千日回峰行


▼ページ最下部
001 2011/05/07(土) 06:32:42 ID:/oYpUWcmbQ
最初の3年間は、1年のうち100日だけ行が許され、1日30Kmを歩いて255ヶ所の霊場を巡拝ます。
続く2年間は1年に200日、同じ修行を行ない、この5年間で通算700日となります。

 ここに至って、9日間の「断食、断水、不眠、不臥の行」に入ます。
この行を修めないと次の行に進むことは許されません。
通常、人間が断食・断水状態で生きられる生理的限界は3日間とされていることを考えれば
信じがたいほどの苦行といえるでしょう。

 この行の後、6年目は1年間に100日の行となります。
1日に歩く距離は60Kmと倍増し、巡拝する場所も266カ所に増ます。

 7年目は、前半の100日間が1日84Km、300カ所の巡拝となります。
1日にこれだけの距離を歩くとなると睡眠時間はわずか2時間。
夜中の12時に起きて歩き始めるそうです。

 最後の100日間は当初の1日30Kmの行に戻ります。
これで合計1000日間、歩く距離は地球1周に匹敵する4万Kmにも及びます。

 一連の行の中でそばが登場するのは、9日間の断食・断水という超人的な苦行に入る直前です。
いよいよ厳しさの増す6年目からの行に備えて、「五穀断ち」の「前行」が100日間行なわれます。
この間、修行者はそばと少量の野菜以外はいっさい口にしません。
 人間の細胞は3カ月で入れ替わるとされていますが
この期間に、その後の厳しい修行に耐え得るだけの肉体と
精神力を養うのではないかと考えられています。

返信する

002 2011/05/07(土) 09:43:05 ID:/lDEA2dYzM
戒律否定主義のキリスト教徒なら、こんなものの価値は完全否定することだろう。

同じく無戒律ではあるものの、煩悩愚縛の凡夫としての至らなさをわきまえて、
自力作善の修習者を敬遠する浄土信者などとも違って、戒律も道徳律も守らずに
処刑用具(十字架)ばかりを金科玉条に掲げる、自分たちこそは最高に偉大だ
などと思い込んで、律儀な修行や道徳の実践者を貶めの対象にすらするだろう。

高尚であるものを己れに分不相応なものとして遠ざけるのではなく、
高尚なものこそは低劣であり、低劣なものこそは高尚だなどという転倒夢想の
迷妄に溺れ続けているのだから、当然こんなものの価値は寸分たりとも認めるまい。

返信する

003 2011/05/07(土) 10:16:18 ID:EZ4OL4SMc2
この100日とか、9日とかの
数字は、どこで決まったんだろう。

昔の偉い坊さんが、これだけ凄い修行をした
って記録が残ってて、それをまねて、続けてるのかな。
しかし、武勇伝って盛られる事が常だし
だんだん数字が大きくなっていきそうな気もする。

トランス状態でいろんなものが見えそうだな。
暇だから、思索も果てしなく続けそうだし。

返信する

004 2011/05/08(日) 11:22:32 ID:pNI8TSRI2I
何か嫌な事、しんどいと思い気乗りしない時など
千日回峰行を思い浮かべるようにしている
これに比べれば大抵のことは屁みたいなもんだ

返信する

005 2011/05/18(水) 18:23:08 ID:EALcbRAki2
こんなことより、普通の会社に10年勤めることの方がはるかに辛く険しい道だと思います。

返信する

006 2011/05/18(水) 18:35:56 ID:2iCyAonZYw
「肩を脅かし諂い笑うは、夏畦より病る」
「縮こまってヘコヘコとへつらい笑いを浮かべているのは、真夏の炎天下で田畑を耕すよりも精神を病む。
(悪い仕事はどんなに軽作業だろうとも、どんなに重作業な善い仕事よりも辛い)」
(権力道徳聖書――通称四書五経――孟子・滕文公章句下・七より)

ってやつだな。

返信する

007 2011/05/20(金) 17:56:32 ID:ZWQ61T9p86:DoCoMo
>>5
それこそは、「罪悪の辛苦」だからだ。

人類を滅亡へと導く犯罪労働への従事だから、
断悪修善にかけての万全を尽くしている坊さんの修行などと比べても、
より酷烈かつ不健全な苦しみを味わわされている。

坊さんの修行よりも苦しいものだから、
坊さん以上もの解脱を得られるのかといえば全くそうではなく、
何もしないで楽している場合以上もの、さらなる悩乱への落ち込みばかりが進行していく。

しかも、その行いが人類の滅亡すらをも呼び込む、単なる破滅の要因にばかりなり、
寸分たりとも救いが得られもせず、ただただ救いから遠ざかるのみですらある。

返信する

008 2011/05/21(土) 03:58:05 ID:WVftRkyh/E
なるほど。
会社勤めの人はその苦行の割に、
なぜこれといって人間的に成長できないのか、かねがね疑問に思っていたのですが、
その理由がわかりました。

そう言われてみれば会社でコキ使われて必死に働いている人のモチベーションも
金や権力など不健全なものが多いです。会社組織自体が汚い欲の山みたいなものですね。
追えば追うほど汚くなるのは当然か。
確かにそれでは何もしない方がまだ救われるかも知れません。

同じ苦行でも、その中に何が燃えているが大事だったんですね。

返信する

009 2011/05/28(土) 14:22:50 ID:L39mrZ6fWg
>>7
三方よしを目指して働いてる商人のほうが
ひきこもりで自己満足の修行漬け坊主より
ずっと、自分自身も高められるし、まわりの社会も
豊かに出来るだろう。

すべての人間が乞食してたら
それこそ国は滅びるわ。
執着を捨て、糞掃衣を身にまとい
ただ死を待つだけの日々、それが望みかな!?

返信する

010 2011/05/30(月) 01:00:21 ID:ma.CTfxuGY:DoCoMo
資本主義社会しか「世間」でない三方よし。

返信する

011 2011/05/30(月) 01:25:56 ID:QbYpduQd82
高い自殺率、先の暗い未来、慢性的な人間不信。
そして御馴染みの言葉「弱者の不幸は自己責任」

豊かな社会だww

返信する

012 2011/06/01(水) 05:00:00 ID:/pRlv64EnI
>>11
まぁ豊かな国なんてないさ
高福祉のヨーロッパは既に財政破綻してるし
日本より仕事がない
アメリカは医療費が高すぎて話にならないし
子供が毎年30万人行方不明になってる恐ろしい国だ
韓国なんて本当に終わってるだろ?
経済、自殺率、雇用・・
ぶっちゃけまだマシなんだよ日本は
豊かな国なんてない

返信する

013 2011/06/01(水) 23:56:00 ID:VW4f0S/0NQ
じゃあ結局、何の修行をすれば一番の自己修練になんのよ。
それやるよ。

返信する

014 2011/06/02(木) 00:52:26 ID:J6pxogrEOA
>>13
そんなことより楽しめ
人間が生まれてから本当に自由に使える時間は数%
その時間を修練に使うなんて馬鹿げている
社会生活を普通に送ることはもう修練だよ

返信する

015 2011/06/02(木) 07:08:46 ID:mzcgmNDwXY:DoCoMo
自給自足のためではなく、資本主義非選択国の人間を餓死や戦死に追い込むことで
法外な利権を貪るために行われている近代の労働行為は、その全てが
生きるために全く必要のない、単なる悪趣味の嗜好だといえる。

返信する

017 2018/01/05(金) 17:13:04 ID:0nIcWcPbWI
無理ぽですねオレには

返信する

018 2018/01/05(金) 17:15:08 ID:0nIcWcPbWI
香川県民には無理な修行w

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:7 KB 有効レス数:17 削除レス数:1





思想・哲学掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:千日回峰行

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)