善と悪


▼ページ最下部
001 2010/08/14(土) 01:16:59 ID:JMtSyc7op6
善と悪ってどういう基準で決まるんでしょうか。

返信する

※省略されてます すべて表示...
076 2011/05/18(水) 02:26:26 ID:Bw7zucDKfQ
善か悪の判断は、その自分がいる世界にもよる。
一方の世界では”悪”と判断し、一方では”善”と判断するかもしれない。
人を殺してはいけない、と言うことも世界が変われば善にも悪にもなる。
戦争では大量に殺せば「英雄」普段で人を殺せば「人殺し」
観念が違えば悪も違う。
その組織では許されることは、他の組織では許されない。
話は違いますが永田町の常識は非常識とも言います。
すべては人間の主観的な事なのですよ。
動物の善悪もまったく人間とは異なる形で存在するでしょう。
善悪と言う言葉も所詮は人間が作り出した記号にしか過ぎません。

返信する

077 2011/05/18(水) 08:02:45 ID:A0Rx0vKMrA:DoCoMo
善悪の普遍化を何とか突き崩そうとする
劣悪で幼稚な意志の持ち主であることが見るに明らか。

抽象すなわち絶対悪であるはずはないが、
正統仏教ほどにも断悪修善にかけての万全を帰さないことには、
ほぼ必ず善悪みそくそという劣悪な方向性を伴ってしまう。

だから、非仏の抽象志向は概ね悪であるということがいえる。

返信する

078 2011/05/18(水) 09:51:57 ID:8y/v6FivFs
孔子バカは孔子が設定した善悪が揺らぐと自分の存在許可が揺らぐから絶対認められないわなw

返信する

079 2011/05/18(水) 12:26:38 ID:2iCyAonZYw
孔子が見出した(×設定した)善悪の基準は、
イエスキリストが見出した善悪の基準と全く同じものだ。

ただ、その「善悪の基準」に基づいて、
善を善と見なし、悪を悪と見なしたのが孔子である一方で、
善を悪と見なし、悪を善と見なしたのがイエスである点だけが違う。

真に善であるものを善と見なし、悪であるものを悪であるとみなしたのが
孔子だから、孔子の言うことに従えば世界が救われる一方で、
善であるものを悪と見なし、悪であるものを善であるとみなしたのが
イエスだから、イエスの教えに従えば世界が亡びるのでもある。

返信する

080 2011/05/18(水) 17:59:46 ID:Rg5ekjvDQQ
[YouTubeで再生]

    善  悪  じゃ無くって・・・

 もともとの本来の姿に。 愛されてる元の関係に。

返信する

081 2011/05/18(水) 18:33:36 ID:2iCyAonZYw
善悪の分別を正当にわきまえた、無宗教の人間道徳よりも
数百年は遅れて発生した邪神信仰が、信者たち自身の自業自得に
過ぎない悪因苦果の積み重ねを、致命的なまでにけしかけ続けている。

カルト信仰の邪義は、善を悪、悪を善と見なす転倒夢想への陥りをけしかけるのみならず、
悪因苦果の自業自得による苦しみを紛らわすための、無条件な愛欲の貪りをもけしかける。
カルトの邪義に溺れた信者たちは、自分たち自身ではそれを苦しみだと認められずにいようとも、
やはり実際問題として、極重の罪悪の辛苦に喘ぎ続けているのが真実だから、その苦しみから
気を逸らすために、別に苦しんだりしていない人間などよりも遥かに旺盛に愛欲をむさぼる。

その結果、避妊や性病予防も追いつかないままの、家畜にも等しい邪淫を繰り返し、
人口爆発や環境破壊などをも推し進めて、地球人類の滅亡すらをも射程に入れ始めている。

天下万人を利するための、体系的な情欲の制御をたしなむ仁愛が、世界を救えもする一方で、
悪因苦果の苦しみを紛らわすために、無条件に貪られる獣畜にも等しい愛欲こそは、世界を滅ぼす。
「愛は世界を滅ぼす」というと、条件わけを無視した一般論になり過ぎて語弊があるが、
確かに、ある種の劣悪な愛が核となって、この地球人類社会を滅亡へと導きつつあるのだ。

返信する

082 2011/05/18(水) 18:39:02 ID:Rg5ekjvDQQ

 何を基準に・・・

返信する

083 2011/05/18(水) 19:08:19 ID:2iCyAonZYw
キリストも“基準”にはしていたものだ。

ただし、解釈を間違いとおしてもいたが。

返信する

084 2011/05/18(水) 20:47:50 ID:8y/v6FivFs
考え方が大好きなキリスト教徒と全く同じだといい加減気付けよ、孔子バカw

返信する

085 2011/05/18(水) 22:09:29 ID:2iCyAonZYw
確かに全く同じだが?

ただ、善悪の分別を転倒させていない部分が違うだけで。

返信する

086 2011/05/20(金) 02:37:42 ID:j4khAt543c
>>76動物には善悪はない
孔子ばか?さんのいうみそくそのままを受けいれるだけてす
そこ以外は同意

返信する

087 2011/05/20(金) 10:05:05 ID:ZWQ61T9p86:DoCoMo
動物には善悪はないが、人間には善悪がある。

善悪の基準をはかり知る能力があった上で、
勧善懲悪だったり悪逆非道だったり善悪みそくそだったりする。

すでに善悪を知ってしまった以上は、「善悪はない」などということはなく、
善悪の把捉があるからこそ、悪逆非道や善悪みそくそもまたある。

返信する

088 2011/05/21(土) 11:50:46 ID:NgJ8JxBA/A
善悪の基準はもはや定まっているとして、
対極関係にある「二元」のうちのいずれが善であり、
いずれが悪であるかということが、概念論の範囲では相対論に止まる。

他人が善としたものを悪としたり、悪としたものを善としたりしても、
彼我の相対性を超越した普遍的な基準がないことには、
何が善であり何が悪であるということに絶対性が付与されず、
彼我いずれの善悪設定が正しいのかということに普遍性が生じない。

仮に今ここで、
「?それを行うことが健全に楽しく、なおかつ全人類の福徳にも貢献するのが善であり、
それを行うことが不健全に苦しく、なおかつ全人類の破滅をもたらすのが悪である」
と設定してみる。これが概ね、善悪の普遍的な定義であるという支持をも得られそうなもの。

しかし、より強度の概念論によってごまかしを尽くした挙句に
「?それを行うことが健全に楽しく、なおかつ全人類の福徳にも貢献するのが悪であり、
それを行うことが不健全に苦しく、なおかつ全人類の破滅をもたらすのが善である」
というような設定を無理強いすることだってあり得ないとは言えず、カルト洗脳に取り込まれた
多くの衆生が、概念による濁しを通じて、間接的にこのような設定を支持することすらあり得る。

?ような迷妄な設定を受け入れている人間からすれば、善悪なんて甚だ無意味なもののように思え、
だからこそ「善悪に普遍性なんて存在しない」などという結論にすら陥りたがる。しかし、
?のような正当な善悪の設定をわきまえているものからすれば、善悪ほどに自明かつ普遍的なものも
他に存在しないわけで、誤った善悪の定義に溺れているものが、だからこそ善悪に普遍性を
見出せなくなっているその有り様が、あまりにも無様な自業自得の妄断にしか見えないわけだ。

返信する

089 2011/05/23(月) 22:14:40 ID:mgodEClixA
人間の欲求の仲にしか善悪はない。

返信する

090 2011/05/24(火) 21:21:40 ID:vY3OkzHdPc:DoCoMo
人間の欲求が程度をわきまえられているのが善。
わきまえられずに放蕩の限りを尽くすのが悪。

欲求のあるところ、必ず善悪あり。
善悪を超越したければ、あらゆる欲求を永久に放棄しなければ。

返信する

091 2011/06/06(月) 18:26:20 ID:fTFg5TcfNY
人間の欲求が程度をわきまえられているのが善 などと臭いものにはフタをするようなアンタら宗教家は悪(何ら具体性のない夢物語 理想化し過ぎ)

欲求は生き物の必然であり起こりえる全ての現象は自他共に無関係ではない と、理解し合えた結果的な平和だけに善がある
結果のみに善悪がある
ハナから善悪を論じて普遍だとか傲慢にもほどがある
自分様こそがわきまえろ

返信する

092 2011/06/06(月) 19:03:27 ID:IwM/iMF.bQ
欲求の程度をわきまえられるのは、あらゆる生き物の中でも人間だけであり、
だからこそ人間だけに善悪があって、他の生き物に善悪はない。

ただひたすら食欲のおもむくままに食いまくることも、動物ならおかしくはないが、
世の中の事業を分担して個々の仕事に励む能力も持ち合わせている人間には、
自分ばかりが食欲を貪って他者を貧困や餓死に追い込んだりすれば、いつかは
そのぶんのしっぺ返しが自分にまで及んでくる可能性までもが予想できる。
だから自分ばかりで食い物を占有せずに、誰しもに最低限の食糧を供給しなければ
ならないという義務感を抱くことができる。だからこそ、それを実際に実行することが
善となる一方で、全くそこまで考えが及ばなかったり、及んだところで
その考えを実行に移すための努力を怠ったりすることが悪になる。

事実、そこまで考えが及び得るのが人間であり、そこまで考えが及ばない
人間が特定してサイコパスなどの精神障害に罹患しているだけなのだから、
「欲求の赴くまま」という、下等な生物にとってのみ普遍的である性向を、
高等な生物である人間にまで普遍的に適用しようとするほうが間違っていて、
それもまた善か悪かでいえば、悪に相当する主張だといえる。

返信する

093 2011/06/06(月) 20:03:18 ID:IwM/iMF.bQ
「万人を利することで我れをも利する」という、
儒学の「仁義」にも相当するような考えを、実際に人間は思いつくことが出来る。
思いついた上で、実際に実行する事だってできなくはない。
ここにすでに、「善」に相当する理念が産まれてしまっている。

善を思いついたことが善思となり、思いついた善を肯定する発言が善言となり、
実際にその善を実行することが善行になる一方で、
善を思いつかなかったり、思いついてもすぐ忘れたりするのが悪思となり、
善を否定したり貶めたりするような発言が悪言となり、
善を実行せず、善の反対を為すような行いが悪行となる。

「人は欲求のために他人を食い物にすらする生き物だ」などと主張した
ところで、そうではない場合をも想定できて、実際に実行に移すこともできる。
だからそのような善思善行と比べて、強盗殺人級の我田引水を普遍化
するような発言は、その場で即座に絶対的な悪言となってしまう。

仁義のような、善良な理念がすでに想定されてしまっている時点で、
仁義に反する我田引水を推進する理念などをいくら肯定したところで、
そのような主張が必然的に悪を肯定する主張になるだけであり、我田引水の
普遍性を肯定することが、何ら我田引水の善良さの肯定になっているわけではない。

返信する

094 2011/06/06(月) 22:41:12 ID:s/rXm25usQ
他人のことはイエスかノーか是が非かでしか計らない傲慢さ(笑)

返信する

095 2011/06/06(月) 22:58:56 ID:IwM/iMF.bQ
悪には悪なりに、積み立ててきたものがあるというのにな。

返信する

096 2011/06/07(火) 18:13:52 ID:VVX036mVu.
お前さんにも欲求はあるだろう
少なからず悪の部分はある
というよりは善など無いといえる

返信する

097 2011/06/07(火) 18:28:43 ID:BBvb5Zgbkg
欲求があることが悪で、ないことが善なのではない。

欲求の制御が利かないことが悪で、それなりに利いていることが善。

欲求が全くないなんてのは「無記(善でも悪でもない)」であり、
出家して利他行に臨む菩薩にすら、善を為そうとする意欲は残っている。

返信する

098 2011/06/09(木) 09:45:23 ID:BYSUUJT3.Y
なんだよ「それなり」ってのわ(笑)
都合よい言葉ですね
具体例もないのに力説してもムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダ

返信する

099 2011/06/09(木) 10:51:38 ID:zo12EY4Dzw:DoCoMo
人類を滅亡させるのが悪。
滅亡まではさせないのが善。

返信する

100 2011/06/09(木) 14:34:40 ID:..VBWOdZEM
バカじゃねーの?知識があるのが人間というだけで種そのものがどうということはないんだぜ
さらには、生き物は進化と絶滅を繰り返しているので普遍性などあり得ないのだ
バカ

返信する

101 2011/06/09(木) 16:03:30 ID:zo12EY4Dzw:DoCoMo
人類を、必要もなく、わざわざ、あえて、好き好んで滅亡に追い込むのが悪。

さすがにそこまではしないのが善。

返信する

102 2011/06/09(木) 22:34:35 ID:FJMlhanymI
大乗仏教などは、基本は「唯心論」であるために、抽象的な心理や精神ばかりをあげつらって、
具体的な物理や現象に触れようとしない。坊さんがお寺で信者などに具体的な社会問題への
アドバイスを行ったりすることはあっても、坊さん自身が学ぶような仏教教理の内実に、
「俗諦」に相当するような物質的な論及はあまり含まれていない。

しかし、仏者が唯識思想などに基づいて定立する善因楽果悪因苦果の絶対法則「罪福」が、
悪因苦果の蒙昧な積み重ねによって、衆生が地獄へと突き落とされることをも確証している。
しかもそれが単なる道徳的な教訓などではなく、三千大千世界を司る絶対法則だともいう。

事実そうであり、犯罪聖書信者がカルト信仰の実践の推進によって撒き散らす甚大な悪因苦果が、
人々に居ても立ってもいられないほどもの渇望をもたらし、渇望を紛らわすために愛欲を貪らせて
世界人口を爆発させ、どうあっても全人類の食糧を地球上でまかないきれなくなるほどもの規模にまで
人口を増大させてしまっている。そのせいで、ただ食糧を確保するための略奪戦争すらもが近い将来
避けられない状態にまで差し掛かってしまっており、アメリカやロシアの核備蓄も動員しての
全面核戦争によって人類が滅亡しかねないほどもの危機が、確かに目前にまで迫って来ている。

人口爆発や核戦争による人類の滅亡を避けることができる手段はただ一つ、地球上の全聖書信者が
心の底からの完全なる棄教を受け入れて、カルト信仰への惑溺による精神薄弱やサイコパスが進行して
しまっている連中については、禁治産や強制入院や服役などの過酷な処分も受け入れることである。
そうしなければ人類が滅亡し、過酷な処分を受け入れる場合以上もの惨状だけが待っている。

大乗仏教が定立する、悪因苦果の積み重ねによる地獄への転落が、確かに実社会をも司る永久普遍の
絶対法則となっている。それは、この世界を構成しているあらゆる物質や現象もまた、より根本的な
部分では、心や精神に司られているからであり、心や精神と比べれば、物質や現象や金銭などは
枝葉の末節に過ぎないからだ。だからこそ、絶対真理を司る仏教が、特定して唯心論なのでもある。

返信する

103 2011/06/10(金) 01:10:59 ID:0D9.VhO0A6
101ギリギリの搾取を続ける権力者達は善てことだね
滅亡させたら自分達が労働しなきゃあならなくなるからね
飼い殺ししているヤツらは善だね
ああ言えば上佑さん

返信する

104 2011/06/10(金) 01:14:09 ID:0D9.VhO0A6
102だからこそとか言ってるが、なんら具体性もないようだぞ?グダグダなのに自信満々ですね

返信する

105 2011/06/10(金) 01:26:56 ID:Pel0vX5jh2:DoCoMo
人類を滅亡寸前にまで追い込んだ悪の権化が、
これ以上悪を推し進めたとしても何のうま味もないことに気づいたから、
行き詰まって悪の推進を自粛する綱渡り状態にある。

とはいえ、悪魔はあくまで悪魔であり、
悪を推進することにかけては有能であっても、
勧善懲悪にかけては全くの無能だから、もうこれ以上やってられない。

悪の自粛なんていう性に合わない仕事をやらされ続けるなら、
さっさと死んでしまいたい。禁治産者にでもなって、自分からは何もしないでいい余生を全うするほうがマシ。

元・悪の権化だからこそ。

返信する

106 2011/06/10(金) 21:27:50 ID:h.RvXSGkzk
しかし、「具体例がない」「具体例を挙げろ」などとピーチクパーチクわめいているが、
じゃあたとえば、「アフリカのどこどこの国では何万人の人々が餓死した」などという
実例を挙げたからといって、それが、人類が滅亡する決定的な証拠になるのだろうか?

そもそも、部分を分析する近視眼的な姿勢で、
大局の存亡の問題まで捉えようとするほうが間違っているのではないか。

一方では大量の餓死者を産み、一方では金満の虚栄を謳歌する守銭奴を産む、
そのような餓鬼畜生への世界の両極化全般が、世界滅亡の危機をももたらしているのだから、
守銭奴の溜まり場である資本主義社会の繁栄だけを見れば、それこそ「人類が滅亡からは
程遠い証拠である」とすら勘違いしかねない。資本主義社会の富豪のような一部分だけを
見れば、人類の存亡に対する見解は逆転すらしてしまいかねないのだから、ことに
大局の存亡を見計らうためには、個別の具体例に固執することこそ御法度だといえる。

返信する

107 2011/06/10(金) 21:29:21 ID:h.RvXSGkzk
>>105では「悪の権化ももはや元・悪の権化」みたいなことを言ったが、
やはり悪の権化は悪の権化であって、人類の滅亡を十分に食い止めることも叶うまい。

カトリック教徒たちによる南アメリカ文明の壊滅的破壊、
イギリス人入植者によるタスマニア原住民へのホロコーストの完遂、
アメリカ政府の広島・長崎への原爆投下による民間人の大量虐殺、
欧米系ユダヤ教徒によるパレスチナ等の中東社会への迫害などなど・・・

欧米聖書圏がこれまでの歴史において積み重ねてきた非常識な規模の権力犯罪が、
すでに欧米人を再起不能なほどもの凶状や罪障の持ち主へと仕立て上げてしまっている。
確かに今の欧米人は、100年以上前の権力犯罪を行った張本人などではなく、張本人の
子孫に当たるわけだが、もはやアメリカとかイギリスとかユダヤとか欧州とかいった派閥が、
そのままだと必ずまた同規模以上の権力犯罪をやらかす疾患を帯びたままであることが
明らかだから、これ以上の権力犯罪の増長による人類の滅亡の進行を食い止めるために、
今の欧米人に対する服役や強制入院や禁治産や参政権剥奪などの適正な処分がやはり必須となる。

もちろん、欧米人が世界の主導権を握るなどということも、今後千年程度は絶対に許されない。
どんなに正義の味方の知識にあやかったりしようなどとしたところで、すでに「地獄の鬼畜」
としての立場が確立されてしまっているのだから。地獄の鬼畜が世界の主導者で
あり続けることほどにも、最もな悪因苦果の元凶も他にないのだから。

返信する

108 2011/06/11(土) 12:15:23 ID:..HmeGfp/2:DoCoMo
ずいぶん苛烈に聞こえるかもしれないが、
これこそは、想定しうる限りでも最も寛大な、聖書信者たちに対する処分でもある。

全人類の内の、現聖書信者がこれからも生き延びていく上での、最低限の措置でもある。
このまま、聖書信仰に基づく精神障害や重権力犯罪を進行させ続けていくことで、
死滅の憂き目に遭うのは、他でもない聖書信者たち自身であり、
現聖書信者がこれからも命を繋いでいくためにこそ、
完全棄教や参政権剥奪や禁治産や強制入院や服役といった
必要最低限の処分が科されるのでもある。

返信する

109 2011/06/11(土) 22:23:53 ID:aZH54NDukE
滅亡寸前て70億人突破目前ですがな

返信する

110 2011/06/11(土) 22:34:22 ID:aZH54NDukE
苛烈だとか何だとか言ってるがお前さんの基準はどんだけ正しいのん?勝手にルールをつくって勝手に他人様を悪だと言ってるだけだろう
勝手にこ〜んな感じって曖昧に決めてるけど、それに沿わない人間が居る社会にワザワザ住んでまでお節介全開なのは何故?
アンタだけ山で暮らせばいいじゃん

返信する

111 2011/06/11(土) 23:45:50 ID:S6NKkrnZdY
現実を間違いなく提示することに最善を尽くしているだけであって、他意はない。

返信する

112 2011/06/12(日) 00:51:36 ID:hGrpeUeW5k:DoCoMo
生死存亡の間際に「俺はこう思う」は通用しない。

返信する

113 2011/06/13(月) 21:07:35 ID:yuQRv02EQo
バカだな
その現実が、まがいものなんだろうが
すべては人間が存在するからこそのルールや理屈なんだよ
アンタは、ただ単に引っ掻き回して問題を増やしているだけなんだよ

返信する

114 2011/06/13(月) 22:23:11 ID:uKIsP6Mhg.
そもそもも、誰にも「俺の言うことに従え」などと
強要しているわけではないからな。少なくとも、今はまだ。

「こいつの言うことに従う」という選択肢があるとして、その選択を
行うのはおまえら自身であり、俺の言うことに従うのもそれからだ。

選択したからには絶対服従(イスラーム)であっても、
その選択を行うのはおまえら自身であって、俺じゃない。

これから自主性が通用しなくなることはあっても、今はまだおまえらの自主性までもが
保たれていて、その自主性こそがイスラームを選択するときに、初めてムスリムになる。

今はまだそうではなく、そうなることが強要されて
いるわけでもない、完全なる自由の状態のままにある。

返信する

115 2011/06/14(火) 19:58:36 ID:S/2Nri2P0Q
誰の選択肢にも入っちゃいないのに無理やり入ってくる
さも素晴らしいことのように見せかけて
詐欺師のように
なんの正当性もなく主張のみで一丁前気分
猿の知恵なんぞ必要とする人間など何処にいる

返信する

116 2011/06/14(火) 21:07:06 ID:Q.iq6Sjtf2:DoCoMo
「選択肢として存在しない」なんてことは、比喩表現を抜きにすれば、もはやあり得ない。

俺がキリスト教やユダヤ教に改宗したり、フリーメイソンに加入したりすることだって
絶対にお断りであり、死んだって嫌であり、それこそ「始めから選択肢に入っていない」と
強弁すらしたくなるぐらいのものだが、それでも一応、選択肢として提示されてはいる。
提示されている以上は選択肢として実在し、「選択肢として存在していない」などという
強弁もあくまで、死ぬほど嫌であることの比喩表現どまりとなっている。

それと同じように、おまえらが俺のいうことに従うのも、おまえらにとっては死ぬほど
嫌なことであり、それこそ「選択肢にすら入っていない」などと強弁したくなるほど嫌な
ことなわけだが、それでもすでに選択肢として提示されている以上は、その実在までをも
否定することはできず、「選択肢ですらない」などという強弁もあくまで比喩表現に止まる。

返信する

117 2011/06/14(火) 21:13:09 ID:m8w8OeFhEw
服従すら自主性に基づくのが善、
自主性すら服従に基づくのが悪だ。

返信する

118 2011/06/14(火) 23:31:36 ID:BJLjjfNiiU
そもそもお前さんが代表して語っていいのか?
と、そういうお話し
すべてを悟ったつもりの初学者に勝手な翻訳されていい迷惑だろうな
などと少しくらい謙虚に考えないのか?
他人のつくった流れに(歴史に)乗っかってる分際でよ
歴史のうえでそういうような知識(考え)を持つに至ったという感謝もない
傲慢な勘違い野郎

返信する

119 2011/06/14(火) 23:37:10 ID:m8w8OeFhEw
一銭ももらってはいない。

返信する

120 2011/06/15(水) 08:16:34 ID:CObUGi9Ync
これからも、自分自身が誰にも先んじて不正な利益を得たりするような悪行には手を出さず、
ただ世の中全体の安寧を保つことに務めた結果としての、余剰利益に最終的に与ることのみを志す。

口先だけの美辞麗句では、一つの善も行うことはできない。

返信する

121 2011/06/15(水) 12:03:50 ID:X.cOw.XKmw
安寧だって
口先すら曖昧な分際で
曖昧な部分にたいしてしか手をださないのは詐欺師の手口だよ
無様な弟子しか居らず孔子が可哀相

返信する

122 2011/07/13(水) 01:30:13 ID:BK6W8N2jpU
結局のところ、好きか嫌いか。
同じ行動、同じ思考をするものと一緒にいたいかどうか。

返信する

123 2011/07/13(水) 01:55:38 ID:M08JUjJAjc
社会で、だろ
自分はそれを認めがたくてもそのコミュニティに住むしかない場合もある
妥協できているなら社会の範囲内で生きられるってわけだ

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:60 KB 有効レス数:123 削除レス数:1





思想・哲学掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

スレッドタイトル:善と悪

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)