カントの哲学について語ろう!


▼ページ最下部
001 2011/04/29(金) 05:51:54 ID:HztDmUoU9s
イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 - 1804年2月12日)は、プロイセン王国出身の思想家で大学教授である。
近代において最も影響力の大きな哲学者の一人である。
『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。
ドイツ観念論哲学の祖ともされる。

返信する

※省略されてます すべて表示...
061 2019/09/01(日) 09:05:08 ID:Mm2oTWcWbE
カントの哲学的な文体は、カラフルな文飾や気の利いた言い方に依存せずに、概念の構築の仕組みで思想を伝えるもので、きっと長持ちするだろうと感心します。
とはいえ、きまって肝心な箇所で、それが裏目に出て、三段論法を組み合わせたような素っ気ない文章になるのは、困ったものです。

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:27 KB 有効レス数:61 削除レス数:





思想・哲学掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

スレッドタイトル:カントの哲学について語ろう!

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)