罪深いのは神


▼ページ最下部
001 2011/01/10(月) 20:58:57 ID:l1GKX5rx4U
人間というやっかいな生物を生み出した上で
完全な傍観者を決め込み
無垢な幼子がレイプされ拷問されて殺されるのも
見てみぬふりをし続けてきた
今後も、理不尽な事件や事故に翻弄されて
罪のない人が死んでいく
もし神がいるというなら相当の鬼畜に違いない
悪魔がこの世を生み出したというほうが納得できる
わざと作った欠陥品が苦悩するのを眺めて楽しんでる何者かはいる気がする

返信する

002 2011/01/10(月) 23:28:11 ID:4Zvmbp1kLo:au
それは地球の摂理とも言える自然な営みです

人間だけがそれをキライ…自己規範(都合)をつくっています 価値観

社会では
多くの人間の都合からなる規範に著しくハズれた場合は明確な悪になるかも知れないが、実際にはグレーゾーンばかり…親告制の犯罪も多い

鬼畜?

この世は地獄だと?

しかし一方では天国だと地獄の住人を踏みにじるような人間がいる

あらゆる関係性はすべて相対的

たとえばわずかな安定の影にも踏みにじられた存在があるのですよ

人間社会は自然界と同じく生々しい関係で成り立っている

それを善だ悪だなんてそれこそエゴイストじゃないですか?

理不尽 不条理 地獄こそが誰かの幸福の証

それらすべて人間による発露なのだから人間が解決すべきではないですか?

返信する

003 2011/01/10(月) 23:53:43 ID:l1GKX5rx4U
>>2
幼子がレイプされ拷問されて殺されるのも
自然な営みか?

>人間が解決すべきではないですか?
解決できるわけがない
歴史が教えてくれている

返信する

004 2011/01/10(月) 23:58:49 ID:l1GKX5rx4U
>理不尽 不条理 地獄こそが誰かの幸福の証
>それらすべて人間による発露なのだから

天変地異は人間による発露なのか?
無残に殺された犯罪被害者は誰かを幸せにしたのか?
そのために死んだっていうのか?

いかれてるよあんた

返信する

005 2011/01/11(火) 01:26:42 ID:xSmVcXFAM6:au
縁起 因果応報ということを勘違いしてますよ

天変地異で死ぬのは人間だけでもないため仕方ないことでしょう
それに対して哀しみだとかの感情論が何になると?それこそ架空の神に責任を押し付けても現実逃避に過ぎない

幼子云々は間違いなく人間の発露でしょう

社会での規範…幼子や社会的弱者の保護や公平や平等などは名目に過ぎないのです

誰かの幸福が成り立つ影には泣くヒトの存在…搾取される存在が必要なんですよ

幼子が地獄に落ちれば一方は幸福感を得られる
それこそ社会の真実

社会主義に現実逃避しても営むのは人間ゆえに問題点は変わらない

幼子を憐れに思うなら代わりに死んであげたらどうですか?

返信する

006 2011/01/11(火) 02:22:53 ID:Bq1khG8HpM
>天変地異で死ぬのは人間だけでもないため仕方ないことでしょう
>架空の神に責任を押し付けても現実逃避に過ぎない

 >理不尽 不条理 地獄こそが誰かの幸福の証
 >それらすべて人間による発露なのだから

あんたがこう言ってるから反論したまでだ
天変地異を架空の神に押し付ける?どこにそんな文面がある
人間が現代のような文明を築いたから被害が拡大しているともいえる
あと完全に勘違いしてるんだが、そもそも神なんて信じていない
いたとしたら人が創造したものでいうと悪魔のほうが近いと思ってるまで
まぁいないが

>幼子を憐れに思うなら代わりに死んであげたらどうですか?

俺が死んだところで今虐待を受けている子供への暴力が収まるのか?
まったく関係なく、その子は暴力にされされるだろう
変わりに死ぬなんて事はできようもないんだよ

返信する

007 2011/01/11(火) 02:23:42 ID:KbIrar9n32
神が人間と同様の倫理観を持っているという仮定の上での>>1だな。
そうとは限らんだろ別に。

返信する

008 2011/01/11(火) 02:31:56 ID:Bq1khG8HpM
要は救いの神などいないと言ってるんだ
この期に及んで、宗教などを信じて
救われた気になってるヘブン野郎が気に食わないんだよ
世界の何を見ているんだいったい

返信する

009 2011/01/11(火) 07:50:23 ID:xSmVcXFAM6:au
はじめから論理的じゃないとは思ってましたよ

感情論だけのタイプだなってね

他の方とのやり取りから>>1を否定してしまったようでけっきょく支離滅裂しちゃいましたね

破綻残念

それから
対象を幼子に限定しなければ救えますよ
誰でも命をかければ他者を幸福にすることは可能ですよ

返信する

010 2011/01/11(火) 17:27:23 ID:vkpfpWRWIA
[YouTubeで再生]

 本当の意味で・・・愛を知る事の大切さを___

 神がキリストを人類に与えての約束の成就 十字架〜復活…神の元へ

返信する

011 2011/01/11(火) 18:48:27 ID:No94wbbCiA
人間が神を造った。
神は人間の狂った側面も反映している。
戦争にも差別にも利用される。
宗教の世界は偽善と裏切りが横行している。
そしてけっきょくは金儲け。

返信する

012 2011/01/12(水) 01:56:16 ID:NYrOl.UJCA
>>9
読み違いも甚だしい

>対象を幼子に限定しなければ救えますよ
いやいや、幼子も救おうと思えば救えるぞw
なぜに対象から外した?w
変わりに死ねばいいと言うから
無意味だと言ったまでだ
救えと言われれば、いや言われなくても
虐待の跡が伺える幼児がいたら
なんとしてでも助けるよ
お前とは違う

>誰でも命をかければ他者を幸福にすることは可能ですよ
他者を幸福にすることが出来ないなど
一言も言っていない
何度も言うが、変わりに死んでも無意味だと言ったまでだ

返信する

013 2011/01/12(水) 01:59:57 ID:NYrOl.UJCA
死ぬ気で救えと
変わりに死ねは
まったく意味が違うのはわかるよね?

返信する

014 2011/01/12(水) 03:33:52 ID:b9sHuJMx.s
神は死んでいく人間は救えない、しかし残された者の心を救う事ができる。
それが本来、神の役目だ。理不尽な死に理不尽でない理由を与えるという
遺族の為のメンタルセラピーアイテムだ。

しかし宗教野郎の一部はおこぼれを預かれる覇権を拡大するために
神への貢ぎ度合いによって物理的な助けを得る可能性を吹いてまわった。
「信じれば(死んだ本人が)救われる、だから信じるべきだ」と

不幸な死を迎えるのは貢ぎ物が少なかったせい
子供がレイプされて殺されるのも親が全財産を献上しなかったせいってな…

だから>>1みたく「神は何もしないじゃないか!鬼畜だ!」と憤る事自体が的外れだ。
正しくは「神が物理的に何かしてくれるような勘違いをさせてまで覇権を広げたがる
宗教野郎は鬼畜だ!」と憤るべきだ。

返信する

015 2011/01/12(水) 11:33:25 ID:rhCD9mNv/A:au
ちんぽさんは ちっさい
ですねぇ クスクス(笑)

幼子に限定しなければ

なぜ幼子にこだわるのですか?ということでしょう

伊達直人がプレゼントしたランドセルと同じように(子供目線で欲しいものはオモチャだろう)

これは自分目線の善意に価値があるか?ということでしょ

社会的に思いやれば苦難を感じているのは様々な年齢層になるのにね

恐らくは理屈抜きの発露なんでしょうね?
自分の子が死んでしまった猿みたいな?

返信する

016 2011/03/19(土) 21:40:12 ID:2ZrvMzT4is
救世思想と古代思想の違いだね。

古代思想、いわゆる自然崇拝と称される古代の宗教は
ありのままの、自然の姿を崇拝しているが、
端的に言えば弱肉強食の世界を受け入れている。

でも、そんなんじゃ嫌だって人たちが作ったのが
救世思想、いわゆる仏教、キリスト教、イスラム教。

この神様を崇拝すれば幸せになれ、この世の苦しみから
救われる、逃れられると言う考え。

返信する

017 2011/03/19(土) 21:43:39 ID:2ZrvMzT4is
救世思想は、人間の幸せのために神様が救いの手を差し伸べる。
当初はそうだったのかもしれないが、どんなに拝んでも
不幸な奴は不幸。
答えに窮した、宗教者達が、確認の使用の無い「原罪」やら「過去世の業」
とか言い出して、結局不幸な奴が不幸なのはそいつの責任。
そう言い出したのさ。宗教を守るためにね。

神が悪いというより、人間のためだけに神が存在すると
妄想している人間と、やっぱり不幸な人間が哀れって事かな。

返信する

018 2011/03/21(月) 18:09:01 ID:HxfhCfln/s
イデアを感じろ byプラトン

返信する

019 2011/03/22(火) 00:33:44 ID:Vcp.tHddro
[YouTubeで再生]

    人類中心思想か・・・・

返信する

020 2011/03/22(火) 04:59:42 ID:1YckfNewCs
神とはどういうものかは、簡単に想像できる。
たとえば、こんなふうに。

心や意識を、虐待されて殺される子供に合わせる。
自分自身が彼に心を合わせて、体験してみるのだ。

津波に呑まれて死んでゆく人々に合わせるのだ。
戦争で殺されてゆく人々に合わせるのだ。

過酷な体験だ。
実は、
彼にとって、唯一の希望、頼り、救いは、神しかないことが判る。

しばしば、死を体験した人々は宗教的に目覚めてゆく場合が多い。
でも、そこまで過酷な体験をせずとも、穏やかに神を知り、神に戻る道があるので、
余裕のあるうちに、良い道を進むべきだと思う。

返信する

021 2011/03/31(木) 19:58:43 ID:pnKALm1O.M
神に意思はないと思えばいい
運に意思はないように…

返信する

022 2011/04/01(金) 12:27:27 ID:rBk5fNQMM6
[YouTubeで再生]
あなたの中に最初っから宿ってますよ。

  今も、 息をしてるでしょ。
http://bbs0.meiwasuisan.com/bbs/bin/read/toriaezu/13016268...

返信する

023 2011/04/02(土) 19:43:50 ID:M1jgx0zAA2
神に一概な意思などはないが、一定内の法則性を備えていることもまた確か。

完全なる無秩序ではないが、秩序立てに一定の遊びをも付与している。

そのあたりの微妙さ加減をわきまえられる中正さが、少なくとも十字架にはない。

返信する

024 2012/05/15(火) 09:15:37 ID:yNyzSuWyYY
あほくさ

返信する

025 2013/03/02(土) 20:08:40 ID:mzmX5NUw4s:DoCoMo
削除(by投稿者)

返信する

026 2015/01/17(土) 19:30:32 ID:a/cY3vRM6o
それは地球の摂理とも言える自然な営みです

返信する

029 2017/11/23(木) 01:34:47 ID:jesjZLDTjA

▲ページ最上部

ログサイズ:11 KB 有効レス数:29 削除レス数:





思想・哲学掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:罪深いのは神

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)