KNHS、KNRS(行為能力否定主義、行為能力劣後主義)


▼ページ最下部
001 2010/08/31(火) 18:53:35 ID:KMizCd6yFY
「KNHS」・・・行為能力否定主義、もしくは行為能力否定主義者の略。
法的金銭的権利(行為能力)の行使こそは世を乱す元凶であるとして、自らも
できる限り社会的権利をかなぐり捨て、またそれらの権利と無縁であろうとすること。
乞食行に専念するインドの聖人や、世を避けることに専念する中国の隠者など。

「KNRS」・・・行為能力劣後主義、もしくは行為能力劣後主義者の略。
KNHSのように行為能力を完全否定するのではなく、世の繁栄のために
善用することも可能であるとした上で、その暴走による世の乱脈を制御するために、
行為能力を直接取り扱う法治主義や商業を劣後して、道徳主義や士人を優先する。
富貴と貧困の両極端に振れ切らない中道を説いた仏教、鬼神を敬してこれを遠ざく儒家など。

今の世では、とにかく粗大に行使できる者であればあるほど偉いとされている行為能力の価値を
完全否定したり、完全否定とまではいかずとも十分に劣後したりする方向性が東洋哲学にはあり、
それによって乱世を抑制してきた優秀な歴史がある。行為能力を完全否定するKNHSだけでなく、
完全には否定せずとも十分に劣後するKNRSまでもが仏教や儒家などとして樹立されたために、
単なる乞食や隠者の増えすぎによる世の衰退も未然に防止してきた。全肯定しても、
全否定しても弊害の生ずる行為能力への対処として、あらゆる選択肢を取り揃えている。

返信する

※省略されてます すべて表示...
038 2010/09/04(土) 22:23:08 ID:X2ZSynLMro
お釈迦様に言わせれば、ただ乞食行ばかりに没頭する沙門の姿も、それはそれでやりすぎなもので、
行為能力の濫用で莫大な資本を稼ぎまくる富豪とも同じように、忌避の対象とされる。

富貴と貧困の両極端はコインの裏表。そのコイン全体が中道や中庸の立場からすればいらない。

行為能力の全肯定に振れ切ることも、全否定に振れ切ることも、どちらも多大なる弊害を招くものであり、
行為能力の存在価値をある程度は認めつつも、道徳や真理と比べれば十分な劣後の対象とする、
中正を保った人としてのあり方が、東洋哲学史上の最偉人として一二を争う
釈尊と孔子の両人によって、至上無上のものとして認められている。

返信する

039 2010/09/04(土) 23:33:26 ID:hAAheoleoo:SoftBank
そもそも人間が植物を支配しようとする考えがおこがましい
人間がどんなに地球を汚染し自ら首を締め滅んだとしても植物はその後 何食わぬ顔でまた繁殖し満ち溢れるだろう
そう考えると神はもはや人間に興味もなく人間を滅ぼす気も無くなっているのかも知れない

つまり草刈りをしていてよって来た蚊をツマミながら食せばもはや一石二鳥であろう
しかし最近蚊に刺されると血液サラサラ効果があると聞いたが本当なのだろうか?
なら俺の血栓ぎみの体はやはり明日の日曜日に草刈りをするべきだろう

返信する

040 2010/09/05(日) 08:08:59 ID:tfxsa2w1F.
>>39
人類滅亡後はゴキブリの天下になるっていう説があったな

今日も暑いから朝飯の前に草取りやったよ

返信する

041 2010/09/05(日) 14:36:40 ID:cdYpaC7S8g:SoftBank
今の地球でも昆虫の天下だけどね
頂点は人間だ は傲慢だよ

草伸びるの早いよね 一週間位で目に見えて増える

返信する

042 2010/09/05(日) 17:04:25 ID:7543PCRX3w:SoftBank
≫37
経済規模が違うだけで、
彼等は労働者なんだよ。
規律を守って、商売上の仁義を守ってる。
これを侵すとコジキとしても認めて貰えず、追放される。
まあ、小規模自営業者だね。
インドは半年いたことあるが、彼等自身も自らを職業人だと思ってる。

現実。

返信する

043 2010/09/05(日) 19:04:43 ID:InYIuE9hKc
1.バラモン(祭司階級)
2.クシャトリヤ(王族階級)
3.ヴァイシャ(平民階級)
4.シュードラ(奴隷階級)

カースト制の四姓制度において、商売人は上から三番目、下から二番目に当たる「ヴァイシャ」のうちに入れられる。
奴隷階級のシュードラほどに卑賤な扱いでもないが、バラモンやクシャトリヤと比べれば卑賤なうちに入れられる平民階級。
それはそれで、「マヌ法典」などのカースト的社会制度を取り決めた原典に基づいて一定の保護を受けるものであり、
相当に貶められた扱いではあるにしろ、シュードラだってそれは同じ。しかし、制度外沙門となった乞食行者たちには、
シュードラほどもの社会的保護もあてがわれず、俗人としてのあらゆる法的経済的権利を剥奪される。
そのため乞食行者は自分が出家する前に自らの葬儀を行い、自らの社会的死亡を高らかに宣言もする。

とはいえ本当に死ぬわけではなく、結局は乞食によって食っていくので、乞食であることが形式的な職業めいても来る。
乞食としての私有財産を一切認めない上座部仏教と、多少の私有は認める部派仏教との間で根本分裂が起こり、
上座部は小乗仏教、部派は大乗仏教として別々に発展してきたことも歴史的な事実。制度外出家者として乞食行に没する中にも、
本当に完全に行為能力を捨て去る本格派のKNHSもいれば、多少は行為能力を温存したままでいる、実質上のKNRSもいる。
乞食である中にも、KNRSであるぐらいのことは、KNKSやKNGSであることと比べればよっぽど好ましいことで、
自分自身が儒学や大乗仏教を支持するKNRSとして言わせてもらえば、乞食もそれぐらいでいるので十分だと思う。

返信する

044 2010/09/06(月) 12:54:49 ID:A0eySiTstE
行為能力の全肯定か全否定かに振れ切るのなら、インドのサドゥの中でも本当にKNHS然としているのは一部だけだろうし、
仏教徒の中でもKNHSとまでいえるのは一部の上座部教徒だけで、日本の大乗仏教系の生臭坊主などははじかれることだろう。
(もちろん仏教の理論的本義はKNRSの中道志向であり、KNHSであることがより正しい根拠にはならないが)

しかし、そのような両極端の極論に溺れることがすでに有害なことであり、行為能力を完全否定しない中にもそれなりに劣後
することで、深刻な金融犯罪ぐらいは食い止めることもできて、現実の社会においては、その程度の存在でも十分マシな部類に入る。
観光客にがめつく布施をせびるサドゥや、本尊を商売道具扱いする蓮如みたいな糞坊主でも、金融強盗であるよりはよっぽど
マシであるに違いなく、それは無職やニートみたいな、未だ職業として成り立っていない範囲においてですら適用されること。

アリかナシかの極論を超えた中正な論議には、判定対象を選別する必要すらなく、天地万物すべてにその理解が行き渡る。

返信する

045 2010/09/06(月) 19:10:51 ID:0PrCx6oAuU
商売人と職業人はぜんぜん違うだろ。何言ってんだ。
42が言ってるのは「乞食も労働者意識を持ってる」てことだろ。

形式的とか結果的という話じゃなくて、
インドの乞食はギルド化してる職能集団なの!
パッカの間じゃ常識。

返信する

046 2010/09/06(月) 19:20:38 ID:a4XisJX3ow
クンニリングス

返信する

047 2010/09/06(月) 20:02:33 ID:w.j3Q9p0Zs
「行為能力」って、民法で使われる法律用語ですよね。

返信する

048 2010/09/07(火) 07:33:45 ID:xlxgvIgI9g
自分は禁治産処分を受けた制限行為能力者だから
おまえらも同じになれって言ってる気がする

返信する

049 2010/09/07(火) 08:04:46 ID:l8wLplBOQY
このスレ黒いねw
いろんな意味でw

返信する

050 2010/09/07(火) 14:49:23 ID:BQcCOUcjLI
俺も旺盛な職業意識や勤労意識を持って、無職をやっている。
精一杯、渾身を込めて、今の世に於いてもっとも有益無害な仕事である、無職を。
もちろん金を稼いではいない。金を稼ぐことしか仕事として認められないのは、商売人。
行為能力の左右にしか価値を見出せない、KNGSないしKNKS。
無職の中にも職業的価値があるなどという現実は、決して認められない。

返信する

051 2010/09/08(水) 19:15:03 ID:5drvCXzfKg:DoCoMo
今の世の中で最も明るい、希望の光が差し込んでいるスレ。

返信する

052 2010/10/14(木) 19:25:07 ID:4c4KX36bGw
「衣食足りて礼節を知る」という言葉は、司馬遷も「史記」でしょっちゅう引き合いに出している管子の言葉だが、
孟子などに言わせれば、衣食が足りたからといって必ずしも礼節がわきまえられるわけではなく、正統性に即した
相応の教育を受けることによってのみ、君臣父子夫婦兄弟朋友の達徳にも基づいた礼節がわきまえられるという。

確かにその通りで、今の日本人なども衣食は十分に満ち足りているが、礼節に関しちゃ全くのかっらきし。
商売人としてサービスに徹するためのへつらい笑いなどには長けているが、目上の者に対する相応の恭しい態度などは
根本からわきまえられていないために、即座に抱くこともできない。無礼による思い上がりに基づいて金を稼ぐことが
どこまでも許され続けた挙句に、何億人もの人々を死にも追いやる、いかなる暴君にも成しえなかったほどの暴挙に及んでいる。

礼節もわきまえられないような者が金を稼ぐことから一切禁止して、相応の恭敬に基づきつつ程よい所得に与ることが奨励
されることによって、世の中全体が殺し合い奪い合いを排した健全な状態へと復興してく。それでこそ世の中も繁栄するのだから、
礼節に基づかない所得には与らない行為能力劣後主義こそは、世の中を最大級の繁栄へと導く要ともなるのだといえる。

返信する

053 2010/10/15(金) 12:36:25 ID:XaGkivMJyw
早く働きてえなあ。
行為能力劣後の啓発のために。

返信する

054 2010/11/21(日) 21:59:36 ID:aohNBDFv06
行為能力劣後主義者は、自らにあえて無意味な苦行を課すようなことは一切しない。
ただ、世の中で安穏と暮らしている中に、差し迫って重要な問題が待ち受けている場合などに、
その解決や未然の防止のための、“必要最大限”の努力を行うのみ。

世の中全体が重権力犯罪者状態な世の中で、これ以上公益を損なう悪行に手を染めないために、
何もしないで善行の機会を待つのは必要最大限の努力である一方、悪行に手を染めている重権力犯罪者
たちへの示威のために、あえて断食などの苦行を試みるのは、必要最大限の努力をも逸脱してしまっている。

重権力犯罪者たちが軒並み自首して、大体の労働が善行に値するようになった世の中で、
積極的に働き始めるためには、それなりに体力を温存しておく必要もあるのに、
苦行などに邁進して体力を損なったんじゃ、後々働くための労働力すらも失われてしまう。

あくまで「善い仕事ができるなら働く」という前提があるから、行為能力劣後主義者は
断食のような自らの体力を損なうような苦行までもは試みず、重権力犯罪者たちが全員自首した後での
綺麗さっぱりとした世の中で熱心に働いていくために、今のような世の中では一切働くことも無く、
体力や、善行のための職能を温めておくことに特化する。

それで自らの望みが叶わず、伯夷や叔斉のように破滅の道をたどったとしても、
世の中に有害無益な迷惑ばかりをかけつつ生き延びる犯罪集団の一員なんかであるよりは、
明らかにマシな人生だったといえるので、犯罪集団の構成員などよりは、まだ満足な人生を終えられる。

返信する

055 2010/11/28(日) 04:49:28 ID:ldkEdljWWQ
君の本を買う金はどこからでてくるのよ?w
ニートなのに
おこづかい?

返信する

056 2010/11/28(日) 13:58:36 ID:W3SaLMrN0k
「学べば禄はその中にあり(衛霊公十五・三二)」
ともいうが、冗談抜きで、これらが明日の禄の糧でもある。

もちろん、他者に危害を加えてでも自分が裕福になる、
KNGSやKNKSに基づく犯罪労働のための素養ではなく、
天下万民の公益のために、私利私欲を控えてでも働く、
KNRSやKNHSに基づく道徳労働のための素養を身につけるための道具。

これらが全く役に立たず、強盗団の手先が書いた財テク書ばかりが
役立てられるような世の中であるなら、こっちよりも世の中のほうが
先に自滅するのも必定だから、何ら自分のことを心配する必要もない。

返信する

057 2010/11/28(日) 17:35:37 ID:lLr05zK5oM
クンニリングス

返信する

058 2010/11/28(日) 17:53:52 ID:ldkEdljWWQ
ハードカバーは読みにくい

返信する

059 2010/11/28(日) 18:00:01 ID:ldkEdljWWQ
まぁいいたいことは分らんでもないよww
俺も株や投資なんかは大嫌いだしw
銀行口座さえないwwww
ところでその本の山凄いなぁ
全部読んだの?w
意図的かそうじゃないか分らんけど聖書が一番したに圧迫されてるよww

返信する

060 2010/11/28(日) 19:28:09 ID:W3SaLMrN0k
画像中のものは9割がた読み通しているが、これは蔵書のほんの一部だ。
それでも入手困難だったり超高価だったりして、一応図書館で借りて読んだものも多い。
画像にあるものは年がら年中読みっぱなしのものがほとんどなので、借りるわけにもいかない。
さすがに軽装版のものはくたびれてきてるので、ハードカバーの頑強さにも助けられている。

ちなみに「上製本」と呼ばれるハードカバーの装丁は、イスラム圏で発明されたもの。
まさに、コーランを豪装するためにこそ、上製本が考案されてもいる。
日本には西洋経由で伝わってきたために「洋装本」とも言われているが、本当はイスラム圏が発祥。
カレーが洋食扱いされたりもしていても、本当はインド発祥なのと同じ。

元を取るだけ読み込むつもりなら、ハードカバーの上製本もお奨めできる。
再版制度の関係で、カバーと帯を取れば極端に貧相になる、日本の軽装本なんかに
愛着もわかないし。昔の本だと、軽装版でも結構、ちゃんとした作りのがあったんだがなあ。

返信する

061 2010/11/29(月) 03:22:15 ID:.L5eB2AhSk
削除(by投稿者)

返信する

062 2010/11/29(月) 10:34:07 ID:XUQ8ur12lM
画中のハードカバー版は、コーランと向こう側の論語を除いて、すべて古書だ。
どれも古書店やヤフオクなどで、底値で手に入れたものばかり。安いものだと数百円とか。

真ん中最下段の縮刷国訳漢文大成も、セットが分売不可で何十万もの高値で売られている場合があるが、
四書五経全文や老荘などの載っている第一巻だけが、廃校した私立高校の蔵書処分で格安で手に入った。
戦前の版で紙質も悪く、どこもかしこも蔵書印だらけだが、辞書代わりに用いる上では差し支えない。
元々付いていた図書カードには、一人の女子生徒の昭和末期の貸し出し印だけがあるだけで、後はしらった。
電話帳よりも太いこの本をわざわざ借りたあたり、よっぽど勉強熱心だったか、単なる冷やかしかのいずれかに違いない。


行為能力否定主義者はともかく、行為能力劣後主義者は、俗世での経済活動を全く拒絶したりはしない。
俗世での活動には罪が多く、どんなに清浄な活動に努めても、多少のみそが付くのは分かっている。
しかし、そのような清濁併せ呑む活動の中に、徳>罪である研鑽こそを積んでいき、罪>徳の犯罪労働によって
世の中をいま以上にも荒廃せんとする最悪の所業だけは避ける。徳>罪の活動だけを順当に積み重ねていけたなら、
多少の罪は犯しつつも、世の中における罪の分量をいま以上に軽減抑制することができるのも確か。

確かにそれは難しいことで、雇用者と契約して金を稼ぐような仕事だと、まず今は実現が不可能。
ただ、それは実際に実現が可能なことで、世の中が犯罪労働を金科玉条に掲げる、総員KNGS・KNKS状態から
すら脱却できたなら、本当に俗世での実現が可能だ。KNRSの勤労活動とて清濁併せ呑んだものになるには違いないが、
罪>徳を排して徳>罪に徹することによって、世の中の罪の分量を減らしこそすれ増やさないようにできるのだ。

返信する

063 2010/11/29(月) 14:27:16 ID:XUQ8ur12lM
なにが徳>罪であり、なにが罪>徳であるのかを、なかなか一概に見極めるのは難しく、
一見悪そうでいながら辛うじて徳≧罪であったり、良さげでありながら甚だしく罪≫徳だったりもする。

ただ、ある程度の勉強や人生経験も重ねて、実践からの自己修養に努めていたならば、
徳>罪である状態における精神の普遍的な充足を知る。そのような精神的充足を孟子は「浩然の気」といい、
行いが徳>罪である限りにおいてはこの浩然の気が保たれる一方で、行いが罪>徳であってしまえば、たちまちの内に
浩然の気は損なわれて、恒常的な飢渇状態となり、七つの海を呑み干すほどもの渇望にあえぎ続けることとなる。

そのようなことにならないためには、ただ徳>罪でいることに尽きるのであり、そうですらあれば
徳2>罪1でも、徳0.01>罪0.009でも構わない。しかし、罪>徳である限りにおいては、罪10000>徳9998だろうが、
罪10000000>徳9999999だろうが、浩然の気が損なわれて渇き続ける。罪10000000>徳9999999の場合のほうが、
徳0.01>罪0.009の場合よりも、徳の絶対量でも遥かに優っているわけだが、その9999999の徳よりも
さらに大きな10000000の罪を抱えてしまっているために、9999999−10000000=−1となって、総合面では
0.01−0.009=0.001である徳0.01>罪0.009ほどにも、浩然の気を保つにたる条件を満たさない。

ごくごく小さな徳でもいいから、とにかく恒常的に徳>罪であるようにする。そのためには、大きな徳を積む以前に、
まずは大きな罪を犯さないことから。いくら後付けで大きな徳を積んだところで、到底埋め合わせきれないような
多大なる罪を先に犯してたんじゃ、プラスマイナスゼロ以下となって、罪を犯さずに小さな徳を積むほどもの
功徳にすらならない。徳0.01>罪0.009でも徳0.000001>罪0.0000009でも、罪10000000>徳9999999などよりはマシであり、
浩然の気を保つにたる条件も満たせるから、徳を積むことと、罪を犯さないこととの配分への注意こそが必要だ。

返信する

064 2010/11/29(月) 23:39:22 ID:.L5eB2AhSk
削除(by投稿者)

返信する

065 2010/11/30(火) 12:03:19 ID:tNhtuSFAK.
今の社会において、自分が徳>罪か罪>徳かを調べる上で手っ取り早い判断基準は、
「非生産的資本所得(総所得−自己生産物)が世界平均よりも上か下か」だ。

総所得−自己生産物が世界平均以下なら徳>罪。
総所得−自己生産物が世界平均以上なら罪>徳。

「総所得」は、もちろん稼いだ金全て。「自己生産物」は、自己が世のため人のために生産したもの。
さすがに何の役にも立たないガラクタや、営業スマイルまでもが「自己生産物」になるとはいえない。
もちろん、何も生み出さずに利殖だけを獲得する金融詐欺の手口なども生産物には当たらない。
ここで重要なのは、

総所得−自己生産物<0ならば徳>罪。
総所得−自己生産物>0ならば罪>徳。

ではない点。この条件だと、誰しもが産む以上にも奪おうとしている今のような乱世では、否応なく
誰しもが罪>徳であることになってしまう。奪う以上に産む量が多いかどうかを査定基準にできるのは、
奪い合い殺し合いがある程度収拾した泰平社会になってから。今のような乱世においてはひとまず、
非生産的資本所得が世界平均以下であるように努めるのが、徳>罪に向かうための最善姿勢となる。

返信する

066 2010/12/01(水) 16:20:36 ID:r.AQne8x76
削除(by投稿者)

返信する

067 2010/12/01(水) 16:23:26 ID:r.AQne8x76
削除(by投稿者)

返信する

068 2010/12/01(水) 19:16:57 ID:QncO0D29zk
聖書に、好きも嫌いもあるかよ。

目の前に知恵足らずの白痴がいても、哀れとは思った所で、嫌いだとか憎いとかは思わない。
仮に相手が凶悪犯罪者でもあったとしても、チンパン以下にまで知能を引き落とすカルト教義なんかに
洗脳されたせいで罪も犯していたのなら、憎み嫌う以前に、まずその病理を拭い去らなければならない。
病理を拭い去り、適切な教育も施した上で、なおのこと反省すらせず、悪びれないでいたりしたなら、
その時にこそ救いようのない極悪人としての当人を憎むだろうが、まだそういう風には憎んではいけない。

「教えずして殺す、これを虐と謂う」
「適切な教育も施さずに誅殺する、これを虐待という」
(「論語」堯曰第二十・四より)

聖書という書物からして、文章表現からその内容に至るまで、稚拙の限りを尽くした「不具の書」であり、
人としての責任を問えるほどに、まともな作者たちによって書かれたものでもないことが確かなので、
それを好き好むのもおかしいし、逆に憎み嫌った挙句に、十字架にバッテン×をあしらった旗を国旗にする
アンチキリストなんかになるのもおかしい。聖書という書物、その信仰者や、潜在的洗脳罹患者などを
全く人としての品位を満たさない不具者と見なすことで、かえって対等な相手としての好悪などは持たない。

医者が患者を嫌ってたんじゃ、治療も覚束ない。未だ不具状態の疾病者であるからには、
何段階も上の所から見守ってあげるぐらいの度量でいなければならない。

返信する

069 2010/12/02(木) 02:23:36 ID:mdaAcFIeqc
そんなこと書きなぐってる暇があるんなら
原始仏典のパーリ語の原典全集を買えよwww

返信する

070 2010/12/03(金) 17:35:48 ID:8JsEp/Oons:SoftBank
こいつの書き込み、本当に中身がないんだよなあ。
中二病的というか

返信する

071 2010/12/04(土) 09:24:33 ID:ZC.OB7zTRM:DoCoMo
おまえ自身が低脳すぎて人の言うことが理解できないから、さも人の言っていることにも中身がないように思われることと、
おまえ自身にもまともな長文読解力があり、相手の言うことを十分に理解した上で中身がないと判ずることとは違うんだぞ?

重度の知的障害者には、両者の違いも分からないんだろうが。

返信する

072 2010/12/04(土) 18:59:45 ID:0JrzXV/ciQ
確かに中身はないな。

返信する

073 2010/12/04(土) 20:29:00 ID:ZC.OB7zTRM:DoCoMo
ちゃんと仔細まで読み込んで、ちゃんとその内容を理解した上で、それでも中身がないように思えるのなら、
それは、俺の書き込みが「行為能力の積極化」を目的としたものではないからだ。

法律上の強権を行使しようというのでもなければ、大金をいいように動かそうだなんてことでもない。
ただ何もしない、法律的経済的要素をなるべく変動させず、かえって万人に法経済的要素の変動の禁止や抑制すらも促している。

だから、法経済的要素を変動させることこそは全てである現代の人間などにとっては、
俺の書き込みが、どこからどう見ても「中身」がないように思える。強権を行使する、大金を動かして回る、
そんなことはするな、させるな、やめさせろと、するだけ、させるだけ、やめさせないだけ有害無益なだけだと、
行為能力に関しての根本からの消極化を促しているのだから、行為能力の積極化こそは
全てである人間には、俺のいうことには丸っきり中身が伴っていないようにすら映ることとなる。

行為能力の変動ばかりが全てではない、それどころか人間にとっての末節の要素に過ぎず、
精神や道徳といったより根本的な要素の前では、厳重な否定や劣後をされてしかるべきだとしている。
いついかなる場合、どんな時においても、根本と比べれば末節は否定や劣後の対象とされてしかるべきだから、
精神や道徳とは相反する、金融や物質を司る行為能力をまずはひとしなみに否定して、
どうしても生活便宜上必要な場合に限って甘受し、それでもまだ余裕があるようならば、
人さまに迷惑をかけない限りにおいて余分な行為能力を行使することもある。

というような書き込みもやっぱり、行為能力こそは全てである人種などには中身がないように思える。
たとえそれが、地球人類の永劫なる福利厚生に貢献する、高潔偉大なる思想であったとしても。

返信する

074 2010/12/07(火) 02:56:03 ID:5CrMKN2eng
>>中身
現状の自分を肯定する証明を長々と語ってらっしゃるそうだ。

返信する

075 2010/12/29(水) 20:23:08 ID:IIvkTP2ebo:DoCoMo
現状の自分をありのままに肯定するのが楽しいかどうかだ。

楽しくなけりゃ、こんなに長々と語れはしない。
金ももらってないのに。

返信する

076 2011/04/01(金) 06:20:10 ID:HUJm8rVcYM:DoCoMo
はやく働きてえなあ。

返信する

077 2011/04/09(土) 22:56:03 ID:VSaic76ho2:DoCoMo
国としてKNHSを体現しているのはインド。KNRSを体現しているのは中国。

なぜKNRSよりもKNHSを尊重したほうがいいのかが分かりやしないかい?

返信する

078 2011/04/16(土) 15:04:58 ID:U8nGDXRc9E:DoCoMo
カネやモノはナシとするのがKNHS。

カネやモノもアリとした上で、
さらにその上に精神や道徳を置くのがKNRS。

返信する

079 2012/04/22(日) 16:29:00 ID:mZeSOZ0jd6:au
行為能力否定、行為能力劣後こそは、聖賢の業(わざ)である。

その度合いには、相当な個人さがあるにしろ、
少なからず行為能力を否定したり劣後したりする心意気が備わっていることこそは、
聖賢が聖賢たる所以であり、その心意気が旺盛であることこそは、聖賢が偉大たる所以なのでもある。

返信する

080 2012/04/22(日) 20:08:07 ID:Nv1a.IDVgU
自由主義は行為能力濫用主義だし、
民主主義は行為能力統制不能主義だし、
資本主義は行為能力完全金融化主義だし、
共産主義は行為能力単調共有主義だし、
独裁主義は行為能力独占主義だし、
無秩序主義は行為能力乱脈主義だし、

行為能力の扱い方に還元してみれば、西洋産の政治イデオロギーの
いずれもが、ろくでもない代物ばかりであることが丸分かりとなる。

行為能力全般を諦観する慧眼が決定的に欠けているから、とにかく行為能力を
扱えてりゃそれで偉いっていう、小人の思い込み止まりでしかいられない。

行為能力全般をよく客観して、その最も適切な扱いにのみ努めるのなら、
上記のようなイデオロキーのうちのいずれかにだけ、行為能力の扱い方を完全に
固定化してしまったりすることが、いかに愚かなことであるのかも、分かるのである。

返信する

081 2012/04/23(月) 11:57:57 ID:ZWcC2HEfIc:au
行為能力の否定に神を見、行為能力の劣後に仏を見る。
行為能力の貪りに鬼畜を見、行為能力の超越に邪神を見る。

それが、正しい見識を具えるということである。

返信する

082 2012/05/24(木) 11:18:23 ID:N/QVavCim6:au
完全否定であれ、劣後という程であれ、
少なからず行為能力に否定的であろうとする所に、人としての何らかの向上がある。

時には「赤字覚悟の大セール」なんかも行ってみた所で、
所詮は行為能力にすがることが生業である商売人などにとっては、
自己の存在価値を完全否定する所からしか、品性の向上が見込めない。

いかに「商売人」という職業が本来、人として勝ち誇るに値しない職業であるのかを
見据え直す所から、やり直していく必要がある。

返信する

083 2012/11/03(土) 14:53:28 ID:jaNYHWzq82:au
行為能力を善用するところに苦しみ以上の楽しみが
行為能力を悪用するところに楽しみ以上の苦しみがある。

特に行為能力を活用したがらない所でも、人は安楽でいられる。
それは、人がまともに生きること自体が、行為能力の善用となるからだ。

ふざけて生きようとした時点で、行為能力が少なからず悪用され、
以って不必要に苦しむようになる。

第一には、無駄にふざけないということが必要なのだろう。

返信する

084 2013/05/20(月) 11:52:21 ID:ujcnUO8zFk
大変興味深く拝読しました。
かなり完成された思想をお持ちですね。
あなたのレスと思われるもの全てを保存させていただきました。
私はまだまだ浅学の身ですので、今後もより一層の精進を重ねていきたい次第です。

ありがとうございました。

返信する

085 2018/05/24(木) 00:14:37 ID:CLVnotSjUs
ああ、うぜえ。という本心を隠した84スレ主であったw

返信する

086 2018/05/24(木) 00:17:25 ID:CLVnotSjUs
訊かなければよかった。という本心を隠した84スレ主であったw

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:55 KB 有効レス数:86 削除レス数:





思想・哲学掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

スレッドタイトル:KNHS、KNRS(行為能力否定主義、行為能力劣後主義)

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)