も天国もないならば、「善」とは−体なんだろうか? あるいは、われわれの生の目的は? つまり、そのとき同時に人生の目的や価値さえ失効してしまったのである。 
 こうした状況をニーチェは「ニヒリズム」と呼んだ。ニヒリズムの語源はラテン語の「nihil=虚無」であり、あらゆる肯定的な価値を拒否し、何も信じない立場を指している。
科学を作り上げた近代的な理性は、理性的であることをつきつめた挙げ句、自分の依って立つ根拠を掘り崩してしまったのである。
つまり、ヨーロッパ的理性自体が、二ヒリズムの実践そのものだったのである。

返信する

407 2017/03/04(土) 11:48:18 ID:PZsk6yMEp6
欲求に逆らいながら生きてゆく。

返信する

408 2017/03/04(土) 18:48:22 ID:z0c.0.OtNY
なこといったって、現に人類の協働が実現、継続している以上、ニヒリズムは神話を破壊し得てはいないよ。
結論として現代人が噛みしめるべきは、明白なる理性の限界と敗北だ。
社会的に起きていないことを極小、微細部分で理論化しても負け犬の遠吠え。
ニヒリズムが成立するとしたら、確実に社会が崩壊を見なければならないからだ。
社会は共同幻想と神話で構成されており、決して堅固でも安定的でもないくせに、分析的科学のメスすら跳ね返してしまう。
貨幣現象ひとつまともに理論化できていない社会科学ではもっと無理。
神話から別のものに移行しても社会が存続できる唯一の可能性は、AIとかブロックチェーンとかの情報技術に依存するだろうね。
その時、人類は「信仰」「信念」「思い」「法」「ドグマ」「イデオロギー」などではない何かに従属する存在に堕ちる。

返信する

409 2017/03/10(金) 23:46:10 ID:kfkYJl7Hwk
そのうち日本の社会が崩壊するでしょう。
その時に全てがわかる。

返信する

410 2017/03/20(月) 13:35:04 ID:I3N9WrZTyw
三つ子の魂百まで
そんなに変われない・・・・。

返信する

411 2017/06/10(土) 12:14:14 ID:XNKplQGw8E
後期フロムにおける破壊性・ナルシシズム研究は、社会現象としてのニヒリズム及び思想運動としてのニヒリズム双方を射程におさめつつ、それらに対して提出された社会心理学的応答と位置づけることができる。
思想的に見れば、人間学的観点から定義された人間的本質(human essence)としての実存的二分性(existential dichotomy)の概念は、ハイデガーによるヒューマニズム批判に対する彼独自の回答として位置づけられ、ポジティヴな「生の技法(art of living)」を構想する準拠点ともなっている。
またフロムは、ニヒリズム的状況が生み出す病理現象をネクロフィリア、ナルシシズム、サディズム等の一連の社会心理学的概念を用いることによって、その生成メカニズムを理論的、経験的に把握することができたといえる。

返信する

412 2017/06/12(月) 04:54:08 ID:/KZXM.07Ng
そもそもこの世はニヒルなものだから少しでも意味のあるものにしようという人間の働きでしょ。
生と死があるように双方とも存在する。 なにも難しいことはない。

戦時にそれをいやというほど味わった人や、自分のように現代でも地獄をみてきた人はニヒリズムを認めるが、
難しいことばかりを言っている人は生に執着しすぎて死を見つめる機会を与えられていない。
利益ばかり追い求め甘んじて損失を受け入れないような偏った人だろう。

返信する

413 2017/07/16(日) 07:59:46 ID:r/po6OX5wM
>>412

>戦時にそれをいやというほど味わった人や、自分のように現代でも地獄をみてきた人はニヒリズムを認める

まあ、そういう事ですな・・・。

返信する

414 2017/08/15(火) 15:39:40 ID:Wm3uSw2S2s
平和というのは、一般に言われているように素晴らしいものではない気がする。
というのは、平和は理想状態であるというより、寧ろ前提の状態として想像されるべきものである気がするからだ。
もちろん、平和の実現する可能性、継続する可能性の低いこと、そのための労力の甚大なことはよく承知している。
突然こんなことを言い出したのは、平和主義というものの特異性を考えてみるためである。
 まず前提として書いておきたいのは、現在構想されている「均衡による平和」などは、ここでの平和主義の目指すものではないのではない、ということである。
ここで扱う平和主義とは、核兵器廃絶や戦争反対といった、世間では「お花畑的」と言われかねないような思想のことである。
以下平和主義と出てくる箇所も、一般に言われているよりは狭い意味で使われていることに、くれぐれも注意されたい。

返信する

415 2017/09/02(土) 17:57:09 ID:nsv.c7gHt2
生きていればそれでいい。

返信する

416 2017/09/16(土) 12:17:26 ID:VTtucNDifI
人生に意味はない。したがって、「私の人生に何の意味があるのか」という問いは無意味である。

返信する

417 2017/11/04(土) 09:47:00 ID:TVo.oKYn1c
生きていれば
たまに
いい事がある?

返信する

418 2017/11/11(土) 10:38:21 ID:OR2Pf53AJ2
419 2017/11/19(日) 10:33:59 ID:RI0JIHY4q6
ストイックに生きましょう!

返信する

420 2017/12/02(土) 06:50:31 ID:scpctxDnEA
ストイックに生きましょう!

返信する

421 2017/12/10(日) 13:06:39 ID:fhL3mT8FF6
笑いながら生きる!

返信する

422 2017/12/31(日) 08:16:54 ID:Blv9RFKTuA
『快楽主義の哲学』澁澤龍彦
エピクロスの快楽主義を紹介し、それを元に無頼で過激な生き方を扇動的に提唱する。
エピクロスの思想がストア主義ではなく、ニーチェのニヒリズムの肯定とダンディズムやロマン主義、耽美主義に結びついていることに特色がある。

返信する

423 2018/01/29(月) 15:25:43 ID:Jv6YIWIKvQ
『万物をつくる者の手をはなれるときすべてはよいものであるが、人間の手にうつるとすべてが悪くなる。』(ルソー『エミール』岩波文庫上巻P23)

 ルソーの『エミール』は、性善説の立場の教育論のバイブルのようなものです。
ですが、この著作を読む限り、ルソーは全ての人間の本性は善である、とは一言も言っていないのです。彼はただこういうだけです。人間は、その誕生の時点で、全てが正しく、善である、と。
 そして、人がその始まりに於いて与えられていた善なるものは、その後の教育で悪くなるのです。
予め与えられていた正しさは、その後、失われていくのです。
 ルソーの性善説の根底に流れているこのニヒリズムを理解していなければ、性善説の教育は思わぬところで足を掬われたりするでしょう。
 此処で問題にしている、ルソーの性善説の中のニヒリズムというのは、要するに私が今まで言ってきた自然破壊の問題です。

返信する

424 2018/02/24(土) 09:06:29 ID:c2Npt0Aj.Y
惑わされたっていいじゃないか・

返信する

425 2018/03/13(火) 14:00:10 ID:4iJGvcGDWA
信じる者は救われる。

返信する

426 2018/03/28(水) 15:15:56 ID:FhbBN4I44M
禁欲主義・・・。

返信する

427 2018/04/21(土) 11:07:10 ID:mKF1t6/Kw2
ストイック

返信する

428 2018/04/29(日) 12:00:17 ID:0KdWk4KHEk
私利私欲を捨てる。

返信する

429 2018/04/30(月) 06:44:24 ID:hD4ZkHC6xk
禁欲主義・・・。

返信する

430 2018/05/12(土) 08:09:31 ID:mJ1kKRXodY
プラトニック

返信する

431 2018/06/02(土) 09:47:49 ID:lGSUOSLgDU
惑うことなかれ・・・。

返信する

432 2018/07/15(日) 11:46:12 ID:HcAfBDmF5s
天災は・・・。

返信する

433 2018/07/29(日) 10:17:26 ID:3dAuuywTzo
434 2018/08/15(水) 08:05:09 ID:LGHMbrRlzw
あるがままに生きる

返信する

435 2018/09/08(土) 08:18:21 ID:FhQf76P9OU
地に足をつけて生きよう。

返信する

436 2018/09/23(日) 07:16:38 ID:mmO5L3LkF6
[YouTubeで再生]
生きてると辛い事もある。

返信する

437 2019/05/04(土) 15:02:36 ID:cTZLcEKNH.
浄土真宗はニヒリズムの逆でしょうか?

返信する

438 2019/08/12(月) 08:17:23 ID:1ybZ800uxY
自部で考えましょう

返信する

439 2019/09/15(日) 10:04:33 ID:FLXCR9JVrg
生きていこう。

返信する

440 2019/11/04(月) 10:54:41 ID:bNTfWO2V0g

▲ページ最上部

ログサイズ:208 KB 有効レス数:440 削除レス数:





思想・哲学掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

スレッドタイトル:ニヒリズム

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)