神がもし唯一絶対のものであるなら


▼ページ最下部
001 2012/02/18(土) 16:35:36 ID:dZez8jHqS.
この世にいろんな宗教は並立しないはずだが。
なにゆえに、さまざまに世界観の異なる宗教が林立しているのか。

返信する

002 2012/02/18(土) 16:57:20 ID:dWiic4Layw:au
それは、神が唯一絶対の存在ではないからだ。



〜終了〜

返信する

003 2012/02/18(土) 18:15:04 ID:yu.MNw1SrY
人が作ったものだから

返信する

004 2012/02/19(日) 01:11:35 ID:5juwiaq0KI:au
唯一絶対のものにでもすがらないことにはやってられない、切ない事情があったんだよね。

返信する

005 2012/02/19(日) 01:33:14 ID:ytZegNPtmw
人が存在しなければ神も存在しない
人が存在すれば神も存在する
神とは人の思考に依存した存在なのである。
byフランソワポッコチン

返信する

006 2012/02/19(日) 07:34:34 ID:sviHjPClxo
何故、「「神が唯一絶対のもの」であるなら「この世にいろんな宗教は並立しない」はず」だと結論付けるの?

例えば、神自身が人間に試練を与えるためにわざといろんな宗教を作ったとか、
試練じゃなくとも悪戯、悪意で作ったとか考えられるでしょう?

例えばキリスト教的に言えば、神様はアダムとイブを楽園から追放するぐらい嫌っていたんだから、
その子孫が戻ってこられないように様々な嫌がらせをしているかもしれないよ。
全知全能唯一神の神様からすればほんの手慰み程度に邪教を広めてやれば、
人間は面白いようにそれに引っかかって自ら天国行の切符を手放す。
「人間どもよ、勝手に淘汰されてくれ。それでも楽園に戻って来る奴がいれば、それは考えんでもない」とかさ。

返信する

007 2012/02/19(日) 13:57:12 ID:5juwiaq0KI:au
まず新旧約聖書ありきでしかものを考えられなくなっている人間ってのは、
本当に、哀れなほどに蒙昧だな。

思考回路が狂いきっている上に、精神力も最低レベルまでへたり込んでいるから、
一定以上の精神力を要する健全な思考を手に入れる目処も立たない。

算数しか知らない小学生が、中高教育を介することもなく大学数学を理解する並みか
それ以上にも、聖書信奉者が聖書の外側の世界を計り知ることは難しい。

返信する

008 2012/02/19(日) 15:48:28 ID:jYm0uXxlsc
たとえば東西が交易していた古代中国では
仏教もイスラム教もキリスト教も入り混ざって
互いに寛容だったはずだよね。
お互いの世界観のなかに相手の神や世界観をうまく取り入れることで
おのれの宗教観を止揚していったケースも多いのではと思う。

返信する

009 2012/02/19(日) 16:33:55 ID:5juwiaq0KI:au
シルクロード交易はムスリムが主に行っていたし、
キリスト教の宣教師が中国や日本にまで侵入して来たことはあっても、
儒者や仏者が西洋への布教を行ったような事実はない。

アブラハム教勢が一方的に自分たちの文化を押し付けていただけで、
双方が融合的な文化交流を行っていたような事実はない。

返信する

010 2012/02/19(日) 18:45:08 ID:8a1yi9XpjI
なぜ神が人間の味方であると言えるのか?
なぜ神が人間だけの味方であると妄想するのか?
神の愛とは、単に人間がこの宇宙に存在してよい、
生存するための衣食住を与える、それ以外の
事を要求するなということ。

神が絶対的に正義というのはキリスト教的
一方的な思い込みである。

返信する

011 2012/02/19(日) 19:42:45 ID:5juwiaq0KI:au
形而上の人格神まずありきでしかものを考えられないことが、
すでに新旧約信仰の病理に溺れたままでいる証拠になっている。

そのレベルの病理に溺れている状態では、正しいものの考え方に根差した教学は一切理解できない。
まず御主人様ありきでしかものを考えられない、精神のへたりきった惰弱な奴隷型思考回路のままでは、
儒書や仏典が字面として読めたところで、そこに書かれてあることの意義を理解することは到底覚束ない。

高尚な正統文化を理解することが絶対に不可能となる檻に
信者を閉じ込めるのが、新旧約信仰という心の病だといえる。

返信する

012 2012/02/20(月) 11:55:03 ID:P4IERDwbI2
異教の神さん同士はどういうお付き合いしてんだろうね。
キリストと仏陀とか。

返信する

013 2012/02/20(月) 12:20:04 ID:jLidEPcGuo:au
>キリストと仏陀

悪魔の化身(キリスト)と真理の化身(仏陀)

どっちも神じゃない。

返信する

014 2012/02/21(火) 12:47:48 ID:9y/VPYNoEU
唯一絶対の存在でないものを、はたして「神」と呼べるのか

返信する

015 2012/02/21(火) 15:14:03 ID:sONGkvKbVI:au
キリスト教圏以外で「神」とされているものの正体、それは「道理の化身」だ。

道理の化身、すなわち正義の化身。
邪義を司るものは妖怪や悪魔と見なされ、神とした所で「邪神」とされる。

イスラムも、アラーを唯一絶対の神としているが、
アラーは汎神でもあるが故に、道理や正義の化身たり得てもいる。

キリストやエホバが唯一絶対であることばかりが執拗に信じられているのは、
エホバやキリストが邪悪の化身(邪神)であること自体は信仰の対象としにくいので、
「唯一絶対」であることを口実に、無理に信じられようとしているから。

ある意味、エホバやキリストが「唯一絶対の邪神」であることは確かで、
人類史上でも、キリストほどにも唯一無二の害為正法外道が他に現れた試しもない。

しかし、道理や正義の化身たる本物の神は一柱や二柱ではなく、
道理を追求する道がいくつもあるようにして、神として現出する場合にも様々な形をとる。

唯一無二でしかいられないのは、ただひとえに余裕のない、邪悪の極みでしかないからだ。

返信する

016 2012/02/22(水) 21:41:22 ID:1N1SYWxgE2
スーパービックリマンで巨魔界神・ザイクロイドアノド
という悪魔の神が出てくるが、実は天使も創造した
全知全能の正義の神でもあった。

神とは善悪両方の属性をもっているのさっ♪
たしかキリスト教でも一時期は神に対して自由に
意見がいえた時代もあったんだがな。

返信する

017 2012/02/22(水) 21:48:18 ID:QXQp69n5is
>>1
考え方が逆です
唯一無二絶対の存在を神と呼ぶことにしたんです

返信する

018 2012/02/22(水) 22:14:02 ID:F4.5uskZuk
>>16
「神が善も悪も包摂する存在である」という考え方は、
少なくとも、聖書圏以外では通用していない。

アラーを勧善懲悪の絶対神としているイスラム圏で、まず通用していない。

神が道理や正義の化身であるとする一方で、善も悪も無記(善でも悪でもない)も
全てを完全に包摂する、絶対真理の化身を仏や菩薩としているのが仏教圏であり、
善悪を超脱する絶対真理を全て仏法に丸投げしているから、神が邪悪の化身である
ようなことはどこまでも異端とされ、当然邪悪の化身や善悪みそくその化身である
神などを崇めたりもせず、唯一絶対のものとして服従したりも、もちろんしない。

神に悪や善悪みそくそを仮託するような風習は、聖書圏以外ではどこまでも悪習と
見なされており、神が悪や善悪みそくその化身などではないから、「神が唯一絶
対である」などという思い込みに、精神的な依存をしたりする必要も全くない。

返信する

019 2012/02/23(木) 19:33:20 ID:9ZJZKlAgpE
下等な神・デミウルゴス、もしくはヤルタバオード。
聖書の中に出てきて人類を虐待?するのは
偽神デミウルゴス。

返信する

020 2012/02/24(金) 15:09:36 ID:BG5yu9q2/E
聖書圏、イスラム圏、仏教圏、ヒンズー圏といった
「カテゴリー」分けを超越する絶対的なものは存在するのか

返信する

021 2012/02/24(金) 17:54:41 ID:wBijOxcSZo
神様はいるかもしれないが、人間なんぞミジンコ以下の存在としか見ていない。

神に祈りお願いするなんて、人間の好きなように神様を使いぱしりにするということ。

不届き千万な考え。ゆえに神様は人間の願いなど聞きもしない。

アリが人間の足元で「踏まないで」と祈っても、人間は気にもせず踏み殺していく。

返信する

022 2012/02/24(金) 18:07:12 ID:rW0HSyg2jY:au
それこそ、邪神そのものだな。

正邪善悪ってのは、人間にとっての自明な倫理基準でしかないのだから、
人間の立場から見て有害無益な神は、正邪とか善悪とかいった
言葉の定義(名辞)に即して、自明に邪神と定義付けることができる。

1+1=2のような、人間自身の定義に根差した自明な認定だから、
「俺はそうとは思わない」とかいった個人的意見のがなり立ては、通用しない。

人間自身が自明に邪神と定義せざるを得ないものを、
「俺はそうとは思わない」の押し通しで否定したとすれば、それは、
目の前にいる鹿を「馬だ」と言い張るも同然の所業になる。

つまり、馬鹿である。

馬鹿が信じる、邪神のすり替えとしての、唯一絶対神。

返信する

023 2012/02/24(金) 19:14:25 ID:BG5yu9q2/E
自分の考えに沿わない者はすべて莫迦

返信する

024 2012/02/24(金) 19:30:26 ID:PfauooWRKM
「自分の考え」じゃない。
人間同士が事前にお互いで示し合わせているはずの、
純正な言葉遣いに根ざした、自明な定義の導出だ。

言葉遣いが始めから間違っていれは、人間にとって
有害無益な神を「邪神」と認定しない場合もある。人間同士が
意思疎通のために用いている、本来の言葉の定義に即した正邪や善悪を見失って、
間違った意味の正邪や善悪といった言葉を用いていたなら、人間にとって
有害無益な神を「正神」だ「唯一絶対神」だと誤認する場合もある。

人間同士の意思疎通の道具としての、「言葉」の本来の存在意義を見失って、
言葉の定義などは自分独りでいくらでも勝手に捻じ曲げて構わないと思い込み、
実際にそうしたりしている。人との語義の示し合わせを欠いたところで、勝手な
言葉の定義を創作したぶんだけ、その言葉を用いた人との会話も通じなくなる。
それでは、言葉の根本からの存在意義が失われるのであり、人と人、人間同士の
思いの通じ合いのためにこそ編み出されたはずの言葉が、全く以って無価値と化すのだ。

返信する

025 2012/02/24(金) 20:37:04 ID:C5G/0IN7Mo
この宇宙に正義などない。全て幻よ。
正義と思うのは自分から見ての主観に過ぎない。
また正義・悪とは勝者の属性にしか過ぎない

返信する

026 2012/02/24(金) 22:27:29 ID:rW0HSyg2jY:au
うん、そうやって後付けで正義や悪の定義をねじ曲げることだっていくらでもできる。
しかし、またそういったねじ曲げられた定義による正義や悪を論ずる語法が
新たに蓄積されていくことになるだけで、本来の語法と整合性のない、数多の我流の語法が
世の中じゅうに溢れ返った結果、人間同士の意志疎通にまで致命的な滞りを来して、
遂には破滅に陥ることにもなる。これ全て、身勝手な言葉遣いを
無数に流布しようとした者たち自身の、自己完結した自業自得。

世の中にとって有益無害なものが善であり、正義。世の中にとって有害無益なものが悪であり、邪曲。
これが、人間たち自身が本来の語法上の示し合わせに即して定義している、善悪や正邪の判断基準。

有害無益なものを世にのさばらせれば、破滅にすら陥って都合が悪いから、邪悪と判断して戒め、
有益無害なものを世にちりばめれば、福徳が呼び込まれて都合が良いから、正義と判断して奨励する。

別にこれ以外の定義に即して、正義や悪といった言葉を使うこともいくらでもできるが、
それは大多数の人間にとって益がない上に害のあることだから、
自然と他の定義に即した正義や悪といった言葉を用いる言葉遣いは淘汰され、
世の中にとって有益無害なものを正義、有害無益なものを悪と呼ぶことが一般的となっていった。

まるで、玉鋼が鍛えられて名刀へと焼成されるようにして、
人間が用いる言葉の定義(名辞)もまた、言葉が人間たち自身によって
ふんだんに使い込まれることを通じて、普遍性を帯びて来ているのだ。

人類史上でも初めて、意識的な名辞の鍛え上げに取り組んだのが、他でもない孔子でもある。

返信する

027 2012/02/24(金) 23:02:58 ID:PfauooWRKM
「善悪」とか「正邪」とかいった言葉は、
少なくとも、「金銭上の利害」並みには実のある言葉だ。

自分にとって利益になるということが「金になる」ということであり、
自分にとって利益にならないことが「金にならない」ということ。

これと全く同じように、

世の中にとって利益になるということが「正義である」ということであり、
世の中にとって害になるということが「悪である」ということ。

世の中の内側には自分自身も含まれているから、別に世の中の利益と自分の利益が
相反するとも限らず、仁義道徳を本旨として君子の業務に取り組む人間であれば、
自分と世の中の利益とが完全に合致もする。世の中から甚大な富を収奪してまで
自分自身の利益を貪ろうとする者に限って、自分と世の中との利害が決定的に
相反するのであり、そのような人間に限って、公益を貴ぶことを「全体主義」
などと決め付けて不当に貶めようともする。(実際には、公益を図るための仁政を
実現するためにこそ、君臣父子などの個別的な人間関係がより尊重される必要がある)

正邪善悪すら虚無だというのなら、金銭上の利害だって虚無なはずで、
そこまで達観しきれているというのなら、全財産を放棄して、禁治産や
参政権剥奪の処分に甘んずるぐらいのことは、どうということもあるまい。

インドの乞食行者並みの生活下に置かれた所で、
まるで豪邸暮らしほどにも裕福であるに違いない。素晴らしいことだ。

返信する

028 2012/03/03(土) 23:19:18 ID:yYc/6yS4Oo
「神」という概念は、どうして生まれてきたんだ?

返信する

029 2012/03/04(日) 04:54:16 ID:L/ivvHOKv2

 神がもし唯一絶対のものでないなら    愛は元々1つなら…比べなくってもすむの……

            善悪なんて概念も,好き嫌いの概念もなかったかな・・・
  

返信する

030 2012/03/04(日) 06:31:45 ID:L/ivvHOKv2
[YouTubeで再生]

 神は,愛その者なり

返信する

031 2012/03/04(日) 07:45:05 ID:NRHvWwY7pE
善とは秩序。
悪とは無秩序。

善とは秩序維持。
悪とは秩序破壊。

神は唯一絶対にして全知全能であるが、その全てを人間には見せていない。
神は善であり悪である。
世界の秩序を作り維持するのが神なら、無秩序を作り秩序を破壊するのもまた神に他ならない。
その行動原理は、人間の思いや祈りに左右されない。神の御心のままに世界は作られ、破壊される。

返信する

032 2012/03/04(日) 11:40:43 ID:x6cRBkpn1U:au
怪物化した集団意思を西洋人は「神」と呼ぶ。

日本人は「ヤマタノオロチ」と呼ぶ。

返信する

033 2012/03/04(日) 13:49:51 ID:x6cRBkpn1U:au
>>31が言っているのは、早い話が、ただの「怪力乱神」だ。

怪力乱神をみだりに論ずることは、
権力犯罪者やテロリストが自らの反社会活動を正当化するための
論拠などとして用いられかねないため、キリスト教圏などのごく一部の
部落社会を除く大半の地球社会においては、概ね戒められて来た。

太古の昔から、地球人類にとっての思想哲学上の至上命題は、
「格物致知誠意正心修身斉家治国平天下」である。

秩序と無秩序、善と悪をみそくそに扱うことで、劣悪な破壊活動が正当化や推進
されることを未然に防ぐための格物致知、怪力乱神に仮託した権力犯罪やテロ活動を
この世から駆逐するための修身斉家こそは、大多数の人類にとっての、思想哲学上の至上命題であり続けている。

善悪すらみそくそに扱う概念夢想の俗世への適用や、
怪力乱神に仮託した反社会活動の正当化などは、まさに思想哲学上でも異端中の異端の論議なのであり、
ただそんなものを好き好んで論じて来た連中がごく少数に止まるだけでなく、
大多数の世の中においては、積極的に排除されて来たものですらある。邪魔だから。

返信する

034 2012/03/05(月) 06:58:41 ID:nUfhji6hZ6
>>33
神は弱者を救わず、聖は魔を駆逐出来ない。
秩序と無秩序、善と悪などと言う「くくり」こそ
人間がその狭い思想の中で勝手に定義しただけの
「自然の一部」に過ぎず、それを全体に敷衍しようとするから
「全知全能で聖なる神」などというカタワな存在を仮定せざるを得なくなる。

テロリスト容認などと、多くの人が拒否反応を示す言い方をするからその事実を認めがたくなる。
人間社会として秩序破壊者を忌み嫌うのは、人間社会のルールでしかなく、
そこから外れたものが反秩序的な行動をするのは至極当然の帰結なのである。
これは反社会活動を容認すると言う類の物ではなく、正義や神の名においてではなく
自らの責任と嫌悪によって他者を排除する覚悟を持たなければ事実は見えてこないのである。

返信する

035 2012/03/05(月) 12:29:54 ID:bonclb3atM:au
相も変わらず、怪力乱神へのウレシがりを正当化しようとする不埒者。

事実こそはむしろ、権力犯罪者やテロリストの自己正当化事由が怪力乱神なだけなのであり、
儒学道徳などを通じて怪力乱神やその論及への忌避が総出を挙げて排除されている世の中においては、
悪に相当するものがこそ泥か、せいぜい火付盗賊止まりにまで矮小化して、
世界を破滅に陥れるほどもの権力犯罪者は完全に絶やされる。
これこそは、怪力乱神の正体が、単なる反社会主義者の自己正当化の気休めでしかない証拠だといえる。

民間の暴力団や赤軍の破壊活動は許されないのに、怪力乱神の虚飾によって
自己を正当化した権力犯罪者の横暴に限っては許される世の中があったとする。
それはただ、怪力乱神への妄想が未だ十分に晴らしきれていない未熟な世の中であるだけなのであって、
そんな集団妄想は排除しようと思えば実際にできるわけだから、それを心がけないのもまた単なる怠慢だといえる。

「怪力乱神やその議論をこの世から絶やすことはできない」
などとほざく者がいたとすれば、それは本人自身が蒙昧で不埒な未熟者なだけなのである。

返信する

036 2012/03/05(月) 13:16:36 ID:bonclb3atM:au
削除(by投稿者)

返信する

037 2012/03/05(月) 15:16:01 ID:bonclb3atM:au
仁義道徳の勧善懲悪によって、盗跖のような、
無信仰のただの盗賊が跋扈し得る余地が生まれた、それは確かに事実だろう。

大盗賊が方々を荒らして回る余地が生じてしまう程にも、
世の中の富の目方を増してやったのが仁者による徳知なのだから、その仁政に対する「甘え」としての、
盗賊の呼応的な発生があり得た、これは事実だ。(そのような盗賊の発生までをも
食い止めるためには、仁徳だけでなく、仏法による統治までもが必要とされる)

怪力乱神への偽託による気休めを糧にして、
世界を破滅に陥れるほどもの重大権力犯罪を巻き起こすものがいたとすれば、
これはもはや、勧善懲悪の対蹠の域をも越えてしまっているといえる。

「子、怪力乱神を語らず(述而第七・二〇)」とある通り、
怪力乱神にまつわる能弁を絶やすことから、勧善懲悪の一環であり、
実際に、古代の儒者によっても極度の迷信が廃絶されたり、日本でもキリシタン禁教や島原平定などを通じて
邪宗門の排除が完遂されるなどして、怪力乱神に偽託した権力犯罪活動が巻き起こるような余地が絶やされていた。
それでこそ、数百年に渡る治世が何度も実現されて来ているのだから、
勧善懲悪と怪力乱神の争いなどが、世の常などであっていいわけもない。

実際に、怪力乱神こそは思想哲学上の至上命題であり続けて来た西洋には、
儒学ほどにも勧善懲悪を純正に体系化した仁義道徳は、一つもないではないか。

鳥なき里のコウモリが羽を伸ばすようにして、勧善懲悪による駆逐の手が及ばなかった範囲でだけで、
怪力乱神に偽託した権力犯罪も野放しにされて来たのではないか。まさに、「井の中の怪力乱神」ではないか。

返信する

038 2012/03/06(火) 23:09:23 ID:DhvtU4xfZA
神も仏も元は人。
本能より理性を選んで生きた(といわれる)だけ偉いらしい。

the god は理想状態を仮定したもの アッラーも同じ。元人ではない。
所詮欠損だらけの人が考えた理想状態なので 真実には遠く及ばない。

宗教をありがたがっているのは詐欺師位なものだ。
神に縋るのを諦めて己の頭で考えて生き残るのさ。

返信する

039 2012/03/06(火) 23:14:28 ID:kBQ2/TB14U
GodとLordの違いってなんだ?

返信する

040 2012/03/06(火) 23:54:20 ID:tn7NU.vGG2
>>38
自分という人間の外側に、理想的な何かを策定しようとするから、
自分自身が最善を尽くそうとした結果得られたような主観よりも、下劣な理想しかGodにできない。

プラトン哲学やユークリッド幾何学が提唱された頃から続いている、「傍観の悪癖」、
傍観によってこそ純粋な理想が得られると断ずる過ちが、理想の品質すらをも貶めてきた。

「華厳経」における広大な世界描写も、仏の目線から見て上へ、上へ、上へと展開し、
同じように横へ、横へ、横へとも展開する。「悟りを拓いた人間」たる仏の主観こそは、
真に全世界、全宇宙を包摂する理想たり得たのであり、そこに視野を狭隘化させる傍観などはない。

ムハンマドがアラーからの啓示を受けた時にも、キリスト教勢力の侵略に対する抵抗戦という
それはそれは切実な実践が伴っていたのであり、その結果として、アラーからの神託をも得たのである。

何らの切実な実践も伴わない傍観はかえって、本人自身の怠慢を反映した、色眼鏡越しばかりとなる。
その結果、観点もまた濁りに濁りきって、脳内で純粋培養したはずの理想すら、人並みのそれ以下となる。

傍観を主とした結果、人間としてそれなりに清浄化させられる理想すらも不必要に濁しきって、
それをわざわざ絶対的なGodに仕立て上げていたのだから、そりゃあ、Godなど祭り上げない
場合以上にも惨憺たる結果しか得られなかったのも、むべなることだといえる。

人並み以上の浄行に務めた結果、健やかに清められた主観からなる理想を神や仏として
祭り上げた場合に、神仏もまた利益をもたらしてくださるのであり、人並み以下でしかない
理想をGodに仕立て上げたりするのとは全く真逆の、無害にして有益な果報が生ずるのである。

濁りきった理想を神に仕立て上げた挙句に破滅したからといって、神仏全般を否定するのは、短絡である。

返信する

041 2012/03/07(水) 00:30:16 ID:VbowiKlGLY
始まりのあるものには必ず終わりがある。
宇宙にも始まりがあったとすれば、終わりもまたある。
唯一絶対の神なんか無い。

人間にとって都合よく作り上げた「神」なんだから
もっと色々に好きなように作っていいし変えていい。
面白い楽しい「神々」を人間は多数作ってきた。

男神と女神がまぐわって子供をつくる。
男神の浮気に女神が嫉妬する。人間の娘を男神が犯す。
神々の秘密を人間に教えた者が神罰を下される。

楽しくない「神」も居る。
教会に命じて思想家や科学者を火焙りにする。

「神」を利用して蓄財遊興する教会こそ打倒すべきだ。

返信する

042 2012/03/08(木) 23:06:54 ID:5lJWpX/2uY
最善を尽くそうと逆立ちしようと1000日行を10セットこなしても
たどり着けないから理想状態。 
神仏程度の(常人から見れば天の上の所業で真似は出来んのは確かだ。)行為で
たどり着けたとウソをつくから現人神が悪さできる環境が整うのだ。  

神は神、人は人の領分で最善を尽くす理性が人間に求められる。 
どうやっても人は完全無欠の理想状態にはなれない。
この大きくて微小な地球上の仕組みを代行することすら人には叶わない。

返信する

043 2012/03/09(金) 02:37:42 ID:8WpgUw2eVA:au
おまえの言ってる「理想」って、
早い話が、麻薬中毒者の夢想じゃん?

返信する

044 2012/03/10(土) 23:08:33 ID:DyZfKggz9.
バカの壁を感じる。 まぁどうでもいいけど。

返信する

045 2012/03/11(日) 01:46:09 ID:SfbkQpN9yE:au
削除(by投稿者)

返信する

046 2012/03/23(金) 18:22:55 ID:AZtQMgP7Cw
神が、人間をつくった。
人間が、神をつくった。

返信する

047 2013/05/14(火) 11:10:52 ID:Dk4dzIDAEs
>>1
唯一絶対じゃないからだろ。

返信する

048 2013/05/18(土) 10:14:33 ID:rqdYD/RghI
ようするに笠地蔵とポエマーは諸悪の根源。^^

返信する

049 2013/07/10(水) 22:11:00 ID:6kjskExYUg
さまざまな戒律に縛られ、
偶像崇拝を禁じられているイスラム教の教徒たちにとって、
神とは、まさしく観念的かつ絶対的な存在であるはずだ。

返信する

050 2013/09/15(日) 01:51:36 ID:oRznG19udw
http://m.youtube.com/watch?v=-S_Nsr8uCtQ&feature=re...
エックハルト自伝


↑神の事語られてます

気に入った方はリンクの拡散お願い致します

返信する

051 2013/09/16(月) 09:07:51 ID:dBDBvvn5.Q
「ある」ものとしての存在は、やはり「ある」しかないので、「ある」という絶対神は普遍
的にあると思う。その神の捉え方の違いで様々な神が成り立ったと思う。

・仏教:まず仏は人間の化身である。したがって(絶対的に)人間を超えるものでは無い。
    だから仏を彫刻などの像で再現できる(これが悪いと言っているのではない)。
    解脱とか遁世、出家やお遍路など、世俗の煩悩を捨てることが許される。
    むしろ解脱や出家は称賛される…ぶっちゃけ現世逃避を善とする。
    ・・・私の理解が間違っていなければ。

・キリスト教:神は人間の化身では無い。人間を超えた未来永劫普遍の者。
    だから神の姿を見た者はいない(アダムでさえも)、言葉だけの存在。
    だから彫刻のような像で再現できない(偶像と言う意味では無い)。
    キリスト教で言う偶像とは野心とか執着のような精神的な物。
    解脱とか遁世、出家、その究極としての自殺は認められない。主がそうしたように
    人間は十字架を人生最後まで背負う責任がある。
    主イエス・キリストは神の一人子であるが神に組み込まれていて、神という人格を
    言い表せば、この世におひとりしかいないという事になる。

・神道:神がたくさんいて混乱気味。
    日本の神はいわゆる怨霊。怨霊を鎮めるために神社があり、怨霊を鎮めるために祭り
    (祭祀)がある。鎮守の神様というように。実在した人物が(怨霊とならぬように)
    祭られている神社が数多い。

・儒教・道教:知らん。

返信する

052 2013/10/09(水) 19:26:16 ID:IHvY9FQhdw
神とは創造の主のみ
物資や意識、宇宙全てが神の中
その先もあるかもしれない

全てを知るには、人の持っている知識や言葉では
理解出来ないとか

人が何を信じるかは自由なので信じたものだけが
その人の真実になる


人の数だけ真実のようなものがある

返信する

053 2013/10/09(水) 22:34:48 ID:IHvY9FQhdw
もう少し

素粒子一粒、一瞬の思考、感情

人の知る、想像するその全ては神の中

故に人の知る全ては神、だから人は神


神しかない。唯一

善を体感するには、悪の概念が必要

全てを持つ唯一の神が体感するには
人が必要なのかも

善にも悪にも神の愛は等しく存在する

返信する

054 2013/10/10(木) 02:38:02 ID:pZaiQu07R6

 素朴な神の愛に気がつける存在のたった一種類の生き物が・・・人間だったりしてね。

返信する

055 2013/10/10(木) 18:51:54 ID:NRJzRsItSU
そもそも神は唯一絶対のものじゃないから、
八百万もいるから、

返信する

056 2013/10/27(日) 19:47:33 ID:Nwj9dgp1ZI
日本の各所の山の連なり 神道 高い山も歩けばいつかは頂上に立たれる。
陸地と海と深海と大気圏 仏教 同じ場にいるが人外のみ到達しうる場所もある。
空の遠ぉくの星 いわゆる一神教 実在が決して到達し得ない仮想点。

民族の都合・程度に合わせた信仰が集団の平和をもたらす故に数多の宗教は存在する。

返信する

057 2013/12/24(火) 21:29:33 ID:9fYnNHfh.M
そもそも人間は「神」という概念をなぜ、いかにして生み出したのか。

返信する

058 2013/12/31(火) 17:01:42 ID:21WrznhK8E
神を創造したのは誰? 神? ではその神を創造したのは? 

返信する

059 2014/01/03(金) 21:01:29 ID:vE/QjluAis
神を創造したのは人間。妖怪を創造したのは水木しげる。

返信する

060 2014/01/04(土) 20:48:45 ID:bflN3IjjH6
もしも神が存在するのならば、神は多数ではなくいわゆる一神教的な存在であろう
しかし、神はもう死んでいる
利己的にあるいはときに利他的に神を利用してきた人間は、いずれそれに気づくだろう
そしてその時、人類は進化(最終進化)をするのである

返信する

061 2014/01/05(日) 10:21:22 ID:dFekSSdkaA
神がもし唯一絶対のものであるなら、人間などに興味が無く既に見捨てて関わっていないだろう。

返信する

062 2014/01/05(日) 13:33:43 ID:R/Uawn2Q7g:au
唯一絶対の神を肯定したがる者ほど、人間を否定したがる。

人間嫌いのニヒリストが、自己正当化のために捏造したものこそが、唯一絶対の独裁神である。

返信する

063 2014/01/06(月) 09:01:40 ID:oqafaIjeLA:au
唯一絶対神的なものへの幻想を捨て去る所に、
人としての誠実さが生ずる。

返信する

064 2014/01/06(月) 21:23:15 ID:wmN82UCSCk

 あくまでも創造者が 神 と呼ばれ   造られた者達は その作品なのです。

 私たち 期限付き 作品がその息の続く間に色んな事に気が付けるのが人生なのかもね。

 https://www.youtube.com/watch?v=OoDY8ce_3z...
 https://www.youtube.com/watch?v=aQ6ciQG1LT...  それぞれ一つ一つが貴重な作品ですよね。

返信する

065 2014/01/06(月) 21:32:33 ID:wmN82UCSCk

 宇宙のシステムやプログラムの創始者・本体・・・が  神。  光の プレゼンター

https://www.youtube.com/watch?v=mzFX8VW-mQ...

返信する

066 2014/01/07(火) 01:17:23 ID:djjohKlnfo:au
見よ、このuntrueの濃縮還元のような書き込みを。

返信する

067 2014/03/02(日) 21:53:53 ID:925zIV/sxA
頭が悪い。人が認知した神は全て神ではない。
この世の構成そのものが神と仮に呼ばれているものに過ぎない。

神は人が作った刹那糞。縋っても臭いだけだ。

返信する

068 2014/03/10(月) 23:58:15 ID:WF8GuumxpA
神は死んだんだよ。

返信する

069 2014/03/12(水) 01:02:16 ID:XGBFQWjTkw
[YouTubeで再生]
>>68

その時は、全ての時間自体も終了かな

返信する

070 2014/03/12(水) 18:56:00 ID:tZJcRaJ5dQ
神=自分

じゃないの?

返信する

071 2014/03/12(水) 19:32:36 ID:C9QwM1qvJM
神仏に盲目的にすがるのは、愚かしいが、
神も、仏も、在るものかと言い切ってしまうのは、余りに寂しい。
宗教は麻薬だといったのは、誰だったらか思い出せないが、
それで浮世の辛さが癒せるのなら、存在価値は有るだろう。
しかし文字通りの清貧など、画餅なのは誰でも解った事だ。
キリストも、仏陀もうがった解釈をしなければ、説く教えは極めて正論なのだが、
その教えのままに生きる事は、人間には困難だ、不可能と言っていい。
そのジレンマが否定や反論、無宗教に繋がるのでは無いのか。

返信する

072 2014/03/17(月) 15:29:56 ID:owqROx5vds
「神は否定しないが、
神が創造したとされているこの世界は断じて認めない」といったのは誰だっけ。
あるいは
「神がこの世界を創ったということは断じて認めない」だったか。

返信する

073 2014/03/21(金) 15:40:43 ID:i2JFMyD0Rg
アレルヤ、アレルヤ、今日、神の祝福が明和の皆に降る、アレルヤ、アレルヤ。


天におられる私たちの父よ。
み名が聖とされますように、み国が来ますように。
み心が天に行われる通り地にも行われますように。
私たちの日ごとの糧を今日もお与えください。
私たちの罪をお許しください、私たちも人を許します。
私たちを誘惑に陥らせず、悪からお救いください。

国と力と栄光は限りなくあなたのもの。

聖霊の交わりの中であなたと共に世々に生き、
支配しておられる私たちの主イエスキリストによって、アーメン。

返信する

074 2014/03/21(金) 16:40:04 ID:i2JFMyD0Rg
父と子と聖霊のみ名によって
アーメン
主イエスキリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが皆さんとともに
また司祭とともに
皆さん神聖な祭りを祝う前に私たちの犯した罪を認めましょう・・・全能の神と
兄弟の皆さんに告白します。私は思い、言葉、行い、怠りによって度々罪を犯しました
聖母マリア、全ての聖人、そして兄弟の皆さん、罪深い私のために神に祈ってください
全能の神が私たちを憐れみ、罪を許し、永遠の命に導いてくださいますように、アーメン

主よ憐れみ給え
主よ憐れみ給え
キリスト憐れみ給え
キリスト憐れみ給え
主よ憐れみ給え
主よ憐れみ給え

天のいと高きところには神に栄光
地には善意の人に平和あれ、我ら主をほめ主を讃え、主を拝み主をあがめ
主の大いなる栄光のゆえに感謝したてまつる
神なる主、天の王、全能の父なる神よ、主なるおんひとり子イエスキリストよ
神なる主、神の子羊、父のみ子よ
世の罪を除きたもう主よ我らを憐れみたまえ
世の罪を除きたもう主よ我らの願いを聞き入れたまえ
父の右に座したもう主よ我らを憐れみたまえ
主のみ聖なり、主のみ王なり、主のみいと高しイエスキリストよ
聖霊と共に父なる神の栄光のうちに、アーメン

返信する

075 2014/03/21(金) 17:27:44 ID:i2JFMyD0Rg
神の栄光と賛美のため、また全教会と私たち自身のために
司祭の手を通してお捧げする生け贄をお受けください。

返信する

076 2014/03/24(月) 21:51:22 ID:Aj0.v0X1eo
私は無神論者だが、そのことを神に感謝している。
byバーナード・ショウ

返信する

077 2014/04/01(火) 19:10:14 ID:DgIqj7Cajk
いまの日本に神はいないな。いたとしても我々を見放してるな

返信する

078 2014/04/02(水) 19:00:40 ID:gnvpObUgbE
「神」と定義づけていいかどうかわからないけれど、
人間の人智を越えた、なにか超越的なものは確かに存在してると思う。

返信する

079 2016/02/06(土) 09:19:23 ID:pnWnKFBn5w
>この世にいろんな宗教は並立しないはず

これがそもそも論証されていない。

返信する

080 2016/02/28(日) 18:21:52 ID:01D5fEr7aQ
神が存在するなら、その神を創ったのは誰なんすか?
その「神を創った誰か」を創ったのは誰なんすか?

返信する

081 2016/02/29(月) 16:00:34 ID:nUEaTkAHNE
幼稚園児みたいな質問だな

返信する

082 2016/03/02(水) 17:53:16 ID:2s7FvZ6neQ
「神は人間がつくりだした概念である」っていうなら
国家だって貨幣だってみんなそうやんか。

返信する

083 2016/03/12(土) 12:46:08 ID:blpnPVNVfQ
つまり人間は凄いってことやな!

返信する

084 2016/03/12(土) 16:56:14 ID:b5s1O5.HTo
旧約聖書に「はじめに言葉ありき」ってあるけど、いったいどんな言葉だったん?

返信する

085 2016/03/12(土) 21:56:12 ID:R7rOgQmA.Q
「あえいうえおあお」でしょ。

返信する

086 2016/03/16(水) 17:26:34 ID:DDUv9BNA7E
>>85 日本語ではなかったと思うよ。

返信する

087 2016/03/20(日) 10:24:10 ID:a2iwyXDgPo
>>86
そんなツッコミ入れられましても(困惑)

返信する

088 2016/03/25(金) 19:03:40 ID:57x3DQCj6Y
あした26日(土曜)の夜はカトリックでは復活徹夜祭です。
26日の夜ってことは、キリスト教的には27日(日)なんですよ。
キリスト教は一般人が日付の変わるのを午前0時としてるけど、
キリスト教では18時を以て日付が変わるんです。

昔々のユダヤ教とかキリスト教は日の入りを以て日付が変わるとしていたんです。

例えばクリスマスは24日に祝うでしょ?
あれを前夜祭などと言うのは間違い。
24日の18時を超えたら、もう25日クリスマスなの。
それをクリスマスイブイブとか言ったり、仏教日本人には困ったもの。

復活祭は必ず日曜なんです。
って言うか、日本人もアメリカ人も日曜を休日にしてますね。
それはイエスが日曜に復活したので、それを祝うために教会に行く必要があるからです。
日曜をカトリックでは主日といって重要視します。

明治維新で欧米の文化を必死に真似た明治政府が、欧米で一般的だった日曜も真似して、国民の休日にしたんでしょう。

因みに本家イスラエルのユダヤ教では土曜が休みです。
神様が日曜から万物を作り始め、金曜日に完成し、土曜に休んだから。
これを安息日と言います。

もしかして、旧約聖書の神様をユダヤ教と同じくするイスラム教も土曜が休みなのかなあ。

返信する

089 2016/03/25(金) 20:33:59 ID:57x3DQCj6Y
神様が絶対唯一のものかは、カトリックの場合、はっきりとは分かりません。

神様の姿を見た人間は誰もいません。
姿形があるかどうかも不明。
どんなお姿かわかりません。

こんな状態なので、キリスト教では、三位一体といって、
神様には父なる神と子なるイエス、そして精霊という3種類の性格というか、側面かあるとします。
英語でいうとトリニティ。
アイルランドにはトリニティ大学というのがあります。

トリニティについては教会に通って講座を受けないと真意はわかりません。

父なる神とイエスの働くパワーが精霊ということもできます。

返信する

090 2016/03/25(金) 20:36:17 ID:BvJiC87Bjg
ぶっちやけ、キリスト教はイエスを神であると信じる宗教なので、父なる神は忘れがちです。

イエスキリストを神であると信じる宗教がキリスト教てある、というのはキリスト教の定義です。
キリスト教ってなあに、と聞かれたら、これを答として間違いないです。
教会で教えられたことですから。

姿の見えない神様ですが、声を聞いた者は少数ながらいます。
有名なところではモーセとか。
イエスもそのようですね。

神様の声を聞ける者が、「あなたは誰ですか?」と聞いたんです。

すると神様は「私はあるものである」と答えたんです。

つまり、私やあなたがこの世に「ある」。
地球が「ある」、太陽系が「ある」、宇宙が「ある」。
それらを規則正しく運行させている法則が「ある」。
ミクロの世界でもあらゆる現象に法則性が「ある」。
時間が「ある」。動植物に生死が「ある」。
男女間に愛情が「ある」。
私やあなたの死後も世界は「ある」。

神様とは宗教性を考えなくても存在するものだと、神様自身が言ったんですよ。

返信する

091 2016/03/25(金) 21:07:14 ID:57x3DQCj6Y
つまり、そんな「ある」という現象が神様なんです。
オカルトじみた神様(もどき)や、神社に詣でたら宝くじがあたるとか、
そういうのご利益を期待すりのはエセ神様です。

なにしろ「ある」様なのですから、ご利益は無いです。
祈っても宝くじは当たらず、馬券は外れ、死にそうな病人は確実に死にます。

だいたい、宝くじなんかは、神様を試すいけない行為と言う人もいます。
私はそこまで神様のせいにはしないので、いいかな、とか思ってますけどね。

カトリックで思い出したんですが、アメリカにはWASPという人間差別語があったんです。
Wは白人、ASはアングロサクソン人、Pはプロテスタント。
これを満たさない人は大統領なんかになれないんです。

それを打ち破ったのが、ロバートケネディ、彼はケルト人でしたから画期的だったんですね。
その後もロナルドレーガンがケルト人で大統領になりました。
現在のオバマはWにもあてはまらないのでいい傾向です。

アメリカはプロテスタントが人気なんですね。
裕福なプロテスタント系のアングロサクソンが最初にアメリカ移民して、
本国のアイルランドやスコットランドの食いっぱぐれカトリックが後から移民したので、
差別があったんでしょう。

スコットランドはケルト人の地域、イングランドはアングロサクソン人の地域ということん考えれば、
先般のスコットランド独立騒ぎも理解できるでしょう?

返信する

092 2016/03/25(金) 21:35:16 ID:BvJiC87Bjg
ちょっと話が逸れますが、日本人にはアングロサクソンとケルトの区別はつかないですね。
でも彼らにすると、わかるんですね。
ちょうど我々が中国人を区別できるのと同じかな?

ケルト人に特徴的な名前があるんです。
というのは、苗字の前にMacとかMcとつく人がケルト人に多いんですね。

例を出すと、先の大戦の時の、マックアーサー、つまりマッカーサーはケルト人。
俳優のスティーブ・マッククイーン(マックイーン)。
世界的アーティストのポール・マックカートニー。因みにビートルズの三人がケルト人。
アングロはジョージだつたかな、忘れた。
ハンバーガーのマクドナルド、ケルト真っ盛りですね。
航空機メーカーのマクダネル・ダグラス、これもマクダネルと読ませてますが、
綴りはマクドナルドと同じです。

ボールマッカートニーの曲にはカトリックの影響が多いですね。
レットイットビーとか。
ジョンもカトリックの影響はおおきいでしょう。
インマイライフなんか。

返信する

093 2016/03/26(土) 12:34:43 ID:K.LzkXGONk
絶対、無限、唯一
これは、砂漠の思考だから、東洋、なかんずく日本文明では腹落ちしないな
無常
なら分かる

考え方が「逆」

神という造作物は、心を癒すものだ
狩猟採集の昔から、人類は心を育てる一方、
むごたらしく冷酷に他の命を奪って生きてきた
対象は、動植物だではなく、人間同士でもある
現実的な問題への対処として、侵略や征服、排除や迫害、放逐、殲滅が起きる
薪炭文明であれば、禿げ山化から、水利、農地の略奪が繰り返された
生き続けるために他を滅ぼす、組み敷く

贖罪として神が要る
絶対服従の外面を装って思考停止するために神が要る

唯一絶対の神を押しいただく民族が、どれほど殺しに手を染めたか知れるというものだ

心が神を育てた

神仏などおらぬと言って比叡山を焼き討ちする日本とは大違いである
戦乱の世に無常を観る日本とは大違いである

日本は、まこと、一つの文明をなしていたといわねばならない

返信する

094 2016/03/26(土) 17:02:08 ID:3AC4rM5QZI
突然長文が来たと思ったら、自分の定義のみを絶対不変で正確無比と捉えている輩か。
反対意見や異議や他の宗教観は一切受け付けない視野狭窄馬鹿野郎の匂いがプンプンするな。

返信する

095 2016/03/26(土) 18:43:46 ID:K.LzkXGONk
低レベル人格攻撃はいいから意見で反論してみそ
案に反して意見、異論、反論大好物なものでね

返信する

096 2016/04/01(金) 15:19:08 ID:9XekP/LMy.
日本では古来、森羅万象に神が宿ると……

返信する

097 2016/04/19(火) 22:35:08 ID:we4k3hze2E
人間は弱視のうえ視界が狭い
よって想像で補った結果

返信する

098 2016/04/19(火) 22:38:45 ID:we4k3hze2E
>>84
愛しています
ありがとう
ごめんなさい
許してください

返信する

099 2016/04/26(火) 17:38:49 ID:54fKSyRi/w
>>84
「はじめに言葉ありき」の言葉もやっぱ神がおつくりになったのでしょうか。

返信する

100 2016/10/20(木) 23:13:32 ID:UFEBlX4QYU
神は唯一絶対の世界の原点と定義されたもの。
すべての条件が同時に成立するすべてにおいて正しく同時にすべて間違っている、
仮想のまま実在する平行線の交点みたいなもの。

呼吸して飯を食ってうんこをする不完全な人間では理解できませんし人間をやめてもやっぱり理解できません。

すべての宗教は人の創作ですから当然間違っています。
林立して当然です。 お互いに補完しあってようやく神にほんの少し近づくのです。
くだらないことを人に問いかけてからかったり悩むのはやめて今やりたいことを好きなようにやりましょう。 それが人間です。

返信する

101 2016/10/21(金) 16:18:58 ID:xcJwFGqKpA
この「宇宙」もいくつもあるのかな?

返信する

102 2016/11/02(水) 03:26:54 ID:oXmruqqC6M
>>84

 光あれ…

返信する

103 2016/12/24(土) 12:37:21 ID:vyytX6nupQ
神とはそれぞれの心の中に存在する。したがって現実世界の宗教などの神は趣味でしかない。

返信する

104 2016/12/30(金) 08:37:57 ID:aBkltshqFw
神とは物質の根源であるブラックホール
そして宇宙の幾何学

返信する

105 2017/01/02(月) 09:09:12 ID:LZwIO1lj3U
神は光、光線ですよ。

返信する

106 2017/02/07(火) 01:00:28 ID://uD95VJ/6
そもそも神という概念を作ったのは人間
逆に言えば神を創造した人間が居なければ神様も居ない
猿やゴリラになどには神の概念自体が無いので人間以外の生き物の世界に神居ない
神というのを考えた人は世界中に居て、一人じゃないから神様も複数居る

返信する

107 2017/03/10(金) 10:47:30 ID:UQGtEmgRYE
神はもう死んだんだよ

返信する

108 2017/03/18(土) 18:08:14 ID:k3eyINUNG.
もうやめにしないか?
神だとか、絶対だとか、そんなものを信じなくても、生きてゆける時代が来たことを知りながら、
一体、何から目をそらせたいのか?
中緯度居住東洋人からすれば、そんなものを信じる前に目の前で向うから崩れてくれたのに、
いまさら何食いついているんだい?

返信する

109 2017/03/25(土) 16:41:20 ID:2jBeN2qKvU
人間が作り出したもので “唯一絶対”なものなんて無い。
神だって人間が作ったものなんだから唯一絶対なワケが無い。

返信する

110 2017/03/27(月) 02:17:30 ID:O/evRkp6Kg
惑星(星)が生命(人)を作り、生命(人)が神(宗教)を作った。

星>人間>神

返信する

111 2017/04/27(木) 15:03:51 ID:NYoQlAhVSw
人間が神をつくったの?
神が人間をつくったの?

返信する

112 2017/05/04(木) 13:09:13 ID:r227EMfVrc
神は死んだんだよ

返信する

113 2017/05/04(木) 23:38:42 ID:9kKGlMSkyo
[YouTubeで再生]
神は  心  魂  もともとは神のもの…… 心は死ぬ

神が死んだ時が …それが本当の…無 なんだろうね

返信する

114 2017/05/07(日) 07:23:00 ID:Nzc0JcAj4.
小汚いジジイが「神の代理人」

返信する

115 2017/05/26(金) 22:56:58 ID:/eUma.tmPU
神の話をないがしろにするから今の日本の体たらくがある。
キリスト教圏やユダヤ、イスラムにシナ拝金教など揺さぶられて実生活で損をする。

いかような論理にさらされようと強弁することなく理性をもって排除できる力、
信仰とそれに基づく哲学・生活様式は国民単位で持てた国ほど強固となる。

理解できないものは恐怖でその闇を照らして正体を知り
人生の不安を除去できるのが正しい見識と確かな信仰。
それがわからないうちはあいまいに笑ってやり過ごし続けるのだろう。

初めに言葉があって 言葉は神と共にあって 言葉は神であった、とはよく言ったものだ。
やつらは賢い。 全肯定する気はさらさらないが参考になる。

返信する

116 2017/09/07(木) 22:39:30 ID:bnNEDzgV5I
神の話をせずに学問を語るのは
原点を決めずに建物を設計して建築するようなもの。

多神教はまだ詰めが甘い、一神教でだいぶましになった。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:50 KB 有効レス数:116 削除レス数:





思想・哲学掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:神がもし唯一絶対のものであるなら

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)