民族派「ネット右翼は男のすることじゃない」


▼ページ最下部
001 2019/06/01(土) 17:39:20 ID:AitxWpI9aA
https://diamond.jp/articles/-/149724

・愛国心ってそんなに声高に強調するべきものではないと思う。戦前みたいに、電車の窓から皇居が見えたら敬礼させるというのには、僕は賛成できない。愛国心は消えたら困りますけど、日本人のように生活や文化に根ざした愛国心は絶対に消えないと思います。
・ネット右翼を全然評価しない。僕は匿名でモノを言う人は右も左も嫌いです。自分の言動に責任を持つのは最低限のマナーだと思うからです。こたつの中でヌクヌクとしてながら過激な言葉を発するのは男のすることじゃない。例えば朝鮮人がどうとか個人の国籍を否定しても意味がない。個人に石を投げるのは卑怯じゃないですか。
・僕は右翼ですけど、実は左翼の友達もいっぱいいる。人と付き合うのに思想なんか関係ない。右翼の中にだって嫌いな人もいっぱいいます。
・僕は朝日新聞を好きじゃないが、じゃあ全て産経新聞になっていいかというとそれも違う。反対意見がなくなると議論は活性化しない。嫌だけど反対の意見にも耳を傾けることが物事を考えるきっかけになるんです。そうしないとファシズムになってしまう。双方が日本男児であるべきだと思う。

返信する

002 2019/06/01(土) 17:56:43 ID:AitxWpI9aA
https://diamond.jp/articles/-/149724

・ソ連が崩壊した後、残念ながらわれわれは「日米安保がこのままでいいのか」という総括をしてこなかった。
・保守派の政治家の中には、日米安保を互恵平等にしようという考えを持っている人は必ずいる。しかしそれを言ってしまったら、選挙が危ない。政治は妥協の産物だから過激なことは言えない。一方でわれわれ運動家は在野にいるので、原理原則を主張しなければ存在価値がない。安保は互恵平等のものにする、反米ではなく対米。それがわれわれのスタンスです。
・今は改憲勢力が増えはしましたが、安倍晋三首相が言うまやかしの改憲論ではなく、何のための、そして誰のための改憲か、ということが置き去りにされているように感じます。
・私たちは日本会議とほとんど付き合いがありません。日本会議は、自民党の応援団だと思っているので。多分われわれ民族派も日本会議に関心のある人は少ないのではないでしょうか。
・野村秋介は「日本の戦後は、日米安保の元に築かれた奴隷の平和と魂のない繁栄だ」「今の日本の経済力は砂上の楼閣で、いつ崩れるかわからない。早く目を覚まさないと必ず日本の精神性は滅びる」と、よく言っていました。
・例えば「万死に値する」という言葉を使う人がいる。つまり1万回死ぬに値すると。ならば1回でも死んだことがあるのか。政治家が簡単にそんな言葉を使うが、言葉はそんなに軽いものではあってはならないと野村は示して見せた。民族派運動は、死んだ友に背かず声を伝えていくことにあります。

返信する

003 2019/06/01(土) 19:40:44 ID:JvSmmwLnbk
>>1
ヤクザは男のすることではない
弱者から金を吸い取る最低の生き方だ

返信する

004 2019/06/01(土) 20:27:39 ID:jhwxsyKB6c
無論、女はしてもいいぞ。

返信する

005 2019/06/07(金) 20:05:37 ID:CpaIiJ45Tg
これまで日本の為にならなかった、既存の自称民族派の見苦しいいい訳

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:3 KB 有効レス数:5 削除レス数:





思想・哲学掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:民族派「ネット右翼は男のすることじゃない」

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)