ただ独り、何気ない時の中で思うこと


▼ページ最下部
001 2019/05/31(金) 12:08:40 ID:ZWLITFfSgM
来年には人生の折り返し地点を迎える。

他の人たちはこの折り返し地点に何を考え、それまでの生き方をどう想い、後半の人生に臨んでいったのだろうか。
独りの人が千人いれば千通りの生き方がある。だけれどその生き方をちょっと覗きたくもなるのも正直なところである。
いざ、自分がそれになると漠然とした不安と心配でしかない一方・・心身だけは「何故か元気だ・・」

後半はどう生きよっか?

な〜んも無い詩的で平和な日常の中、独りハンドル握り、当も無くドライブをしていてそう思ってしまったのである。

返信する

002 2019/05/31(金) 12:36:33 ID:og8BAU173o
あした死ぬ確立だって ない訳ではないのに
80ぐらいまで生きると 勝手に思ってしまうのは何故だろうね。

返信する

003 2019/05/31(金) 13:29:09 ID:I5XNWI4BxI
明日死ぬ予定でライフプランは立てられない
生き続けてしまうリスクと向き合う必要がある
折り返し点より、「人生3分割」で区切りたいもの

世に出るまで
世に出てから
世から身を引いてから

身を引けない老害は、終生現役にこだわり2分割なのかもしれないが

返信する

004 2019/07/24(水) 21:04:50 ID:YX6fSi5i7.
人生の先輩たちを見て ある程度の自分の将来を模索する
でも死んだあとのお手本が見当たらないから死ぬのはこわい
死んだらどうなるのか知らないから死ぬのはこわい
いくら老害と呼ばれようが死にたくないよね

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:1 KB 有効レス数:4 削除レス数:





思想・哲学掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:ただ独り、何気ない時の中で思うこと

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)